CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 地球創生1000年プロジェクト「循環する恩返しシステム 和の心が創る新しい世界」 | main | フォッサマグナ神事 神島(三重県鳥羽市) >>
2019年3月11日東日本大地震の祈り・生田神社

2019年3月11日の前日の朝、大神様からを9年目の3月11日を迎える日の意味を教わりました。

 

3月10日は、「3」は始まり、ゼロは「無」、つまり、「新しい始まり」の意味である。

そして、2011年3月11日から丸8年を迎えた年の意味は、8=「無限」。

つまり、「無限なる新しい始まり」の意味の年であるということ。

 

さらに、9年目を迎える2019年3月11日は、「9」は逆にすると「6」。

つまり、相対で意味をなす陰陽の年。

この意味は、これからも過去の悲しみを背負って生きるのか、それとも新しい希望を創造して生きるのかを選択する年である」

 

このメッセージを受け取り、大阪府阿倍野区で屋敷祈りを行った翌日でしたので、地球創生の仲間たちと新しい希望を生み出す為に神戸へ向かいました。

 

神戸でもっとも大事にされている神社は、「生田神社」です。

 

 

しかし、2013年の5月に生田神社へ行った時、秦氏の社である「稲荷社」があまりにショックな状態だったのでブログに載せて神様の悲しみを訴えました。

http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1436

 

それから6年の歳月を経て、なんとなんと!あの小さな社しかなかった「稲荷社」がとっても素敵に変化していたのです。

 

(以前の稲荷社)

守りの狐も1体しかなく、ゴミが捨てられたままで、汚れも目立ち、完全に神職たちが放置しているのが一目でわかるお社でした。

 

<現在の稲荷社>3月11日(月)午前9時

神戸にお住いの方からも、お礼を言われました。

 

参拝すると、「稲荷神」は、こう申しておりました。

 

「わしがいくら言っても誰も聞いてくれなかったのに、どうしてお前が言うと、こうなるのか?それが不思議でたまらん。でも、心からありがたく思っている。手を合わす皆の気持ちも十分伝わっているから、お礼を伝えておくれ。」

 

神様の喜びの声を聞いたあと、清掃している神職の方に以前と変わったことへのお礼を伝えましたが、神様の声が聞こえない人たちは、人間の勝手に物事を判断しがちですが、神様は常に、神の思いがわかる人たちへ思いを伝え続けておりますので、どうか、人間の行動で神に喜ばれる行動をする大人たちが増えることを願いまして、心からお礼申し上げます。

 

参拝が終わり、鳥居を出ると、天気予報は雨だったのに、急に太陽が出てきて、光で私たちを祝福して下さいました。

 

天の神様の祝福と感謝を頂き喜び、私たちは人類が生み出してくれた須磨龍宮へ向かいました。

 

※「須磨龍宮」とは→http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1707

 

 

2019年3月11日11:11 、私たちは新しい命が生まれるための命元である「龍宮底神(りゅうぐうすくしん)」へ、日本列島が愛のエネルギーで包まれフォッサマグナが割れないように行動することを誓いました。

 

 

この日の祈りに、福島県から「龍宮神門番」の男性、沖縄県から「龍宮底神神女」、「龍宮底神神男」が来て下さり、北海道、愛知県、大阪府、兵庫県の仲間たちで祈ったことをご報告いたします。

 

 

神々は、私たちに希望と喜びで祈りをして欲しいことを伝えて来ましたし、龍宮底神神女の口から「地球の底神から太陽が上がった!』と伝えてくれました。

 

私たちはこれからも、希望と喜びを創造し続け、愛の祈りと現実世界を喜びにする為に全国で活動し続けますので、一緒に行動したい方は「地球創生SNS」にご参加下さいませ。

 

 

<ラジオdeハピネス 最新情報>

2019年3月3日放送 運気を変える方法

http://ra-ha.jp/archive19/0303amami.html

(アナウンサー杉山明久実さんのご紹介文)

今までとは違うスピードで物事が動いていると感じている方が多いようですが、その反面、波に乗り損ねている方もいらっしゃるはず。どちらの方にも必見の内容を天無先生に教えていただきました。今年に入って早2ヶ月。自分を取り巻くスピードが速くて、ミラクルが山のように起きるという方々のお話も沢山聞こえてきます。あまりのスピードに、「どうしよう、追いつかない」という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方への天無(あまみ)先生からのアドバイスは、「全ての思いを一旦手放すこと」

色んな不安を、ただ一回「ありがとうございます」と言って手放すと、『オート(自動)』のモードに戻れるのです。波に乗れている方は、もうすでにエスカレーターに乗っているのですから、自動的に上に向かって昇っていけるはずなのです。それなのに、迷いや不安や焦りを感じるということは、本当は必要がない『思い』を掴んでしまって、それに囚われているからだそうです。

この『思い』を掴んでいるのは、単に自分自身なのですから、まずはこれを手放します。そして、大事なことは、自分のするべきことを『する』と決め、天に宣言することで、エスカレーターは動き始めるのです。そうすると、必要な人に出会ったり、必要な情報が自然と来るようになったりし始めます。

ただあまりの情報の多さに対し、まじめな人ほど、やってきた情報を全部ちゃんと見ようとしてしまいがち。「今の時期、本当に必要かどうかを判断してる暇はないです」と、天無先生。必要なものであれば、必要な時にまたやってくるそうなので、できることをドンドンとこなしていけばいいようです。そうすると、自然に流れが起こるので、その流れに任せればいいのだそうです。「波に乗れている方は、通過する物も入ってくる物も、車窓の風景のように自分の脇を流れていきますが、足元だけは動かして、自分のするべきことは忘れずにきちんと行ってください」と天無先生は、おっしゃいます。

たとえば、女性の経営者の場合、旦那さま、お子さまがいらっしゃる中、仕事に追われ忙しい毎日です。しかし、忙しい時こそ、『足元』は大事にしないといけないのだそうです。この『足元』とは、家族であり従業員であり、家事もそう。忙しくても掃除や洗濯、子どもたちにちゃんとすべきことを忘れてはいけないのです。これが『足元だけは動かして』の具体例です。

こんな風に、するべきことを見極めて、上手に波に乗り続けたいものです。さて、ここで疑問です。トントン拍子でない状態の方、上手く波に乗れていない方も当然いらっしゃいます。こうした方が、今からでも間に合う方法はあるのでしょうか?あります!!ちゃんとあるそうです。ここに該当する方にとって、とても簡単な運気上昇の方法を教えていただきました。人は習慣を変えたくない生き物です。『脳』にしてみれば、同じことが安心と感じているので、できれば何も変えたくないのです。

でも、人生を変えたいのであれば、普段の生活習慣や行動の習慣パターンなどから、どこか一つでもよいので変えてみるとよいようです。いつもと同じでは、意識は変わりません。そんなに難しいことではなく、これまで行ったことがない場所に行ったり、会ったことが無い人に会ってみるという感じでよく、いつもと違う喫茶店やスーパー、コンビニに行くということでも構わないそうです。

また、玄関で靴を履く時の足の順、自分がお風呂に入る時の足の順、身体を洗うのは左右どちらが先でしょうか?無意識に行動しているため、自分でもわからない行動パターンは色々とあるはずです。これらを、一つでもいいので逆にするということでも良いのだそうです。こうしたことからでも、運気が変わるのだそうです。無意識にアクセスして意識して変えると、本当に意識が変わり、運気も変わるのだと先生はおっしゃいます。

このように、普段と違う行動をとってみると、運気が上がり、これまで4の回転だった人が5の回転に、5だった人は6の回転に変わります。こんな簡単なことをするかしないかで、運気も人生も変わるのなら、是非是非、今すぐにでも実行してみたくなります。さて最後に、オアシスハウスから天無先生のお話を生で聞けるというお知らせです。

実は、オアシスハウスさんからのご依頼で、このラジオの公開収録を行っています。一回につき限定6名さまだけの募集ですが、収録が終わった後には、素晴らしい食材で作られた美味しいお食事もあり、天無先生から直接個人的なアドバイスもいただける、とてもお得な会です。ご参加された皆様は口をそろえて何かが明らかに違うとおっしゃっているので、お待ちしています。
次回のお申し込みは→こちらから!詳しくはぜひ動画でご覧くださいませ。

 

| 愛の祈り・土地と先祖 | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする