CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 啓示を受けて | main | 女性が希望を産みだすと… >>
訃報からもうすぐふた七日

谷浩一君がパプアニュギニアで受け取ったガイアメッセージによって決まった伊豆諸島神事は、彼の訃報によって皆さんの気持ちをひとつにして、初めての経験と言っていいほど身体の痛みを感じない素晴らしい愛の神事をさせて頂きましたことに心からお礼申し上げます。m(._.)m

皆さんが祈り合わせをして下さったり、身体を気遣って愛のエネルギーを送ってくれたおかげで、常に身体に愛を感じながら神事ができたことは本当にありがたい経験でした。

彼もこの愛のエネルギーに守られていればもっと長生きできたのではと思いますが、天命を私たちが動かすことはできませんので悔やむことはやめにします。


谷君が亡くなって色々な方たちから彼の魂を感じたメッセージが届きますが、人間的な思いとしては「やっと順調になってきたのに・・・」と無念な気持ちがまだ残っているようです。

その気持ちを受け継ぐのは、彼に出会い、話し、飲み、大笑いした皆さんの魂の中に残っていると思いますので、彼に出会った人たちはぜひ彼の死を生き方を変えるキッカケにして頂きたいと思います。


周りに誰かがいると本音を話さないシャイな奴でしたが、二人でじっくり飲みながら話す時は本音で色々な話をしたものです。

たくさんの人の相談を受けて治療していた彼は、本当の意味で誰かに心を開く事はできない生き方になっていました。

でも私もそうであったからこそ、お互いを支え合い励ましあう素敵な出会いに歓び愛ました。


私が少しだけお兄さんな分、先に歩いた経験で話す機会もありましたが、目的が同じだからこそ、お互いに本音の自分を認め合える人間に出会えた歓びはひとしおでした。


彼とは男同士のツインソウルと言えるほど、魂の兄弟の契りを結んでいたと言えます。



だからこそ、まだ彼の為には泣けません。


彼の言葉を代弁しなければいけない自分の役割があるからです。


リッキーチルドレンと呼ばれた谷君を愛する人たちが世界中にいますが、一人一人のこれからの歩みを一番心配しているのが谷君本人なのです。


昨年、一緒に富士山へ登った時はお互いの目的の頂点の確認と言っていいほど、互いを信頼しつくした素晴らしい合同神事ができました。

私のチームが15名、谷君のチームも15名、体力も経験も年齢も大きく違うので、「頂上集合ね!」と言ってスタートしたのに、30名全員が頂上に立てた喜びは30名全員が覚えているはずです。


「白龍Ricky☆道人」と書いた名刺をくれたり、ミクシーで多くの仲間が全国にいた谷君でしたが、あえて私は谷君をリッキーと呼ぶ事はありませんでした。

本名を出さず、自分の本音も見せずに、言いたいことだけを言いあう都合のいい関係は、「依存心」を産むからこそ混乱や問題を起こしやすいと、自分の経験で学んでいるからです。


だから昨年は谷君に、「ミクシーも良いけど、表のブログで誰もがいつでも見られる世界であなたの愛を表現してよ!」とお願いしました。

彼は素直に「わかったよ」という奴ではありませんでしたが、知らない間に表のブログも公開していてたくさんの人へ愛のメッセージを送り届けてくれていました。


もう一つ彼に頼んだことは、顔を合わせた時に「ミクシーネームで呼び合うのはやめて!」とお願いしました。

本名は、その人の魂の意味が全てわかる素晴らしいものだからこそ、「顔を見た時にハンドルネームで呼び合うのは、魂を隠して話しているようなものだよ!」とお願いしました。

これはどうなったのかわかりませんが、だからこそ僕は最後まで彼をリッキーと呼びませんでした。


谷浩一という素晴らしい名前を頂いた彼の人生こそ、日本人に生まれた天命だと思っているからです。


命をかけて天命の「地球を守る」ことを第一に生きた人間は、現実世界のバランスに押しつぶされそうになるものです。


地球を変える為には、人間が変わらなきゃ駄目なんだ。

だからこそ、自分自身が変わらなきゃダメだと思っているのに変われない人を見ると気になる。

気になるから救いの手を出しだくなるのが、人間の情。

でも俺たちが、「情」ではダメなんだよ。「愛」にならないとね!



愛と愛情の違いについても、たくさん話しあいました。


依存する人はいけないけれど、依存させた人もいけないみたいだよ!

相手を信じきるなら、わかっていても何も言わずに成長を待ってあげるのも愛だと思うよ。


色々な気づきをお互いに確認しあいました。


そんな彼も亡くなってから「ふた七日(二週間)」が経とうとしています。



皆さんへお知らせです。

彼の魂を見送る追悼の祈りは、天上界へ上がる49日に行う事を決めました。

祈りの時間は、日本人の母の大地である沖縄の満潮時と干潮時に合わせて行います。

※満潮は、命や神が生まれる時間、干潮は命を終える時間と言われています。


8月11日(水)  
満潮 朝 7:33  谷君の魂が現世で最高点に上がる瞬間
干潮 昼 1:37  谷君の魂が現世から離れる瞬間

8月12日(木) 
満潮 朝 8:21  谷君の魂が神世の世界に生まれる瞬間



49日は、魂エネルギーの次元転換の日ですので、私たちは全世界から神世の世界で大きな働きをする谷浩一君の為に祈りを捧げましょう。

自分の出来る短い時間でもいいですので、心の中で「谷浩一さん、ありがとうございます」と唱えて祈って下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。吉岡学



| 伊豆諸島 神事 | 07:52 | - | - | |