PROFILE

CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

LATEST STORY

CATEGORIES

recent comment

2007.09.08 Saturday

鹿島神宮 & 東京講演会

0
    北海道の神事が続くなか、新しい地球のエネルギーを関東へつなぐ目的で、初めての東京講演会が新宿で開催されました。

    今回の目的のひとつに、これからの地球を守る人たちは、人を一切批判しない人たちだと思いますので、「人のご縁つながりを大切にする」形で行いました。

    おかげさまで、とても暖かい雰囲気のなか、朝夕二回の講演を無事終えることができました。

    今回のテーマは、「現実と未来への展望」でしたが、私の4年間の沖縄の祈りを通じて体験した事や宇宙や神、また、沖縄の人たちに教えていただいたたくさんの古い知恵を通して、人と人のつながり、水の大切さ、あなたがここにいる理由、そして、あなたができるこれからのことなどを伝えさせていただきました。



    もうひとつ関東へ出向いた理由は、「土地納め」が目的です。

    地震・噴火・原発事故を含めて、今まで関東には、たくさんの不安なエネルギー情報が何度も流れていたからです。

    20世紀にたくさんの啓示を受けて日本のエネルギーラインを整えるための祈りをされた方たちのことを聞いていましたので、人間のさまざまな感情やエネルギーが集まる場所の土地を守っている神様との対話をしっかりできたことを感謝いたします。


    今回出向いた場所は、茨城県にある鹿島神宮です。

    ここには昔から要石(かなめいし)と呼ばれるすばらしい霊石がありますが、この石との出会いはもう10年も前に仕事で関東へ行った際、知り合いの方に、突然、連れて行かれた場所でした。

    その後も、この鹿島神宮で神主だった方と情報をやりとりする機会があり、昔から地軸とつながる強い力を守っている自然界の神力を守っていることを聞いていたのが、鹿島神宮の霊石を選んだ理由です。

    祈りは、まったく光のない午後8時の闇の中の祈りと、朝日が登ったばかりの早朝の光の祈りを二回行いました。

    深い木々に覆われた森のなか、懐中電灯も持たずに歩いて行けたのも、10年前の行ったことがあるおかげで道を覚えていたからです。

    闇は、人を引き込もうとする力と、反対に、闇のなかに溶け込もうとすると受け入れてくれるやさしさもあります。

    闇の祈りを終えて宿に戻ると、夢の中でここの闇から自分の背中を見ていた存在からのメッセージも受け取りました。

    私たちの「これからの行動をただ見守る」とだけ聞こえてきました。ありがとうございます。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック