CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 私の役割りとパワー | main | 桜の季節がやってきましたね >>
宮古島 石庭(いしにわ)2005

宮古島の石庭(いしにわ)が、世間一般に知られるようになったのは、1995年に船井総研の船井幸雄さんが書かれた「これから10年 愉しみの発見―新しい生き方、愉しみ方 」の著書の中で紹介されたことが理由でしょう。

この庭の持ち主の新城定吉さんに最近の状況を訪ねてみると、10年前は興味本位の方がたくさん訪ねてきたということですが、最近では、特にスピリチュアルな方たちが世界中から訪れているということです。

それはこの場所の特別な意味と役目が理解されてきたということでしょう。私自身は、この場所のことを10年前に知ってから、宮古島に足を踏み入れるまでに、約9年の歳月がかかりました。その理由はこの場所のエネルギーの高さがとてつもなく高いということと、そのエネルギーに触れることの意味を理解しているからです。

さらにこの場所の特質すべてき点は、世界でも珍しい上昇エネルギーの磁場だということが特徴です。宮古島の中心に位置する「地盛」という地名のところに、新城定吉さんの個人のお庭があります。(約3000坪)

その庭の中には、古代の化石やムー大陸のもの、宇宙とつながるパワーのあるものまで、石が生き物のように、やさしいエネルギーを出しています。庭の中心に位置するところに、サークルがあります。そこに横になっていると、一気に高い意識につながるような感覚を感じる特別な場所です。





その中にある宇宙につながっている3つの穴の写真です(深さ 十数メートル)それぞれ、「陰の穴」・「陽の穴」・「宇宙につながる穴」と呼ばれています。


その穴の中から見つかったサンゴの化石は、ものすごいエネルギーを出しています。


地底から掘り出した岩を積み上げてあるものをみると、人の形や顔に見えてきます
  

| 宮古島・伊良部島 白龍の神導き | 11:27 | - | trackbacks(0) | |
この記事のトラックバックURL
http://blog.yoshiokamanabu.com/trackback/377
トラックバック