CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 浦河ミステリーツアー | main | 伊良部島ユークイ(豊年祭)2005に初参加! >>
人間とは?


そのためには、まずこのことをみなさんにお知らせしておきましょう。

人間は、霊体です。植物も、無機質なものさえ、じつは、すべて霊体です。

宇宙の星も、地球も、UFO も、ある意味では、霊体です。霊体という言葉を言い換えると、エネルギー体です。そしてそれは、「意識体」でもあるという意味です。

でも人間は、自意識や顕在意識と呼ばれる(自分はこう思った!というような表面的な意識が強く)、自分の存在意味や役割をいろんな場面で言い換えることで、自分を表現し、自分を守って生きてきました。

しかし、人間のこの顕在意識自体が、実は、自分を守るための無意識が作り出した創造の産物だということをご存知でしょうか?

今、生まれた赤ちゃんには、この顕在意識がありません。

だからみなさんは、人間として生きてきた環境や経験したこと、自分の周りの人や社会の善悪の判断の連続の中で、自分でも知らないうちに、自己の無意識の領域に、自分を守るためのこの世界を作り出しています。

そして、この自分の世界だと思っているこの無意識の世界に、実は他から、ある大きな意識のエネルギーが影響していることをご存知でしょうか?(これが個人で瞑想することをお勧めしない理由なのです)

それは、数千年も続いているこの人間の経済社会の中で、常に、無意識の領域にまで、侵入して操作し続けている強力な遠隔意識操作集団が、世界中に、そしてこの日本にも、存在しているのです。その集団のことで俗名で「石屋」と呼んでおきましょう。

ではどうやって、その石屋の集団がみなさんの意識に働きかけているのかといえば、一番わかりやすくて簡単な方法が、TV の CM, 新聞、雑誌、などのマスコミを利用した「刷り込み意識」です。

たとえば、今、世界のあるところで戦争しているシーンの情報やショッキングな情報の映像を、毎日、流し続けたとします。すると、ほとんどの人が、自分のカルマに影響を受けます。それは、みなさんの魂の記憶にも、たくさんの悲惨な戦争体験があるからです。

こういう情報をたくさん流されると、普通の人間の意識は、どうなるでしょう?

戦争反対活動や、救済活動、敵国意識や不安、恐怖からくる自己防衛など、さまざまな意識がどんどん出てきて、また無意識の領域に不安をにつくりだしていきます。

すると当然、これに関わるビジネスに、お金が流れていくことになります。

この集団は、世の中に「お金」という概念を定着させたことで、強力なエネルギーを大きな力で操作することができるようになりました。

それは常に人間の一番弱いカルマや自我に影響を与えながら、今までのあらゆる時代にも、集合意識をコントロールしてきている存在たちの働きによるものなんです。

ここでみなさんに理解しておいて欲しいことは、「お金」そのものが悪いのではなくて、お金というエネルギー物質に対する個人の意識の部分が、無意識に利用されているということを知っておいて欲しいのです。

簡単にいうと、”欲を書き立てられる ”ということです。

そしてこの世の中の経済はすべて、誰かが何かを「仕掛け」ることで動いています。言い換えると、誰かが、何かをしようと思うからこそ、経済や収入が発生するのです。

だからあなたも実は、一番最初に思った目的や無意識の中にある想いよって、お金という概念やイメージ、そして、その波動やエネルギーも、大きく違ってきてしまうのです。

それ以外にも、この集団は、さまざま方法を使って、あらゆる次元にコンタクトしながら、みなさんの意識を動かすことを、常に行っています。

悲しいことですが、自分の意識がすいうエネルギーに影響されているとも知らずに、新しい方向性の意識の人たちの仲間になりながら、その新しい情報を奪って、自分の欲を満たす為に動いている人たちも、たくさん存在しています。

これは欲や業などの低い次元意識を利用して、その情報を世界中からキャッチするという高度な方法によって、行われています。(これは、その人の魂の幼さゆえ、自分ではコントロールできないのです)

本当の意味の魂の自己覚醒とは、この顕在意識の中にある自分の直感や、無意識が、正しいことだと勘違いしている部分を限りなく取り払い、さらに、その奥底にある、魂のおおもとにつながる本質のメッセージを受け取ることだと私は思います。

私が「スピリチュアル能力養成講座」を開設した理由は、そこにあります。

人間が誕生して、数千年の時間を経過しながら、時代が進化してきたおかげで、自分たちのしたいことを、これだけ自由にたくさんできる時代になったはずなのに、今だに人間が望むことは、どれだけ素晴しい大義名分をつけたとしても、それは結局、人間のエゴの世界の繰り返しだということを、歴史は教えてくれています。

私のスピリチュアル養成講座の目的は、個人のカルマの解消と自己覚醒による目覚めであり、その結果、現実意識が大きく変わり、最終目的として、自己調和と全体調和が等しくなることを意図しています。

話を戻しますが、今のこの現実世界も、意識と無意識の両方を使うことで、形成されています。

現実世界をうまく生き抜く一番簡単な方法は、自分が求めることを、本当に達成させている人と一緒にいる時間を増やして、世間話やいろんな話をしながら、その人が普段、何を考えて居る人なのかを知ることで理解することができます。

笑い話ですが、昔、100万円もする成功法則の本やテープの販売員の話を聞いて、買う人がいました。(今でも、いるかもしれませんが。。。)

でもその成功法則のことをよく理解して、あなたを説得して、契約書にサインさせている担当者は、実は、全然、成功していない普通のサラリーマンだったり、アルバイトだったりします。

笑えませんか?だって、その成功法則を一番理解している人が、成功していないのですから。。。

実は、現実社会とは、そんなものなのです。そして個人個人が考える成功の概念も、さまざまです。月100万円が欲しい人、月1000万円が欲しい人、月、一億円を欲しい人・・。

どれを望むのも自由ですが、大切なことは、その収入の変化のたびに、あなた自身の本質は、どれだけ変わったのか?ということです。

人間一人が生きるのに必要なお金は、本当に僅かな金額でことたります。ただ、自分の欲を見たすためなら、無限にお金は必要でしょう。

これは分かりやすい「欲」ですが、「徳」とは違います。徳は、その得たものをどう使うかで、得られるものです。そしてそれは、お金に限らず、愛でも、信用でも同じです。

私の短い人生経験の中で、普通の人が、絶対一生、不可能と思えるような成功者の方々に、たくさんお会いして、とことんお話を伺ったときに、その人たちが意識している次元のことがあるとき分かりました。

だから同じ金額を稼いで居る人でも、意識次元の違いによって、本質の心が望む方向は、違っています。だからそのことを学べない人は、一度大きなお金を稼いでも、また、すぐ失ってしまうのです。

それは、そのお金と言うエネルギーがたくさん集まってきたのに、その人の普通の意識次元を変化できないことによって、高い意識次元と普通の意識次元の差による、次元不調和で、エネルギー(お金)が離れていってしまうのです。

生命力の強い人は人生の中で、何度もそういう体験を繰り返している方がいます。

でもそういう方こそ、死ぬ直前に大切な ”あること ”に気づく魂の本質のメッセージが、降りてきます。

世界の鉄鋼王と呼ばれた、カーネギーは、死ぬ少し前にそのことを気づいたと自叙伝にも書きのこしています。

あなたもそのことを、もっと早く素直に受け入れていれば、死ぬ寸前に後悔するようなことは避けられると、私は思います。

意識の世界を探求される方でも、現実社会の成功を望む方でも、「本物」と呼ばれる人たちは、そのことを常に意識しながら、自らの自己研鑽に努力を惜しみません。

私自身が本物かどうかは別として、私の魂はこの現実次元での成功を、本来の目的とは思っていませんので、そういうことはある意味、どうでもいいことなのです。

私が望む本質は、一人でも多くの方が、自分の魂の本質の奥底にある宇宙につながる魂の開花をして、そのエネルギーを使いながら、この現実を幸せに生きていって欲しいと願っているだけなのです。

自我を越えて、天我・神我へ、そしてさらにその天我・神我さえ越えて、この現実次元に戻ってきて、いかに普段の生活の中で、実践できるかが、人間全員に与えられた使命なのです。

どうぞ、みなさんの意識がたくさんの情報に振り回されず、シンプルに、まっすぐ自分の魂の開花の道へお進みになることを心から祈ります。

ありがとうございます。



◎地球創生基金にご支援をお願いします 
http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

| 心と魂の学び | 11:11 | - | - | |