CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 天上人 谷浩一 | main | 訃報からもうすぐふた七日 >>
啓示を受けて
まず今回の伊豆諸島神事の経緯をご説明します。

天上人 谷浩一君から託された地球内部の啓示
は、今回の伊豆諸島神事に参加した男性にも同じようなメッセージが降り、「これは地球内部の浄化エネルギーなので消すことはできない」と連絡を頂きました。

そのあとの4/29に私に直接、審判の日のメッセージが入った訳ですが、男性3名を通して伝えてきたメッセージの重要性を考えて、関東地区の巫女たちや地球を守る人たちと話しあいを持ちました。

大難を小難に!と決めた結論も、神事に参加する三名が本心から納得していなかった為に、6/24の夜に再度、話し合う約束になっていました。

その日の昼に「訃報 谷浩一氏死去」を聞いた瞬間、人間的な思いや感情よりも伊豆諸島神事が人間を問う天の意思であると強く感じました。

しかし、なぜ谷君の命を終えさせてまでこの神事をしなければいけないのか、私たちに何を気づかせたいのか、その夜、三名は地球や神々の意思を確認しました。


実は今回の神事を決めた日から参加者三名の体には、毎日のように守護存在を通してメッセージが降りて、そのメッセージを正しく理解するまで重く辛い日が続いていました。

だからこそ誰かが受け取ったメッセージをメールで回し、他の二人が確認し合う作業を何度も続けました。

参加者の男性Sさんは、私の神事や講座を通して色々な神メッセージを受け取るようになり、世界中の聖地で受け取ったメッセージを確認しあう地球創世の仲間です。

もう一人の巫女は、昔から色々なメッセージを受け取る役目があり何度もメッセージを確認してから一人で祈りを続けていた女性です。

一人で祈りをしていた人だからこそ、他人と行う神事の不安もわかっていました。

私はもこれまでたくさんの人に逢いましたが、自分が受け取ったメッセージを他人と確認しあう作業を拒む人たちが多いことも知っています。

自分の守護存在メッセージを正しいと思いたい気持ちや、誰かに否定された辛い経験をしたなど、言えない理由は人によって違うでしょうけれど、大きな天の意図は同じなのに「自分」という我の世界から抜け出せない人たちが多くいることも事実です。

宇宙や地球のバランスを保つ為に働いている大きな守護存在たちは、昔からたくさんの人にメッセージを届けていますが、この「我の世界」から抜け出さない人が多い為に今の地球の状態になっていると伝えています。


谷浩一君に逢った時も、本気でお互いの役目を確認できるまでにずいぶん時間が必要でした。

昨年、谷君から「やっぱり俺、アカシックレコードを受けるわ!もう色々な神に頼まれる事が多すぎて自分の魂の役目や方向性が見えないから!」と、わざわざ札幌まで来てくれた日の事を思い出します。

谷君のアカシックレコードを降ろしながら、私は本当にこの人は命を賭けて地球を守る為に生まれた魂だとわかったので、自分の経験や知識の全てを与えると約束しました。

「僕の御蔭で吉岡さんも、もっと成長するよ!」などと、偉そうな事を言う男でしたが、今は彼との出会いから学び気づいた事の多さに感謝しています。


生まれの違いや能力の違いこそ、お互いを生かしあう為に必要な出会いなのだとわかりました。

神はその為に、人と人を出会わせてくれている。


信じきろう、この人の全てを。

自分にできない事をやってくれる人がいるおかげで、自分の役割りが果たせる。



この学びは、二人にとって大きな成長になりました。


メッセージを受け取ったりビジョンを見る方はとてもたくさんいるようですが、その解釈はその人自身の心のあり方や経験・知識・認識に大きく影響を受けますので、魂の役目を持って生まれた人が命を賭けて行う神事では、メッセージの解釈が命とりになることがあります。

だからこそ信じあう仲間同士は、何度も何度もお互いのメッセージを確認し合う時間が必要なのです。


私たちはその為に生まれてきた。

そして、その事を次の世代へ伝える為に生まれてきた。

他人や出来事を問うのではなく、

自分自身を問う生き方をしなさい。

と天は教えてくれています。


だからこそ、何が起きても全てを歓びに、全てを愛にできる心を育てなさい。


何度、人に裏切られても、何度、人に傷付けられても

もう一度、人を信じる心を持ちなさい。

あなた自身がそうなれば、この地球を変える事はできるのです。


谷君が亡くなった日の夜、私たち三名はこの結論に達したので今回の神事の目的を

全てを愛に転換する為に、まだその事に気づいていない人たちの目覚めのエネルギーに転換する

と決めました。


祈り合わせをしてくれた数百名の人たちは、必ず自分の内側から神様の声を聞いたはずです。

どうぞ、その声を信じて生まれ変わって下さい。

私たち人間の心の底の思いが、この地球の意識に共鳴して振動を与えているのです。


あなたの心の不安、苦しみ、憎しみ、恨み、その全てが地球の負のエネルギーを引き起こしているのだと認識して下さい。

だからこそ、生活の中で自分自身を信じる為の静寂な心の祈りを一人で捧げて下さい。


地球の為に、大切な人の為に、そして、自分自身の人生を歓びある生き方にする為に。


生かされているからこそ、何度でもチャレンジできるこの人生、

私たちを見守ってくれているたくさんの天上人の思いを感じながら肉体で歓びを感じて下さい。


私たち人間は、歓びを感じる為に肉体を与えられたのです。

美味しい、うれしい、気持ちいい、楽しい、ワクワクする!


そして気づかなければいけない事は、まだ私たちは生かされているのです。

だからこそ誰かの為に生きるのではなく、あなた自身の歓びの為に人生を生きて下さい。

これは、谷浩一君からのメッセージでもあります。

| 伊豆諸島 神事 | 11:11 | - | - | |