PROFILE

CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

LATEST STORY

CATEGORIES

recent comment

2007.02.17 Saturday

伊良部島 黒龍(陰)開放祈り

0

    さて、2月17日(旧暦大晦日)の伊良部島の黒龍祈りのご報告ですが、今回も、”神計らい”と呼ぶにふさわしい出来事と出会いの連続でした。

    伊良部島の通り池から先の橋が、現在でも昨年夏の台風で壊れたままですので、一般の観光客の方は、”なべ底”を見ずにお帰りになります。

    それなのに、私が祈りの準備を終えて、そろそろ本気で祈ろうとしている11時頃、壊れた橋を乗り越えて数名の方がやってきました。

    東京方面から来られた3人組と地元の伊良部島の方が2名です。

    実は、前日、偶然、ホテルでお会いした中国人の女性と日本人の男性も、いろんな話から祈りに参加してくれていましたので、私の大切な祈りの時間に合わせて来られたのですから、来られた皆さんも一緒にお祈りをお願いしました。

    あとで話を聞いて見ると、誰も私の今日の祈りや時間を知らない方ばかりで、自然に集ってくれたメンバーだったのです。

     

    ※祈りの人数が8名。これが、神計らいです。



    「黒龍が埋まっている」と天から言われた場所は、電話で聞いたときからすぐにわかっていました。

     

    それは、私が一番最初に、あの白龍を見た”なべ底”のすぐ近くだからです。

     


    「なべ底」の神様達にご挨拶してから、辺りを見渡すと、その場所は、なべ底の手前にあって、近づくと、数メートルほど岩場が落ち込んでいる場所を見つけました。

     



    沖縄の神人(かみんちゅう)達からは、もう黒龍は上がっているという話も聞いていましたが、さらにその下のエネルギーが気になって今回祈りに来たのが、本当の理由です。



    祈る前にその場所の周りをゆっくりチェックしてみると、1箇所くぼんだ場所に、この場所をずっと昔から守っている神さまがおられました。

    きっと、今まで誰も見つけることがなかったのでしょう。

     

     



    祈りを終えると、神さまのメッセージがありました。

    「やっと、みつけてくれたか・・・」と。


    この祈りは、”地球の核”に長い年月封じ込めてきた人間の苦しみ、葛藤、自我欲、感情の混乱・嫉妬・執着・呪いなどの真っ黒なエネルギーを地上界から天上界へ開放するための祈りになりました。

    その場で一緒に祈ってくれた方からは、「真っ赤な火柱が立った!」と驚かれましたし、沖縄本島で同時刻に祈り合わせてくれた祈りのメンバーからは、私が白衣装で祈っている映像を見ていた人や、その場所が真っ赤な火の海になっている映像が見えたと教えてくれました。

     


    私も祈りながら見ていた映像は、地球の核からマグマの噴出しのように、火の柱がその場に立ち上がり、それが天上界まで届く映像でした。

    実は、この地球の「陰(いん)」に押し込めてきた深い感情エネルギーが、地球の地震にも大きく影響しています。

    昔から”龍”が天災を引き起こしたり、津波を引き起こすと言われていますが、その最大の原因は、実は、人間の「不」の想念エネルギーが引き金なのです。
     

     

    地球を守っている「龍王神界」からこの地球を守るために舞い降りてきた龍たちは、この地球の地上世界の天と地を太古の時代から守っています。

    龍がこの地球に降り立った理由は、宇宙からやってくるすべての不調和エネルギー振動から地球を守るためなのです。


    しかし反対に、この龍のエネルギーを「不」へ導くのは、人間の感情エネルギーなのです。

    龍を大きな大きなお母さんだと想像してみて下さい。

    60億を越える人間のする全ての行いを見守りながら、自分達が大切なものに気付くのを見守っている存在です。

    でも時に、あまりに言うことを聞かない子供がいると、やさしいお母さんも怒るときがあります。

     


    そうです、龍たちが怒るには、理由があるのです。なぜ龍に色があるのか、ご存知でしょうか?

    それは、人間が都合よく作り出した創造の世界の色ですが、そのさまざまな人間の意識の裏表を表しているのが、龍の色なのです。

    だから龍は、皆さんの意識するエネルギー振動をさらに大きく増幅させているエネルギー体と考えておいてください。
     

     

    皆さんはご自分の感情の混乱が、誰かや、また何かに、直接、影響を与えていることをご存知でしょうか?

    霊的能力を自分でうまくコントロールできない人は、本人の自覚なく、苛立ちの感情のままに思いをどこかに向けると、物が壊れたり、周りの人を病気にさせる力があることを覚えておいて下さい。

     


    私も昔、とんでもない破壊力がある霊的な女性に出あったことがあります。

     

    その女性は、自分が怒ると、車のガラスが割れたり、人が死ぬような病気に突然なってしまうくらい強力な「不」のエネルギーの持ち主でした。

    人間に”感情”という神さまの創造の知恵を与えてくださったことを、苦しみに向けるか、喜びに向けるかで、地球の未来は変わります。
     

     

    鳥やねずみなどの小動物が、ある特定の不安定な意識エネルギーを感じると、一斉に逃げ出す話を聞いたことがあると思いますが、これが自然界を壊す危険を察知して反応する回避行動です。

    現代の人の病気の多くに、ノイローゼやストレスがありますが、心の病気と言われる多くも、身体の病気もこの不安定エネルギーに影響を受けているケースが多くあります。
     

     

    今、私がお願いしているのは、日本中にいる心のバランスのいい霊能者たちや、沖縄の神人(かみんちゅう)たちが、一斉にある目的で祈りをすると、この地球の振動を変える力があるので、祈りの意味を通して、大切なことを皆さんにお伝えしているのです。
     

     

    日本人に生まれたあなたは、どんな人にも必ず、霊的感覚やスピリチュアルな感覚があるはずです。私のように、生まれつきの強い霊能者を沖縄では、「うまれ」と呼ぶらしいですが、「うまれ」の人と、あとから目覚めた人の違いは、その苦しみを乗り越えてきた陰の世界の心の強さでしょう。

    このスピリチュアルな世界は、もう遊びの時期ではなくなってきています。

    なぜ、これだけ多くの方が目覚めたり、霊的感覚や現象を見る人が増えているかというと、この意識するという力を現実世界や祈りを通して、実際に活用するためなのです。
     

     

    私のような霊的感覚が強い「うまれ」の方は、誰にも理解されない世界をずっと見続けて苦しんだ経験を持っています。

    反対に、鳳凰や天使界のエネルギーを生まれつき持っている方も、まれにいらしゃいます。

    強い陰の世界のコントロール方法を知っている人間と、高い愛の次元のコントロール方法を知っている人たちが、同じ目的で一緒に行動することが、これからの重要なテーマなのです。
     

     

    現在、たくさん産まれてきているインディゴチルドレンやクリスタルチルドレン、また、霊感が強い子供たちや大人たちを、人間としても、スピリチュアル感覚でもバランスよく指導していくことの必要性を感じています。
     

     

    本当の愛のあり方を一人一人の大人たちが、学び語り始めることから、未来は変わります。

    あなたの神に、守護の感謝を。ありがとうございます。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック