CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 最初の1滴! 利根川源流祈り 9/15-16 | main | 高校生はこれを読め! >>
意識転換エネルギーの始まり(9/23〜)
やっと家に戻りました!気温30℃の大阪から札幌に戻ると、今朝の温度は14℃!2週間遅れで大雪山山系の黒岳に初雪が降ったニュースが、今朝流れていました。

北海道は、これからが最も素敵な紅葉と美味しい味覚の秋を迎えます。長い冬の期間に耐える為に心と体を調整する大切なリラクゼーション期間が必要だからです。


9月の出張は関東地方の大切な命の水 利根川源流祈りによって日本人の意識再生プログラムのスイッチが入りましたので、明日(9/23)から始まる意識転換エネルギーの準備は整いました。

明日(9/23)から年末まで流れ込む意識転換エネルギーの意味がわかっていたからこそ皆様にアナウンスし続けましたが、明日から流れ込むエネルギーの意味を再度詳しくご説明しておきます。

結論を先に申しますと、

自分のことだけの事を考えている時間が長い人は、どんどん「奈落の底」へ落ちて幸せや歓びを感じることができなくなります。

「奈落の底」は自分の心の奥にある闇の部分(自我の世界)を言いますが、そこは混乱・葛藤・嫉妬・執着に表現されるように、常に誰かのせいにしたくなる気持ちが溢れる「取り残された世界・分離した世界」のことです。

どんな方でも辛い経験をすると「自我の世界」に落ちる時はありますが、私も自分の体験でわかったことは、「自我の世界」に長くいると、何か自分が信じれる対象物を探したくなるようです。

「落ち込む」という表現が正しいかどうかわかりませんが、「自我の世界」から周りの世界を見て取り残された気分になる事が、その原因です。

取り残された感情が続くと、今の自分を肯定してくれる師匠を探したり、自分にとって都合のいい神様・仏様・宗教を探したり、誰かに愛を与えてみて自分を愛してくれるかどうかを試そうとしたくなります。

子供の心で例えると、三歳児や中学生の「反抗期」の時期も同じような学びをする期間ですが、身体が大人でも同じような状態が続いている人たちが増えています。

こういう大人になる為の心の形成を正しく学んでいない人が多いのも、一人っ子が増えたこと、親子の接し方を正しく理解していないこと、親兄弟から離れて暮らす生活になったことがあげられます。

全国で毎日、たくさんの人と話して感じる事は、耐える強い心を身につけていない人や、柔軟に変化する素直な心や自由を実現する強い意思を忘れている人が多いと感じます。

原因は、殺伐とした社会や政治や経済にあるのではなく、どんな辛い時でも明るい未来を語り創造しあう素敵な大人に出会っていないことが原因です。

でもそんな現代の日本人の精神性にしたのも、私たち大人たちの責任なのです。

だからこそ、まずあなた自身が変わる事で周りの人たちも変わり、互いを癒しあうのではなく、強い愛の心を大きく育てる必要があると言い続けているのです。


「自我の世界」に落ちて苦しんでいる人たちが病院へ行くと、鬱(うつ)病と診断されてたくさんの薬を飲まされます。

感情表現の上と下を止めてしまう強い薬です。その薬は全て脳に影響しますので、一時的に感情の混乱は収まりますが、根幹的な心のバランス力が補われる訳ではありません。

強い心を育てるには、育み合う暖かい愛の心に包まれる事も必要ですし、自我を出して傷ついたとしてもその責任をとりきる厳しさと勇気を学ばなければいけません。

今、この心の教育や精神性は誰が教えてくれるのでしょうか?

今、子供を産む親がすぐに自分の子供に教えられるでしょうか?

塾や学校教育で教えてくれる内容でしょうか?


どんなに素晴らしい心の本を読んでも、この心は育ちません。

それは、暖かくて、そして強く生きる大人たちに囲まれる中でしか、育つことができない人と人の触れ合いの中で感じるものだからです。


動物は、「群れ」の中でその生き方を学びます。

日本人も昔は、縄文時代・弥生時代と進化しながら「村社会」を形成して生きる為の強い心を育てていました。

沖縄に代表される小さな島では、つい最近まで年長者が決めた島独自のルールやしきたりを大切に守る事で子供たちは大人の背中から生きる心を学んでいました。

でも今のような「個の生活」を第一に生きている大人たちが、利害を超えた繋がりの社会を創りだすことはどんどん難しくなってきています。

だからこそ、あなた自身の宣言が、その第一歩を踏み出すのです。

あなたが今までの価値観や概念を超えて、愛の地球や愛の日本、愛を語り合える素晴らしい仲間に囲まれたいのであれば、自らの宣言で引き寄せると気づいて下さい。

「美と歓びに生きる宣言」をすると、必ず同じように輝いている人たちにめぐり合います。

距離や時間やお金の価値観を越えて、大切にしたい物を共有する仲間に必ず出会えると断言できます。

私に宣言することはただのキッカケですが、これまで宣言した人たちは必ず急激な変化と共に、新しい出会いや出来事が動き出しています。


宇宙からこの地球を見守る存在たちも、「本当にお前たち人間はこの地球を守る意思があるのか!?」と問い続けてきますが、私は「必ず今の人間たちが目覚め、未来に残せる愛の地球にする!」と宣言し続けています。

あなたの宣言が地球を輝かせる第一歩だからこそ、どうぞ勇気を持って未来の自分へ宣言して下さい。神様があなたを導くように、新しい出会いがあなたを導いてくれることでしょう。


群馬県で出会った素晴らしい人たちや、静岡で出会った素敵な仲間たち、そして、大阪で出会ったたくさんの人の第一歩を楽しみにしています。

今のあなたが変わることで、日本や地球の未来も必ず変わります。



◎地球創生基金にご支援をお願いします 
http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金
| 心と魂の学び | 11:11 | - | - | |