PROFILE

CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

LATEST STORY

CATEGORIES

recent comment

2018.02.28 Wednesday

2018年2月13日 名古屋鳳凰神事の書き起こし

0

    ○白山社  名古屋市昭和区石仏町1−71


    祭神  菊理姫命
    末社  山神社、金刀比羅社、鹽竈社  兒子宮社 秋葉社 津島社 

    (目的)
    名古屋の断層を見ると龍の顔から尾でくるまれていて、口の前に何かの存在があると事前サニワで見つける事ができました。
    ここはその龍の目の位置にあたる場所。

    1.御器所大地を動かすための許可と承認を得る。
    2.もう一つ下の島(子供)の意味を聞く。

     

    ○鹽竈社、 山神社、金刀比羅社


     


    (神言葉) お会いできて光栄です。
          こちらからも、どうぞよろしくお願いします。
          何でもお尋ね下さい。

     
    後ほどまた、お聞きします。よろしくお願いします。

     


    ○兒子宮社


    (神言葉) 皆さんが一つになれば大丈夫です。
    よろしくお願いいたします。

    ○秋葉社


    (神言葉) 後ろの神が動くはずだが、その為に何をすればよいか気づくことが大切である。よろしくお願いいたします。
    ありがとうございます。

    ○津島社

    神言葉)後ろの神が言っている事がわかりますか?その後ろが働かねば動くことは出来ませぬよ、その後ろが誰なのか何なのかを分かるべきではないでしょうか、どうか気づいて下さいませ、よろしくお願いします。
    ありがとうございます。

    吉岡)ここの白山神社のご神体は? 祭神、菊理姫
    誰かと何かと言っている。白山関係者3名、龍も入って、後ろにいる存在の意味をわかれと言っているので、菊理姫と前に出ているものの守っている後ろの理由がわからないと動かないので、聞き出せないから後ろの思いを汲み取ることの思いで合わせて、基本大きい神は自分では喋らないので、後ろを理解すると言ってくれるので、お願いします。

    ○本殿

     


    (宇宙語)祈り

     

     


    よろしくお願いします。
    ありがとうございます。


    (解説)
    素晴らしい、感動した。まず、菊理姫がいらっしゃる後ろに四名、左側二名、右側二名、立っていらっしゃって、これが火、水、風、大地の巫女です。承認とりました。

     

    次、この左からいくよ火、水、風、大地だからね、場所ちゃんと覚えておいてね、こういう立ち位置になるので、正面向いて左側、火、水、次、右側に風、大地と並びますから、正面にご神体、菊理姫いらっしゃって、真っ直ぐ上に伸びる中心に女性のエネルギーが一体上まで繋がっていて、両側に男のエネルギー二体繋がっている。これがここを守っているライン。

     

    一番上にデッカイ玉がありました。この玉がこの龍の、この玉の島だって、龍の玉ですって、元々ここを守っている上の玉で、繋いでいるのはこの女性がいて男二神、、この下に火、水、風、大地が守っていて、これがここの守り方。この形がここの完成形。


    実際の人間と同じなので、玉の役目の人誰かいたよね、金玉、銀玉は?玉の役目あるよな一名、火、水、風、大地は決まっていた?(決まっていない) 


    四名の巫女と菊理姫も付いて行くと言ったので、ずっと一緒に動くけども、気になったのは、中心のここを守っている女性のエネルギー体一体と男性のエネルギー体二体、この守りが無いとここは働けないのでこれ絶対いる。


    この組み方、玉からエネルギー降ろす。降ろしたものを、この四つの火、水、風、大地に分けて守っている中心の真ん中に菊理姫いらっしゃる。

     

    エネルギー、天から降ろして、山から降ろして自然界から降ろしてという流れですよ、だから後ろで言ったとうり、意味がわからないと働かんぞと言ったのは、後ろの四人が見えなきゃ駄目、これで御器所の分もこれを動かすことの意味も、玉のことも火、水、風も全部一辺に取れましたから

    木は?
    火と風がセットで、水、木、大地という話だったのですが・・・

    吉岡)説明と、セットとの意味が分からないのと、その組み立てがわからない、火と風、火が動くには風が必要だから、セットではなくて力が必要で、四人の巫女が働くと言われているので大巫女がいて四人の働きだと木と水と土地を繋ぐと大巫女が働ける。

    大巫女の分は今、菊理姫で動くのでいい、木というのがわからない、樹木の木のこと?それはどこから出てきた、どういう説明だった。

     

    (若宮八幡宮)木の分がわからん樹木の木の意味とエネルギーの気としての意味があるのか、いろいろ取り方はあるし、その背景が何で出て来たかによって意味は違うし、僕が気になったのは中心の女性のエネルギーと男性のこの二本が、ここで実態として使うのか、使わなければ見せる必要はない、何かあるなと思っているので、ここはエネルギーだから気とも言える。樹木の木と言われるとピンとこない何の話の意味なのか、白山系と目的は達成した。

     

    今、言ったことが必要であればどこかで確認とるか出てくるかだけど、今の段階では付いてきているから、一緒に動くので問題はないでしょう、教えてくれると思うので、この後は?もう動くと思うよ、龍の承認と同時にとっているので、動くと思うよ。


    ○物部神社 愛知県名古屋市東区筒井三丁目31番21号

     


    祭神 宇麻志麻遲命(うましまじのみこと)
    末社  物部白龍社・物部大黒天・物部天神社、須佐之男社・秋葉社

     

     

     



    物部氏の祖、宇麻志麻遲命を祭神とする。大石を神体とすることから、石神神社(いしがみじんじゃ)、石神堂(いしがみどう)、山神(やまがみ)という。社伝によればこの大石は神武天皇がこの地を平定した時に見つけた石でこれを国の鎮めとしたといわれている。元禄年中(1688〜1704)三代藩主 徳川綱誠が荒廃した社殿を修復している。

    ○物部白龍社

     


    (神言葉)しばらくすれば分かると思うが、お前たちがしようとしていることは我々がしたかった事でもあるが、そのことについて力を貸すには、まだまだ我々には力不足であるかもしれぬが、ここにいる龍、そしてここを守り納めてる力が必要であれば、どんな形でも力を貸すのでよろしく頼む、そしてこの本殿宮で守っている力の方が繋がりがあるからこそ働けるのではないかと思う、どちらにしてもお前たちがしようとしていることに対しては、力を貸す所存であるし、その上において皆が喜ぶ形になることを我々も望んでいることを分かっておいてほしい、本日はよく来てくれた心から感謝いたす、ありがとうございます。
    ありがとうございます。

    ○物部白龍社、裏のお宮

     


    (神言葉)こちらこそお陰様でここの力を発揮しますことを、できるようになったこと感謝いたします。これより、皆が行うことについて出来ることがあればお力をお貸しいたしますのでどうぞ何でもお申しつけ下さいませ、よろしくお願いいたしまする。
    ありがとうございます。

    ○裏のお宮
    (神言葉)地軸の中にある力に繋がる場所だからこそ、この地を守っているのであります。この地の働きをどう使うかはあなた達にお任せしますが、この場所が地軸に繋がる場所であることだけは覚えておいて下さい、よろしくお願いします。
    ありがとうございます。


    (解説)
    ここが地軸に繋がる場所ですって、それをどう使うかはお任せしますと言っています。どの社も皆、お力はお貸ししますと何でも言って下さいというスタンスでございます。

    ○本殿
    (神言葉)打ち出の小槌のように力が発することができまする。その力があれはどんな所でも開けることができますのでどうぞ、その力をお使い下さいませ、ここにおわします神々と共に皆様がなさること全てにお力を、いたし申す。どうぞお使い下さいませ、いつまでも末永くお守りお導き下さいますこと感謝いたしまする。
    ありがとうございます。

    (解説)
    ここは祈っていて、手が自然にこうなって、こうなって、その後にこうなって、あ!出る、という字です。何かなと思ったら、打ち出の小槌の力を今、頂いた。これがあればどこでも開けることができる。神場所でもなんでも大事な場所でも、そのお力を貸しますと言ってくれたので、閉じているものも開けることができるっていうことです。喜びも出しますけどね、打ち出の小槌は希望出しての力もあり、開けることもできるということです。

     


    ○高牟神社 名古屋市千種区今池1−4-−18

     



    成務天皇の時代に創建され、清和天皇の時代に応神天皇が配祀されたと伝えられる。当社及び物部神社(東区)が所在するJR中央本線千種駅周辺の地域は、古代には物部氏の拠点があったといわれる。当社は物部氏の武器庫が神社になったとされ、社名の「高牟」は古代武器の象徴だった鉾の美称という。明治5年(1873年)、近代社格制度において郷社に列した。太平洋戦争の空襲で社殿等は焼失し、戦後再建された。

    祭神
    高皇産霊神(たかみむすびのかみ)
    神皇産霊神(かみむすびのかみ)
    応神天皇(誉田別尊、ほんだわけのみこと)

    末社 北野天神社・高牟龍神社・多賀社・金刀比羅社・厳島社・神明社・白山社・津島社・徳義稲荷社・祖霊社・秋葉社

     

    ○北野天神社
    (宇宙語)ありがとうございます。はい頑張ります。

    ○高牟龍神社


    (宇宙語)ありがとうございます。

    ○多賀社・金刀比羅社・厳島社・神明社・白山社・津島社


    (宇宙語)ありがとうございます。

    ○徳義稲荷社

     


    (宇宙語)ありがとうございます。

    (解説)
    ここは今ね、これぐらいの玉で真ん中に緑色の帯が入っていて、緑の淵に青い線が入っている。これ何の玉か聞いたら、法力の玉だって、あらゆる力を動かす法力の玉これを今、稲荷神がくれたのですごい、強いです。

    ○秋葉社
    (宇宙語)ありがとうございます。

    (解説)
    秋葉社、火の神、火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)なので火と土が繋がっている。
    みんな、しっかりやれよとしか言わない、しっかりやれよ、しっかりよろしくと

    高牟龍神の龍、ここの龍は僕の後ろに付いている白山巫女の四名の巫女達を守る龍として働くと言っているから。この力を繋ぎ守っていく龍として働くと言ってきたので、さっきの稲荷神が法力玉をくれるということはさっきの物部のOKが出て地軸繋がりの分の場所も教えてもらえ、そして打ち出の小槌をもらい法力の玉もらっているから、もう相当なもの動かせると思う。初めてなので玉にこんな筋が入っているのは、デカイし凄い、というとこまできています。


    ○本殿


    白山社で出た並び方でやりませんか?


    吉岡さん)ここは玉が無いと言われたよな。玉、四名火、水、風、土、火が一番端、真ん中、中心女エネルギーライン、ここ(玉と巫女4名)の間に三名入り、ここ男だから純子さん真ん中入って、これを後ろ支え守りの処方、鳳凰、OK俺は一番後ろに行くから、どうかな?どうだろういけるだろう、だって玉が無いと言われ玉を持ってきたので、玉からいかんと、先頭でいけ、綺麗に並べよ。

    (宇宙語)はい、ありがとうございます。

    今、僕らが作った陣形こうですよ、一、三、四、二、一この陣形を作った。これで入ったら、向こうがこうなり、これが出来ました。
    これがそのまま縦になりましたから、バンと(すご〜い)完成!!


    今日の白山の巫女達が全部、揃わないと玉だけではできなかった。これが全部完成しました。驚いた、見事でした。素晴らしいです。こんなにカッコ良く決まるかと、これが御幣(ごへい)の切り方と同じねだね。

     

     

    神のこれを見ると上の世界の写し鏡がこちらにあると言える感じ、このままスルーと入ったらピタと合う、神の世界がこの世の世界の写し鏡になったような形のように僕は感じるな、これを見ていると、それがこの形の意味。


    ちょっと繋いで、素晴らしい高牟神社の神々のお気持ちと、皆々の神々のお気持ちに感謝し、ありがとうございます。よし、頑張るぞ!


    ○泥江縣(ひじえあがた)神社 
    所在地 愛知県名古屋市中区錦1-7-29
    御祭神 応神天皇、神功皇后、三女神
    摂社 錦稲荷社、菅原天神社、秋葉社、住吉社、蛭子社、五條天神社、金刀比羅社、八神社、楠社




    (目的)
    今回の神事、火と要石の分として教えて頂ける事があるかお聞きする。

     

    ○錦稲荷社

     


    (解説)
    さっきもらった青い筋の入った玉を見せて、お力をお貸しくださいとエネルギーを繋いだら、金色の玉を2つくれて宝珠の玉だと、宝珠の玉とは、色んなものを歓びにすることができる玉のことです。

    ○菅原天神社、秋葉社、住吉社
    全ての玉が揃えば始動する、玉は5つあると言ったから、もらった人は覚えておいて。

     

    今まで鳳凰神事でもらった玉
    ・白山の玉(昭和区の白山神社)
    ・金玉・銀玉(神宮東公園)
    ・黒っぽい緑の玉(物部神社)
    ・緑の線の縁に青い線が入った法力の玉(高牟神社)
    ・宝珠の玉(泥江縣神社)は??

    ○五條天神社、金刀比羅社、八神社、楠社
    またひとつ教えてくれました。
    5つの玉の下に玉が10個あって、それが皆さんなんだって。
    10玉と5玉、15個でセットだって。

    ○蛭子社
    また意味がわかりました。15にもう一つ足して16玉だって。
    16玉は全部 お社で16社、上に8社、その上に4社、そのまた上に2社、1番上に元がある、そういう風に作っている、神の仕組みですよ。

     

    僕らは今5を作っていて、皆んなの10もあって元々あるものを作っている最中。
    エネルギーが繋がっても守る存在が必要でしょ?
    1、2、4、8、16で守っていることを教えてくれた、凄い知恵だな!

    ○本殿

     


    皆んなが祈った瞬間にでっかい玉になったんですよ、全体が。
    この玉で16社になるんだって、その玉と中の神が繋がっていて、これでお守りしておりますと。

     

    皆さんがやられる神事に対して、必要であればいつでも言ってください、お力をお貸しします、そのために龍を降ろしますって。
    上から龍がダァーっと降りて皆んなにガァ‐入ったんです。

     

    泥江縣を守っている女のでっかい神様は、神事に関して何も言ってこないけど、力の意味を教えてくれた末社も含めて、何かをする仕組みではなく、完全に協力体制はできています。

     

    本殿で見た玉は、ほとんどクリアな乳白色で全員分の大きさ、全部の思いが一つになった時の玉なんですって。

     

    5は大事な神玉、10は人、人と神が一緒になったものが神玉の16個目、そういう仕組みでできているんだって。

     

    この仕組みを分かっていくとこの上に16社があって、神守りの上の仕組みがあって、それでここをお守りしてる仕組みで出来ているってこと教えてくれてるので。この知恵はどこかで使うんじゃないですか?覚えておいて下さい。



    ○日出神社   愛知県名古屋市中区大須2-3-17
    御祭神 軻遇突智命、宗像大神、天照大御神、猿田彦大神、月夜見命、稚日女命

    本神社はもと愛宕社と称し、明治四十二年日出町に鎮座の神明社(旧称天道宮)、及び同一境内宗像社白髭社香良須社合殿の二社を合祀して、社名を日出神社と改めた。愛宕社は天道宮と共に清須に鎮座していたが、慶長十五年名古屋城築城の際、現地に移された。

    (目的)
    火の繋がりを聞く。
    中心の一つとして科学館が出ていて、中心の守り番としてここのお力を頂けるか。

    (中心を決める)純子さん、僕の横について入りましょう。


    ○本殿 (神言葉)


    火について言えば、それは我守りの火であるという意味ではあるが、それが何に使われているのかはわからず、またその意味をお前たちがどう使うかはそれもよくわからぬ。だからこそ、あまり多用、無用な扱いをしない方が良いとわしは思うぞ。


    よくぞこの地に来てくれたことを感謝するが、この火の元はやはり関西の火の元であるからこそ、繋がりの元火をどこでとるのか、その火の意味を考えながら扱うのも大切なことであるぞ。


    そしてこの地を中心としてとる意味は、吉岡がとった意味とはまた別に、元々ここには中心として働くべき役目、意味があったからこそ様々なものがうごめいたが、その結果として、逆に様々なものが壊され断絶され、その動きができぬようになっていることも事実ではある。

     

    だからその修復をして使うのか、もしくはここをこのまま放置するか、はたまたお前たちが必要と思う場所を中心地として他に探すのかは、お前たちに任せるものではあるが、元々この地が中心であった意味は、宇宙の繋がりのラインが細く1本、地に降りていたことが証である。


    そのためにそのエネルギーがあるからこそ、細く長く繋がる糸のような、その繋がりのエネルギーがここにあるのである。
     

    そのエネルギーを守るために、火の神を祀り火を焚き上げることで、天に繋ぎ合わせることをしておったと思っておくれ。
     

    ではよろしく頼む、じゃあ皆によろしく伝えておくれ、ありがとう。

    (解説)
    火を多用して、色んなものをごちゃごちゃにしない方がいいんじゃないかと言っていた。


    火でも目的が違うんですよ。秋葉の火は自然神の火、愛宕は関西の西守りの山、そこの天から降ろしている火の元なので意味が違う。
    ここは火としては使わない方がいいであろうということが1つ、中心の地として、宇宙から細く降りたものがあったことはわかったけど、強く意思も来ないし、純子さんもピンときてない。


    (純子さん : 丸い輪っかは浮かんだけど弱い感覚がした)
    これからの意味に対して、どうするかは僕らの判断もありますからね、これでここは終わりましょう、ありがとうございます。



    ○雲龍(大樟)神社跡  愛知県名古屋市中区松原1丁目3−14

     

     


    大楠を御神体として雲龍神社が置かれ、地元では「くすのきさん」と呼ばれて信仰されてきた。

    昭和20年3月の名古屋大空襲で焼かれて幹の大部分を失い一度は枯れかけたが、その後新しい芽が出て生き延びた事もあって、戦後の復興区画整理事業でも売却される事無く市の保留地となっていた。平成14年秋、名古屋市が樹を伐採して土地を売却することを地元に通達したが、市民からの反対の声が挙がった事から、神社は廃されたものの「松原緑地」として大楠は残された。

    (目的)
    古地図で断層の切れ込み部分(海)なので湾口龍宮底神ではないか?
    鳳凰神事に関係あるか?
    前回の神事で、彼女(一般参加)が西でOKが出ると言っていて、その時 西はここが浮かんだのでその確認。

    聞くべき事をそれぞれ聞いて下さい。
    (宇宙語)

    何かありますか?


    ・下にわぁーて張って上は虹
    ・回転
    ・十二単を着た人がいる
    ・黄色い優しい光
    ・天との繋がり
    ・下に入口の様な穴
    ・下を感じた
    ・足元に地球を見せられ、とても汚れているから美しく綺麗にして欲しい

    (解説)
    湾口龍宮底神の場所としてどうかと聞いたら、それは違うと即答でした。これほど成長の素晴らしい木って神降りしてる木なんですよ。元々この木に皆が手を合わせ、心を合わせることはすごくあったし、人の願いも天に上がる、そして天の思いが精気として降りてくる、ここの人と天から繋がるものを皆が喜びに、ありがとう ありがとうと言ってまわりに広がっていた。お前たちがやろうとしている神事に対してそれは・・・って感じです。

    ○大道米運龍神  愛知県名古屋市中区松原2-18
    ご祭神 不明



    (宇宙語)
    神言葉 うまくいくよう願っています。

    この近辺は材木商の方々の思いで、意味が全く違います。

    ○笹島白山跡地
    (目的)
    湾口龍宮神の確認をするための白山神社跡地

    昔々の繋がりがあったことは確かであるが、今もってこの地の繋がりを使う事は出来ぬであろう
    この地にあるエネルギーは確かにあるが、この地を繋ぐにはそれなりの仕組みがなければ働かぬ
    そしてこの弱いエネルギーではお前たちがしている事を成しえる事は難しいであろう
    良ければこの地に来た思いだけでも繋いでくれればありがたく思う

    円陣祈り

    (解説)
    この地に水の繋がりがあったことは確かだけど、この水をこの神事に使うことは難しいであろうと言っている。
    エネルギーが弱いのとそれを使うには仕組みが必要であるから。
    その仕組みはここに無いので、それを使うのは難しいって言ってる。
    ただ皆の思いを繋いでほしいということでここに繋いだので、この土地の神も神社跡地の神も喜んでいるので、それでいいです。



    ○熊野神社  名古屋市中村区権現通3丁目37

     

    祭神  伊邪那美命 仁徳天皇
    末社  子安社(木花之佐久夜毘売命)
    御霊社 白明龍神

    地球の核繋ぎ、核開けの場所、そこへ向けての必要な事を聞く。そして最後カシオペアまで繋げるというのが、前回、サニワの時に出ていて、今日の目的として、一番最初のところの大事な事を教わり、そこが大事な核開けの場所という事が途中で判ったんだけど、カシオペアとの繋ぎはどこも出ていない?どこでそれは取る予定だったんだ?それは?

    ・その事について知っておいた方がいい
    ・その事について、必要な事を此処でお聞きする
    ・ここでペガサスの事が出て来たし・・・
    ・ペガサスは宇宙と繋がりがあるっていうこと

    ここの大元のラインをどこでどうするか?という話か?それを聞くのがひとつと、あとは?そのほか聞かないけない事はないの?

    それに向けて何かやるべき事はないか?

    一人ずつ何か言って、なにかあるか?無ければ無いでいいから。
    ペガサス、カシオペアWとの繋がりでしょ?本当は?

    ・繋がり・・・


    ん?ペガサスは前ここで出たんだったけ?
    はい、ペガサス、天馬が繋いでいる・・・承認・・・


    カシオペアと繋がりをどうするかという事だな?どこでどうやるかを聞けばいいんだな?

    ・ひとつ気になるのは、虹の架け橋というのが出てるじゃないですか?前の直会の時に、橋?という事を自分が伝えた事で橋をどこかに掛けるという事を言って、ペガサスを使って掛けるのか?という意味なのか?

     

    虹の架け橋な?カシオペア、ペガサス、うん、はい

    ・名古屋の今までの回った所との・・・あと中心だな!

    ・今日はやらんでいいの?聞く事は全部聞いた方がいいから・・・

    ・何を聞くかはピンと来ないけれど、最初の時(昭和区の白山神社)にいた白いぶちの猫ちゃんと同じような猫ちゃんが・・・
    どこで?

     

    ここの神社で。
    うん、まあ猫が出るのはグソウ(霊界)で、人間の霊界の事なんだけど、命の繋がりとも取れるけれどな。

    ・今ふと、神話の事が出てきて、ペガサスがお空で四角形なんですね。四角形?冬の大三角形?四角形?四角形ペガサスに一個と、カシオペアの娘さん、カシオペアがお母さんなんですよ!その娘さん、アンドロメダ?虹の架け橋と言われた瞬間に、それがポンポンと見えたんです。

    バラバラだけど、要はあと一回で仕上げる為に、今、必要な事で、今、出ていて聞くべき事、それと必要な事だな。

    そこを気づかせてもらえればいいんだな!よし行くか!


    (白明龍神の神言葉)
    うちらが出来る事は沢山あるが、そち達がしたい事に、これ以上の力を貸す事は出来ぬかもしれぬ。それは本殿神の知恵を頂いた方が善いのではないか?それと、この地にある力は、あらゆる星たちに繋ぐ事は出来るという事は伝えておこう。その為にその守りをする為に居るのだという事だ。だから、やはり本殿神の知恵と力を授かる事が大事なのではないか!よろしく頼む

    (宇宙語・口笛)
    ありがとうございます
    本殿で聞いてくれって!

    (本殿左の社 応神天皇神言葉)
    むしろ私たちの方がその願いを叶えて欲しいと願っておりまする。その事が解る者達がやって来たという事を嬉しく思っておりまする。だからこそ、あなた達がそれぞれの気付きを沢山集め、その知恵の中で生まれる事も大切なのではないかと思いまする。私に出来るのはそこまででございます。
    ありがとうございます

    (本殿右の社 子安社・木花之佐久夜毘売命の言葉)
    この山がどうしたとか、この星がどうしたとか、の話ではなく、私たちが繋いで欲しい、完成させて欲しい、思いについて、

     

    もっと正しく理解して欲しいと願いまする。

     

    それは、あなた達が持っている星の繋がり、そして魂の繋がり、それを合わせる事で生まれるものなのでございまする。

     

    一人ひとりの思いではなく、皆の思いを合わせる事によって生まれる事、それが本来の完成形の神事なのでございます。

     

    どうか、その繋がりの事をもっと強く思い出してくださいませ。よろしくお願いいたしまする。

    (説明)
    左の神は、もうこれ以上自分たちに出来る事がない。逆にこちらからお願いしたいことである。更によろしく頼みますとの事。
    木花之佐久夜毘売の方は、本来この神事は一人ひとりの思いを足して足してやるんではなくて、重ね合わせて行くものの神事ですと、だから本来の自分の魂の力、役目を合わせて完成させるべきものだという事を解ってくださいという事を言われたので、自分自身、一人ひとりがきれいにその目的を取らないと、出てこないですよ。

     

    知恵はいくらでももらえるけれど、自分がひとつに、最初手を合わせてるじゃないですか、同じですよ。ひとつにしなければいけないので、その意味を持って本殿に入って!知恵は聞くけど、そこで気づきが出る筈なので、そこが出てこないといけないんですよ。いいですか?お願いします

    組み方をさっき(白山社の形)みたいに・・・さっきみたいに行こう!

    (本殿 神言葉)


    この星におわします皆々様方の思いひとつになるからこそ、この神事は完成致しまする。その知恵なるものは、一人ひとりの腹の中にあればこそ、その守護なる者に繋がりをお解りください。

     

    そして、天馬なる者その役目与えれてた事を果たしなさい。

     

    カシオペアなる役目を持つ者その役目を果たしなさい。火水風大地の役目もつ者その役目を果たしなさい。

     

    それぞれがそれぞれを身を持って繋ぎ合わせれば、どこで何かをするのではなく、私が何かをしなければいけないと気づくはずです。

     

    そして中心となる者、その軸を立てる事か、最後の納めであり、また始まりでもあります。

     

    虹の架け橋は、皆の心の中の魂の中の繋がりの事を言っております。

     

    それが私達との繋がりでもあるからこそ、本来の繋がり、ひとつに繋ぎ合わせ、大切なリングを重ねるように、この神事の完成形を描き、結び、魂の納める場所として、場合わせてくださいませ。よろしくお願いいたしまする。

    (柏手 宇宙語 口笛)
    ありがとうございます

    (解説)
    ここで左回転の渦が始まり、オノコロなんだよ。国造り始まりのオノコロと一緒、そのエネルギーが始まったので。だから読まないと自分の分、ちゃんと一人ひとり分、それがちゃんと立てれば出来るんです。

     


    ○喫茶店でさらにサニワ

     

    ●龍 役
    カシオペアから繋いだエネルギーを縦に上下動く玉動く中心動かす底に繋いでまた天に繋ぐ
    エネルギーラインを作る
    繋いでいくとエネルギーが変化していく

    ●天之御中主 役
    中心に立っていながら全部 地に降りた一番上の人間から見える最高点のその位置が自分のいる位置
    スッと真ん中を作る
    中心=昭和区白山神社

    ●カシオペア 役
    全て星のエネルギーを降ろす上と下のライン繋ぎ
    宇宙すべての星々の繋がりにに対して繋ぎ報告

    ●ペガサス 役
    カシオペアの降ろしたラインを繋ぐ 走り回る
    下のWと上のWを重ね合わせながら虹の架け橋をしていく

    ●火 役
    火は走る 飛ぶ、飛び火するどこの火を使うのかどこに飛ばしたいのか?
    泥江縣でウッパマ、天望山に火を飛ばし底から水に繋ぐ

    ●水 役
    火を受け止める
    水は受け止める神力をどこに納めるのか?
    底から星宮 熱田下知我麻神社に繋ぐ

    ●風  役
    核の思いをすべてに繋ぐ

    ●大地 役
    あたたかく全てを包むエネルギー
    幅は日本を包む球体のエネルギー
    風と大地の役目は地上中心に上ドーム、下ドームを作る。
    中心作ったものを中心ででっかい球体大地と天空のなかで包み込む。
    エネルギー体でこの神力固定する。
    その風と受け止める大地。
    日本列島全体。
    東西でいうと日本列島の幅は同じ。
    丸々日本を包み込む。
    下は底で上は天まで包み込む。

    ●鳳凰 役
    メビウス
    右回転歌子さん 
    左回転幸子さん
    メビウスの中心は核
    地球全体の無限循環
    全体の采配、最終形の組み立ての絵図
    オリオン座
    メビウスの帯の地球の中心にして回転、いろんな方向で向ける
    幅はどれくらいかと考えると
    オリオンのベルトとてつもない幅がある
    オリオンのベルト=繋がりのこと
    感覚でつながっている
    宇宙のエネルギーを 回転させているベルト
    オリオンのベルトの感覚で回して行く
    中心は細いけど地球の幅くらいのベルト
    地球の核を 中心の無限エネルギーを作ります
    メビウスの帯を結び切りをする
    蝶々結び
    これで終わりという意味
    結び切りで、そのエネルギーを固定させるため
    もう二度とできないようにする

    ●白山神社を中心にして軸立てをして神事立てをする
    日本列島球体で固定させる軸の天之御中主と一番底で繋いでこの仕組みを完成させて繋いだものを宇宙のカシオペアを通して龍玉を動かし繋ぐ
    カシオペア通して現地持ってきて固定させる

    ●始めの頃に言っていた話でピラミッドの上と下
    この三角形の合わせると
    六芒星話が出てたが今どこにもでていない
    どっかで使うのかつくるのか最初から言われてるから必要
    ここで作ったものが神の繋がりこれが神の世界に繋がったら上の三角形と下の三角形ぼくらが作っている仕組みと同時に神世界の仕組みがあって神世界とぼくらがいるこの世界とクロスした段階で六芒星になるんじゃないかな
     

    吉岡)

    最初の頃、土地から読んでいっていろいろやっていったけど、どうしてもそこから進まなくなって大地のこと調べてやったけど、最終的に完全に一人一人の感覚のラインだけで作っていった。そこから大地からはなれて感覚の世界で見るようになって自分のラインで見始めた。これで起きることが変わってきた。


    空間になってきたので、この空間で作った意識のぶんが僕らのこの三角形を作って、やっと完成したものがよしとしたら、向こうも同時にだしてきて、人間が作ったものが上を作り、上が作ったものを見せてきているので同時なんですよ。

     

    これが一緒になるのは、神と人が一体になるということだから「天人合一(てんじんごういつ)神事なんですよ。


    これが神事、6次元の最高点7次元の入り口の「天人合一神事」なんですよ。
    天と同じ意識でやること!


    だから、自分たちのぶんをやらないとできないですよ。

     

    それがひとつに合わさらないと、今日それを体験させて貰った。
    これが最終完成形でしょう。


    それに必要な人たちが必要なエネルギーを持って集まってくるでしょう。完成形はできている。

    ●5つの玉 
    銀玉金玉、宝珠金玉2つ、緑の玉、青と緑色ラインの入った宝力玉、透明の玉(皆んなが一つになった玉)

    ●新・丸十字(新・宇宙大連合)

    ●お礼繋ぎ場所候補
    熱田本殿、大国魂神社、朝日神社

     

    では、名古屋鳳凰神事の最終回は、3月13日に行いますので、それまでみなさん、神の意識と一体になって準備しておいて下さいね。

     

     

    <<お知らせ>>

     

    精神世界の老舗雑誌「アネモネ12月号」に「龍と鳳凰のミラクルパワー」として吉岡学の特集記事が掲載されましたが店頭で品切れが続発していますので、ご注文は、ハートランド龍球WEBSHOPからお願いします。

     

     

    <2018年の全国イベント情報>

     

    ◎3月11日(日) 京都府京都市「人間塾」 

    テーマ「2018年3月18日は女性が目覚める最後の時(女性が内なる蓋を開ける最後の時)」

    【時間】開場15:00 開演15:30〜18:00

    【会場】ベーコンラボ京都駅(京都府京都市下京区塩小路町520)

    【参加費】一般5,000円 SNS会員3,500円

    【お申込み】お名前、年齢、住所、連絡先をメールでお知らせ下さい。

     

    ◎3月13日(火) 名古屋鳳凰・天之御中主神事(最終神事)

    名古屋から日本全国に愛を発信するための重要な神事

    【時間】10:00〜16:00

    【場所】名古屋駅前集合

    【参加費】一般10,000円、SNS会員8,000円

    【お申込み】参加希望者は、こちらへお申し込み下さい。

     

    ○地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。

    (現在1,175名)http://earthtscu.jp/mail.html


    ○地球と人を愛し、共に、未来を希望に変えたい人たちの有料SNS「地球創生SNS」

    https://www.c-sqr.jp/c/earthtscu/

     

     

    ○地球創生活動へご支援金をお願いいたします。

    地球創生基金 記号19070 番号9613551
    支店名九〇八 普通口座 0961355

     

    ○スピリチュアルセッションのお申し込み 
    毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

     

    ○人生が喜びに変わる「先祖神に向き合う心構え」をご覧下さい。

    DVD&YOUTUBE閲覧権利 http://shop.heart-land.biz/?pid=108631700

     

    書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中! 
    「白龍を見た人は運命が変わる!」

     


    コメント
    コメントする