CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 2007年 八重干瀬(やびじ)祈り | main | 龍球王国建国報告 然別湖 >>
さくらぎ笑楽好(小学校)開校(苫小牧)!
昨日、北海道の苫小牧の地に、地域の大人のための新しく「さくらぎ笑楽好(=小学校)」が開校しました。地域の皆様のために、自分の家を大幅に改築して、心と体の健康を取り戻すためのすばらしい施設と活動が本格的に始まったのです。

この学校の好調(=校長)である中泉好調は、教員生活の途中から自分の生き方を見つめなおし、大切なことに気付いてから地域の人たちとすばらしい活動をなさってこられました。

私も3年前に中泉好調とご縁をいただいて、お互いが感じてきたたくさんの社会問題の原因や解決方法を何度も話す機会がありました。

そこで気付いたことは、まず、自分をまるごと認めることから始まることです。
そして、それができたら、今、自分のできることから始めるという結論に至りました。

一人一人の人生経験のなかには、人に非難されるような都合の悪いことから誰かに褒めてもらえるような素晴しい経験まで、たくさんのことを経験してきていますが、そのすべての経験を自分の責任と認めて、そして誰かに、そのことを認めてもらえると、これから同じようなことを経験する若い人たちに語るべきすばらしい財産になると共感しました。

私達大人は、もう社会に対して自分を語る立場にあると思います。

おもしろおかしく都合のいいことばかり書くマスコミとは違う、自分らしいありのままの本音の言葉で語る生き方をしなければ、あなたもそうであったように、子供達の誰もが、大人の言葉をを信じることはできないでしょう。

自分の心の内側にあるものが苦しい人は、必ず、誰かを非難したくなります。それは、自分を認めて欲しいという子供の頃からの願望からでてきています。

自分のすべてを認めることができた人は、一切、人を非難しません。相手の行動や意見も、人間全体の集合意識の不完全な心を自分も感じていることを知っているからです。

自分の心のなかでの対立が、人との対立を生み出します。

あなたのなかにあるものは、すべてが宇宙の一部であり、すべての人が持っているものだからです。だからもう、誰もあなたを責めることはしませんので、人を責めたり、自分を責めることをやめてください。

地球上には、自然界には、もともと、善悪も、神も悪魔もありませんでした。それを望んだのは、すべて、人間です。

この世の中に”絶対”がないように、私にも、あなたにも、”絶対”はありません。

すべてが、”相対”です。

つまり、相手が、自分。自分が、相手だということです。

だから自分を認めて欲しければ、まず、相手の全てを認めましょう。

自分を許して欲しければ、まず、相手の全てを許しましょう。

それは、すべて自分のためであり、地球のためなのです。


この世の中には、勝者も、敗者もいません。

それさえ、ある”いっとき”の経験でしかありません。

あなたがそのことを心の底から想い出すときを願っています。

ありがとうございます。
| お知らせ | 09:58 | - | trackbacks(0) | |
この記事のトラックバックURL
http://blog.yoshiokamanabu.com/trackback/61
トラックバック