牛頭大王(ごずだいおう)
2010.04.10 Saturday 11:11

4/5(月)、夜の交流会で今日の体験を仲間と話している時でした。今日の神事で行ったとある場所から「牛頭(ごず)大王」という名前を出しながら神人(カミンチュ)の体に神が乗ってきたので、そのエネルギーの読み取りを始めました。

※牛頭大王(ごずだいおう)、牛頭天王(ごずてんのう)と呼ばれる神については、ご自分でお調べ下さい。


お前たちは何をしにきた。牛頭(ごず)の海の神が怒っているぞ。

それは、お前たちが起こしたのだ。

それは、お前たちが開けたのだ。

 

「牛頭(ごず)」という意味を知っているか?

それは、お前たちの体の中にあるものだ。

その意味を正しく理解しろ。
 

それができなければ、それ以上の事はできないぞ。

その事をわからずに神事をしたのは誰だ!


その事をわからずにしたとしても開けた事は事実なのだ。

だからこそ、お前たちはここに呼ばれたのだ。
 

その事をわからなければ、私たちが本当の意味で働けないのだ。

それができなければ、お前たちも魂の本当の役目を働けないぞ。


「目と鼻と口と耳の全ての意味」がわからないままでは、私たちの言葉を聞く事はできないぞ。

だからこそ、その逆を開き空け繋ぎなさい。


どうしようかと思うならば、その者たちに告げる。

 

お前が知っている紐を繋げなさい。
 

目の担当、鼻の担当、口の担当、耳の担当、そしてそれ以外の「五感」と呼ばれる物もあるだろう。


その意味がわからなければ、大切な事が動く訳はないのだ。


どんな事があろうと、早くその事を理解し終えなければならない事なのだ。

我々はその事に気付く存在が来る事を永い間、待っていたのだ。


「龍宮底神(りゅうぐうすくしん)」の本当の意味は、こういう意味なのだ。


動かした者たちの責任は、問うぞ。

私たちは、その事を守り続けてきた存在だからだ。


その事がわからないならば、意味さえわからずに死ぬ事になるだろう。

だからその事の意味を理解し、大切な言葉を伝えなさい。

 

このメッセージを降ろしながら、すぐに神が言ってる場所はわかりました。

奥武島(おおじま)の龍宮神で行った神事が、龍宮底神(りゅうぐうすくしん)を起こす神事になっていたのです。

龍宮底神(りゅうぐうすくしん)とは、海の底の一番深くそして高次元の神様がいらしゃる場所の事を言います。

このあと、メッセージの意味について仲間とシェアし合いました。いくつかの視点を含んだメッセージですので、ひとつひとつの紐解きが始りました。

1、まず、牛頭大王(ごずだいおう)の名前が出してメッセージを告げてきた事から、このメッセージの目的が「神仏習合」をさせる為に伝えてきた事がわかります。そして伝えてきた神は牛の頭をしている星から来た神だとわかりました。※八重干瀬(やびじ)祈りの宇宙からやってきた十二の神々の中にもその神はいらっしゃいました。

2、目と鼻と口と耳の四つの意味は、奥武島(おおじま)で行った神事の形を言い表しています。その時私は、神に聞きながら必要な場所へ必要な人を割り当てて祈ったからです。

〔椶謀たる場所を担当したのが関東から来た二人の女性ですから、関東の土地役目が顔の目の役目、つまり、全てを見通す霊視(れいし)の神役目がある事を示しています。

鼻に当たる場所を担当したのが私ですから、北海道の神役目が全ての方向性を示す霊鼻(れいび)の役目がある事を教えています。

8に当たる場所を担当したのが沖縄の神人(カミンチュ)とその弟子の関東出身の女性ですから、沖縄が口開きをして関東が語り継ぐ土地役目がある事を示しています。

ぜに当たる場所を担当したのが四国の女性ですから、大切な事を聞き伝えしていく霊聴(れいちょう)の役目が四国にあり、受け取ったのが沖縄の神人ですから沖縄には大切な事を聴き守る役目がある事を示しています。

ジ浚兇了弔蓮嵜┳僉廚任垢ら、九州が「触角」の土地役目である事がわかります。大切な物を感じる為の役目が九州に生まれた人の土地役目なのです。

龍宮底神(りゅうぐうすくしん)とは海の底の神ですから、地球の底から土地の役目を示しているとも言い換えれますので、このメッセージの意味はその土地に生まれた人が持っている土地役目を教えていると考えて下さい。

そして大切な事は、どれもひとつだけでは大切な機能が働かないと教えています。

日本と言う顔」があったとしたら、全ての土地役目を理解しその神役目を紐で繋ぐように一つの感覚として働かせなさいという神からのメッセージなのです。

ここで大切な事は、初めて四国の話が出た事でした。四国が日本にとってどういう意味を持つ場所か私は知っていましたが、日本の為に四国を守ると宣言する人に出会った事がなかったので本当の事をお話する機会がなかったのです。

今回、宮古島の祈りから参加した女性が四国生まれの四国育ちで、さらに四国の四つの国守りもご夫婦で地球を守る宣言をして下さっています。

しかし、宮古島からずっと彼女の様子を見ていましたが、神と対峙した時の反応がまだ本心を出せていないと感じていました。だからこそ今回、沖縄本島で大きな神と向き合う必要があると思っていました。


ここまでの説明を皆さんにした時に、四国出身の女性の意識に変化が起きたので、その場にいる皆さんにこんな質問をしました。

「二者択一の質問です。この地球を守る為に火星からやってきた魂と、金星からやってきた魂がありますが、あなたはどちらですか?」

四国の女性だけが「火星人」として手をあげましたので、学生時代に四国に住んでいた沖縄出身の出雲神主さんに、「あなたが学生時代に四国に住んだという事は四国の土地神様から呼ばれたという意味ですので、彼女のサポートをお願いします。」とお願いすると、ご本人は「四国に行く予定はあるけれど、そんなつもりはない。」と否定しました。

仕方がないので、「四国はもともと沖縄と同じ「火の神」を守っていた国で、この沖縄から伝わった大切な物を隠している場所がありますですので二人で一緒にその事を紐解き、本来の四国の神役目・土地役目を果たさせてあげて下さい。」とお願いしました。

すると、女性神主の守護存在からも合図が入り、結果的には快く承諾して下さいました。

すると今度は、四国の女性に神がかりが始って「それだけじゃない!」と男の声でしゃべり出しました。

すごく強い神エネルギーに乗られて辛そうなので、周りの女性たちが介抱しましたが、なかなか憑依した神は降りようとしません。

仕方なく私が正しい守護ラインを繋ぎ直して正常に戻しましたが、先ほどの声の主が何か伝えたい事があるのはわかりました。

神人(カミンチュ)が先ほどの神の言葉の意味を解説し始めると、また彼女の中に入った神が暴れ始めました。

「そんなんじゃない!お前たちは何もわかってない!」

ここまで神に言われると私も怒ります。地球を守る人たちの魂の本当に意味、火星人と金星人の意味を話すしかないと思いました。



「火星は、もう死んだ星なのです。だから火星に居た魂は地球に転生して自分たちができなかった事をこの地球で果たす為に生まれています。

そして、金星から来た魂は、この地球で目的を果たせなかった場合に魂が金星に転生する事を知っているからこそ、この地球で宇宙の大元の目的を果たす為にサポートしているのです。

地球を守る活動をしている全ての人たちが、火星か金星のどちらかの星の記憶を持ってこの地球にやってきています。」



この言葉を話した瞬間、四国の女性は椅子からずり落ちてぶっ倒れてしまいました。

周りの人たちが支えましたが、神が彼女の口を借りてまたこう言います。


「よくわかったな!たいしたもんだ。さあ、酒をよこせ!酒を飲ませろ!」

この強い口調を聞くと、完全に土地神が怒った状態の強いエネルギーだとわかりました。よほどこれまで辛い思いを永い時間してきたのだと思います。

強い霊能力を持って日本と地球を守る為に神事をしている神人(カミンチュウ)と私は、四国が日本にとってどういう意味の場所かを知っていたからこそ、四国出身の人が立つのを心から願っていました。

一人や二人の霊能者が祈って動くような土地ではではないからこそ、誰も手を付けられない強い守りのエネルギーが今もあるのが、四国という土地です。

空海が、四国八十八か所の結界を作った目的も同じです。日本に伝わった大切な「魂の秘密」が四国にあるのを知っているからこそ、扱いは慎重にしなければいけません。

気をつけなければいけない事は、大切な神の情報はひとつの場所だけではわからないようになっている事です。ジグソーパズルのチップを集めるように、その土地に残した物を拾い集めてこそ、大きな神の意思が見えてくるものなのです。

まだまだ地球に降りた全ての魂の為に、そして、日本人として生まれた魂の為に気付かなければいけない事がありますので、慎重に物事を進めながら地球に降りた魂たちの期限に間に合うよう神事を進めたいと思っています。


日本が北海道・本州・四国・九州・沖縄の五つの島に分かれた意味は、それぞれの島の神役目・土地役目があるからですし、その五つの島の大神を繋いで働かせる事で、地球に降りた全ての魂の役目・神役目が果たせように人間は生まれているのです。


今回のこの情報公開によって魂が目覚める方たちもたくさんいると思いますので、どうぞ、地球創世メルマガにご登録の上、自分が生まれた土地役目を果たす覚悟を持ってご参加下さい。

あなたの宣言に見合うサポートをさせて頂きます。地球を私たちの手で守る為に生まれてきた事を思い出した方は 地球創世1000年プロジェクト のこれまでの活動をよくお読み下さい。神々の繋がりと魂の役目を果たすあなたに!

| ◎吉岡学 プロフィール | 南西諸島 沖縄神事 | - | - | pookmark |
Search
Profile
Latest Entry
Category
Archive
Recent Comment
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
BOOK



Links
  • earthtscu.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM