PROFILE

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

LATEST STORY

CATEGORIES

recent comment

2010.08.26 Thursday

江戸五色不動の結界 (東京都)

0
    地球創生実現の為には日本の土地の大浄化が必要ですが2009年に、関東から京都までの土地の浄化が必要と啓示が降りた為に毎月、関東・東海地方に通いながら土地や人の思いを理解する努力を続けています。

    一晩で20名以上の方にお会いしてアドバイスを伝える作業は疲れましたが、また関東在住の素敵なソウルフレンドに出逢うことができました。

    8月25日は「東京の土地は私たちが守る」と宣言した人と一緒に、日光神事に続いて天海坊が作った江戸結界のひとつ、「五色不動の結界を巡る祈り」を行いました。

    五色不動について詳しい事は、こちらをお読み下さい。

    もともとこの日の予定は神事ではなく、東京の土地を詳しく感じる為に東京都内を回る予定でしたが、「五色不動」が目に飛び込んできたので行かなくてはならないと思いました。

    予兆は7月、目黒のホテルに泊まって食事をしたお店の従業員の言葉に導かれ、目黒不動へ出向いたこともこの日の下準備だとわかりました。

    大切な思いを繋ぐ為は土地から湧いてるお水が必要ですので、豊かなお水が湧いている「目黒不動」がスタートになりました。



    スタートはこんな気分のメンバーでしたが、「目黒不動」に着くと腰に数十キロの荷物を載せたような重いエネルギーが私の体にのしかかってきました。

    私と一緒に神事の経験がある方はわかると思いますが、土地の神仏や住んだ人の思いは全てこういう重いエネルギーで体に乗ってきます。

    経験豊富な霊能者や巫女がいてくれるとエネルギーは分散されて体が楽なのはわかっていますが、土地に住む人が動く事が地球創生の祈りの絶対条件だからこそ 新たに取り組む東京都内の浄化に力を貸してくれる人たちに出逢えた感謝はしています。

    しかし結果的に参加者が土地のメッセージを読み取れない分、全てのエネルギーは私の体にかかりますので考えられないほどくきつい祈りになってしまいました。沖縄の聖地で最初に祈った時の事を思い出したほどです。

    私の祈りに参加する皆様に願うことは土地や人を愛する素直な心だけですので、祈りの諸注意を教えた後、目黒不動の門をくぐりました。

    「目黒不動」には、豊かなお水と本堂の天井に龍の絵が書かれています。※目黒不動 - 瀧泉寺(東京都目黒区下目黒)

    五色不動を守っているのは龍と鳳凰です」と教えてくれたお店の方の神言葉を皆さんに伝えてから、裏の大日如来様へご挨拶に行きました。



    大日如来様はとてもやさしく一人一人に不足しているものを与えて下さり、これからの人生がより神仏の心により近づくよう見守る事も約束して下さいました。


    次に向かったのは「目青不動」ですが、二度、場所を移動しているのでもともとあった場所を探して向かいました。

    ビルに囲まれた中に見つけた小さなお堂の仏様はこうおっしゃいました。




    私は守りをしているだけなので昔、何があったのはよくわかりません。でも皆さんの気持ちには感謝致します。

    目黒不動のお水を繋ぎながら一人一人がご挨拶をすると、一人一人にビジョンで映像を見せながらメッセージを伝えてくれました。一人が見たビジョンを全員で「さにわ」(シェリング)すると広い次元の解釈が出来ますのでそのあとも毎回行いました。

    この場所の祈りを終えると、私の体はさらに辛くなりました。土地神が怒っているのか、この場所に住んだ人たちの念なのかわかりませんが、私の体も一緒に大浄化です。

    ここで気付いたことは、参加者の一人にこの場所の「守り番」としての役目が与えられたことです。偶然、5名で祈った事も神仏に選ばれた人たちなのだと思いました。


    次の「目白不動」も場所を移していたので元の場所へ行きましたが、何も残っていませんでした。土地の人に話しを聞いてもおおよその話しだけだったので、八幡神社の神様にご挨拶に行きました。




    すると神様は、ここにあった目白不動を移した時に公開できない秘密の理由があることも覚えておいて下さい と教えてくれました。

    理由はよくわかりませんが、感謝を伝えて現在の「目白不動」のある金乗院へ向かいました。








    とても清らかな守りのエネルギーに包まれているのは、ここの住職の御心だと感じましたし、こちらの仏様もとてもやさしい言葉を下さいました。

    この場所で光の役目を頂いた男性は、目白不動を守る事と先祖の思いを大切にすることを気づかせてもらいました。

    全員が御仏に選ばれる歓びを感じています。

    本殿の中に鳳凰が守っているのを確認できたので、現在の五色不動の現在の守りは「目黒の龍と目白の鳳凰」が守っている事を確認できました。





    四か所目は、問題の「目黄不動」です。

    何が問題かと言うと、もともとは自然界の力を整える為に「火、水、風、大地」の四つで守っていたものを黄色=金、つまり、「空」を加えて守るという密教の考えで五つにしましたが、本来、「空」は目に見えないものですので今でも場所が不明になっているのもうなずけます。

    結果的に選んだ「目黄不動」の場所は、永久寺です。








    足を運んで驚いたのは、正門は閉じているうえに御不動様が寂しそうなエネルギーを発しているからです。理由も気持ちもよくわかったので、目黒不動のお水を繋いで早々に場所を離れました。

    神仏を見た時に最初に感じるものは、その場所を大切にしている人の心が写し出しますとだけお伝えしておきます。


    35度近い暑い日だったので喫茶店に入って、目黄不動で感じたことをシェアしました。

    全員が御仏の寂しさを感じていましたし、ここを守る役目は「空」を表現する写真家の男性だと全員が納得しました。御仏の思いを彼は写真で表現してくれることでしょう。



    最後は、「目赤不動」です。

    夕暮れが近づいてきましたが、汗だくになりながら一日で回った甲斐もあり、素晴らしい御言葉を下さいました。

    これからは過去の結界にとらわれるのではなく、新しくあなたたちのような人たちがこの地を守ることをお願いします。




    御仏のエネルギーに包まれた東京を守る4名の人たちの体は、発光していました。

    「目赤不動」を守る役目は、関西出身の女性で関東と関西を繋ぐ為に選ばれた女性です。子供の頃から神仏に手を合わせる習慣もあり、人の心を大切にする彼女のこれからの活躍を楽しみにしています。



    日本を立て直す為に「男としての働きをするぞ!」と神仏に誓う熱い男たちをこれからもどうぞ宜しくお願いします。



    自分の為だけに生きるのではなく、土地に住んだ人たちに感謝する心を持ち、周りの人との繋がりを大切にする生き方は神仏を大切にする心と同じです。

    また、人生で起きる全ての出来事が、自分の力で生きているのではなく生かされていると気づくことは、自らを守護くれる御仏の心を学ぶ「利他心」に導かれます。

    東京都内にも素晴らしい志を持った人たちがもっとたくさんいるはずですから、東京都内にお住まいの方でこれから行う東京都内の大浄化に力を貸して下さる方は、地球創生メルマガに登録して地球を守る宣言をお願いします。

    地球を守る、日本を守る、そして、自らの住む土地、生まれた土地に感謝する心こそが、未来の日本を育む心を育てます。

    「美と歓びに生きる宣言」をした皆様は、ご先祖様や御仏や神々に見守られている事をお忘れなく!