伊良部島 仲地ウタキ
2005.04.20 Wednesday 06:43
 仲地のウタキ

私たちは、龍門を開けた達成感とその周辺のエネルギーの変化を感じながら、ユタの女性が案内してくれる次のウタキへ移動しました。

この「仲地ウタキ」の鳥居の前でも、前回と同じようにまずユタが挨拶をし、私の順番になりました。

私は龍門の件のご報告とそれを自分にさせていただいた感謝、そして本気で、この地のエネルギー解放・上昇するために動く決意を改めて神に告げました。

そしてここでは、神の言葉を聞くというよりも、自分の本気さを伝えることが大切だと感じていたので、心の中で、何度も何度も、そのことを繰り返しつぶやいていました。


ご報告が終わって、ユタと話をしようとすると、彼女の口から、一気に神の言葉が降りてきました。

それは、ここ宮古諸島周辺の7つの島(池間島、来間島、大神島、宮古島、伊良部島、多良間島、水納島)の名前を言いながら、「おまえは、その7つの龍門を開くためにこの地へ訪れたのだ。それが、お前の役目だと。」

「エ〜!」と思わず、私は言葉を発してしまいました。

私がその七つの島々を全部一人で回って、その島々の大切なウタキ巡りをして、さらに龍門を探してまわらなきゃいけないのか?と思ってしまったからです。

もし実際にそのことをするとしたら、(やりたいのは、山々なんですが)、とても長い時間と、体力とお金が必要になるし、現実問題、ちょっと〜・・・・と思っていたからです。

さらに、ユタは言葉を添えました。


「お前だけは、どこの島のウタキにもでも、自由に入っていい!」と。


「知ってるわい!(とは、言いませんが、なんて、都合のいいタイミングの言葉なんだよ」と心の中で思いながら、そんなの知ってたもん!と一人で心の中でつぶやきました。


私が今回、この伊良部島に舞い戻ってきた理由は、この島が日本、いや、世界のエネルギーを動かすためのとても大切な役目を果たしていると感じたからです。

でもどう考えてみても、私がその島々を回ってお祈りをしなくても、別の方法でもできると感じていました。

でも今のところ、その方法が、みつかりません。

困った顔をしながら考えていると、ユタは、「では次のウタキへ行きましょう。次の場所で、必要なことが教えられるかもしれませんから。」と言われたので、答え探しは、次のウタキへと持ち越しになりました。


つづく


 
| ◎吉岡学 プロフィール | 宮古島・伊良部島 白龍の神導き | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
http://blog.yoshiokamanabu.com/trackback/388
Search
Profile
Latest Entry
Category
Archive
Recent Comment
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
BOOK



Links
  • earthtscu.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM