CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 【宇宙の創造主:マスター】との対話 1  大巫女と天皇家こそは地球継続の鍵 発売! | main | 地球創生 「命を育てようプロジェクト」 始動! >>
令和元年 宮古島 八重干瀬(ヤビジ)祈り

2019年4月2日、宮古島の海の上に1時間だけ立てる場所で祈りをする為に全国から20名の人たちが宮古島に集まりました。

 

この祈りは、「旧暦3月1日に、宮古島に龍が立つ」と神人たちから聞いたことで始まった祈りでございます。

 

地球を守っている龍たちは自然界の代表だからこそ、私たち人間は、自然界の神々に年に一度くらいはきちんとお礼とお詫びをしたいと思っているからこそ、集まってくれた人たちです。

 

宮古島の北方に船を1時間半ほど走らせると、八重干瀬(ヤビジ)と呼ばれる大小100個以上の島になれなかったサンゴ礁が大潮をおかげで浮上します。

 

そこへ登る為には、宮古島の先祖神、自然神の許可を得なければ行けないからこそ、多くの場所で祈りを捧げて許可が出たことにより、無事に、八重干瀬(ヤビジ)へ登れました。

 

その八重干瀬(ヤビジ)へ向かう日の朝、ラジハピの収録をしましたので、ぜひ、ご覧下さい。

『スピリチュアル大学校』代表 天無 神人(アマミカムイ)さん&『SRT』星里 恵李さん

2019年5月5日放送 http://ra-ha.jp/archive19/0505amami.html

天無神人(あまみかむい)先生曰く、宮古島は特別な場所であり、15年間ずっと続けてきた、年に1度行われる大切なご神事を行う場所。なんと、そのご神事に同行しお話をお聞きしてきました。

このご神事は自分のためではなく、地球全ての人たちのための祈りであるとのこと。
毎年、旧暦の3月1日龍の日に行われているそうです。

ご存知のとおり沖縄には離島がたくさんあります。
しかし、そのたくさんの島々のなかで、ここ宮古島でなくてはいけない理由とは何なのでしょう?

実は宮古島から船で1時間ほど北上した場所に、『ヤビジ』という珊瑚礁の島があります。
なんとそこは、1年にたった1時間だけ島になる幻の場所。

1年に1回、大潮によって、100個程の岩々が1時間だけ浮上し、島となるのです。
天無神人先生は、この『ヤビジ』でしかできない宇宙神との対話をなさり祈るのです。
地球上で唯一この場所だけが、宇宙神とコンタクトできるのだそうです。

さて、今回のご神事には、15名ほどの参加者がいらっしゃったのですが、なんと、『SRT』の星里恵李さんも参加なさっていたのです。→恵李さんの記事はこちら

 

恵李さんは、先月ご紹介した天無先生のアカシックレコードのリーディングを受けておられるのですが、そのリーディング後、彼女ご自身がなさっている『SRT』のセッションの効果も格段に上がり、セッションを受けるクライアントの方にとって、時間は短縮しているのに、内容は濃くなるという、いいことづくめなのだそうです。→先月の記事はこちら

 

● アカシックレコード13星団の秘密
前世を超えた遥かなる起源へ

→本のご購入はこちら

さらには、出会う方々がコロッと変わり、恵李さんご自身が乗り越えづらいと思っていたこともあっさり乗り越えられ、することなすこと、時間が短縮されたのだそうです。

こうした経緯があったことから、天無先生から今回のご神事へのお誘いがあった際、恵李さんは大切な予定を変更してまでも参加を決められたのです。

天無先生曰く、アカシックレコードは上から直接言われる言葉ですから、魂が目覚めるのもダイレクトなのだそうです。

そして、アカシックレコードのリーディングは、ひとりひとりに言葉が降りてくるものですが、その内容は人類全体に影響を与えると言っても過言ではないのです。
なぜならば、今私たちの周りに一緒にいる方々は、過去世でもご縁があって何度も出会っているから、一人が浄化されることで周りにもその波が広がっていくことになります。

そしてそして、本題の今回のご神事ですが、上限20名まで行われる一年に一度だけの本当にスペシャルなツアーなのです。
生半可な気持ちで参加できるようなものではなく、天無先生にご案内していただかないかぎり、行くことができない場所に連れて行っていただけるという、強烈に貴重なツアーなのです。
間違いなく、人生が変化すること請け合いです。

ちなみにどのくらい特別かという一例ですが、まず行う前に宇宙神と取り交わすルールに従わねばなりません。
さらに、全ての神に祈って、きちんと許可が取れないと始められないのです。
こうした、神様とのやり取りを全て天無先生がなさってくださった上で、行われるご神事なのです。

さらに、物理的にも制約があります。
メインの祈りの場である『ヤビジ』は浅瀬であるため、船に慣れているはずの漁師さんでさえ座礁してしまうような場所。
島の人さえ全く近づかない場所なのだそうです。
そのため、無事に船をつけられる方は数名しかおられない中、お願いをして島に連れて行っていただくことになります。

このように特別づくしのご神事ですから、次回の放送では、天無先生や恵李さんから、後日談がお聞きできると思います。
詳しくはぜひ動画でご覧くださいませ。

 

(宮古島の神々に祈りを捧げた場所)

 

| 宮古島・伊良部島 白龍の神導き | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする