CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 意識が現実に届く時間 | main | 2007.3.16  龍球王国 神メッセージ >>
2007.3.14 沖縄神事報告&宇宙メッセージ

3/8〜3/12の沖縄神事は、沖縄に入る前にあらゆる心構えをして入りましたが、結果は全く予想をしないの展開の出来事から、この祈り自体が、宇宙の計画であったことを知りました。

出発前、入念に船の準備や手配を決めていたのに、3/8初日の伊江島祈りの場所を変更しなければいけなくなったことが、まず始まりでした。変更の理由は、3日目の3/10に久高島に入ることができないとわかったからです。

久高島で中止になったままの最大の神祭り「イザイホー」の復活を計画している糸数Nさんに理由を聞くと、3/10 久高島では一年間、四足動物を食べたことへの神さまへのお礼とお詫びをする日なので、一切、部外者の立ち入りを拒むということです。

さらに、その次の日は、沖縄諸島全体の島の代表が集って、これからの島の祈りやお祭り、経済の発展を考える重要な会議を「久高島」で行うということです。この流れを理解すると、「日を替えなさい」と聞こえてきます。結局、神は、久高島を最初に祈って欲しかったようです。その理由も後でわかりました。

琉球王朝時代、王様から特別な地位の島として扱われてきたことが、現在でも続く「ノロ制度」をはじめ、細かい”しきたり”に今でも人々の心のなかでは縛られているからです。

今回の神事の目的に、この”島々の格差をなくす”、つまり、”沖縄諸島全体の神々の序列格差をなくす”ことが重要なテーマでした。

そのためにもまず、久高島で祈って、その神々を連れて、他の島の神々へ頭を下げに入る必要があったようです。久高島では、6箇所の祈りをしました。

するとこの島を守っている最大の神さまから、「昔はたくさんの歌や踊りがあって楽しかったのに、今は、とても淋しい。早く昔のようなお祭りをして欲しい」とお願いされました。


※今回の(宇宙の)神事となったで自然神を拝む場所の意味や役割がまったく変わり、今後の地球上においてとても重要な場所になってしまいましたので、その場所の扱いが決定するまでは、ネット上での一般公開を避けさせていただきます。今回の祈りを終えて、皆さんへご報告することがいくつかあります。

1、この地球も、この宇宙も、全ての存在意味がまったく変わりました。

2、つまり、それを守る神々の全ての意味も変わったということです。

3、「天照神事(あまてらすしんじ)・天の岩戸(あまのいわと)神事は、

  無事成功しました。※詳細は後日

4、2000年に、マスターが教えてくれた六次元テーマ「陰陽合一」・七次元テーマ「天人合一」が今回の祈りで完了したので、天と地、神と人、宇宙と地球の役目が明確になりました。

結論を申しますと、

この大宇宙の全ての責任を私たち人間がとることになったのです。もう誰の生き方にも、社会のあり方にも、自然界のあり方にも、地球のあり方にも、宇宙のあり方にも、一切の言い訳ができなくなったということです。

この大宇宙や地球を守る神々と、人間が同格になったということです。

信じられなければ、あなた自身であなたの守護神・守護霊に聞いてみてください。

あなたの依存心や弱さを守るために、神が存在したわけではありません。

その結果が、現在の地球ですし、その結果が宇宙の秩序を乱すことにもなってしまっていました。もう自分の勝手な意識や興味のために宇宙をのぞいたり、あなたの都合のよいエネネルギーバランスは、保たれなくなりました。

あなたが神そのものであり、あなたが宇宙全体の責任者なのです。

こうなった理由を知りたがる方もたくさんいらっしゃるでしょうが、もうあまり時間がありませんので、私は皆さんのために重要なことを伝える役目に専念したいと思います。


3/14朝 宇宙メッセージ

神のいる国 皆の国 みんなが神であり続けるためにみんなで力を合わせよ。

光のつるぎはあなたの中に。あのようなことが起こらぬように、”たま”の隣におさめている。

”まがたま”命と魂となり。 ”まがたま”の隣に置くなよ。

愛のつるぎを見せびらかすとき、何者かが探しに来る。

愛のつるぎを持つ者は愛をくださいとは言ってはならぬ。愛は来る。

光の国と繋がるとき、見えなくとも、信じなくとも光の国はそこにある。

そこ(地球)があるかぎり、愛の命の水は絶えようがなく続く。沸きいづる。

見つけ出すのは光の剣を。

山の上にあるのか、海の中にあるのか。地上の中にあるのか、皆の中にあるのか。

探し物はなんですか。 愛の光の剣。

光の剣を繋ぎ止めなさい。つなぎなさい。人の命を繋ぎなさい。

あなたの愛する人たちを繋ぎ止めなさい。埋めなさい。

 

 

○概要はこちらの書籍でご報告させて頂きましたので、どうぞ、お読み下さい。
白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島



ご注文は、Amazon.co.jpからお申し込み下さい。

 

◎地球創生活動へご支援金をお願いいたします。

地球創生基金 記号19070 番号9613551
支店名九〇八 普通口座 0961355

| 南西諸島 沖縄神事 | 01:11 | - | trackbacks(0) | |
この記事のトラックバックURL
http://blog.yoshiokamanabu.com/trackback/47
トラックバック