CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 沖縄本島 「東の龍宮底神」が開きました! | main | 2017年5月1日速秋津姫 午後11:11の祈り言葉 >>
2017年5月1日速秋津姫 午前11:11の祈り言葉

始まり」のことですが、皆さんが「今日、自分が新たな始まりを何かする!」と決めるのなら、それはまず始まりの前に「」という「」が立つことでしょう。

 

その「」がどこへ向かっているのかは、あなたが決めた目標、ゴールに向かっていきますので、その姿を明確にすることが、まず大切なのですよ。

 

幸せになる、平和になる、愛する人が現れる、喜びの人生になるなど、いくつもの希望を掲げる方もいらっしゃいますが、それはそれで良いと思いますが、どうなりたいかを「明確」にしなければ…、なった姿がリアルな形でなければ…、また、そのときに隣にいる人や周りにいるの笑顔まで見えなければ…、それはただの「妄想」で終わってしまいますよ。

 

あなたたち人間には「創造力」という愛の根幹となる力を、知恵を、授けておりますので、目の前にどのようなことがあろうとも、悔しくとも、悲しくとも、辛くとも、いくつもの困難を乗り越えられるよう「無限なる創造力」という知恵と力を授けておりますので、愛するものを失おうとも、命を断とうとするほど辛いことがあったとしても、それはこの人生を生きている上での一つの段階を経験しているのだと思えるほど、「心の強さ」を持たなければ、この世を生きて行くことなどできませぬよ。

 

この世は全てあなただけではなく、あなたの肉体を創った「先祖が望んだもの」であり、また、「あなたの過去の魂が望んだことの結果」であると、もし、思えるのならば、それはこの世に起きることすべてが、「自らの責任でもある」という捉え方を受け入れることができるのではないでしょうか?

 

愛するものを失ったときは、どれ程辛いかは私でも分かります。

 

しかしながら、愛する対象を得たことや、愛する体験をさせてもらったことに、あなたは感謝をしておりますか?

 

生涯に一度も愛することを学ばず、体験しない人もいるのですよ。

 

そのことを考えもせずに、もっと愛する人をと願う人や、中には、「今の自分を全て受け入れて分かってくれる人が必ず現れる」と信じている人もいるでしょう。

 

それは、それで良いのです。

 

今の自分を認める」ことが「全ての始まり」ですが、そのエネルギーを外に向けるならば、それは全て、「自らの足らない自分の写し鏡」となって目の前に現れる人たちが揃ってしまうのですよ。

 

その「恐さ」を、よく考えて下さい。

 

あなたたち人間が「創造」することは、自由でございます。

 

そして、「無責任」でございます。

 

どのような愛する言葉であっても、どのような恨みの思いであっても、それはあなたたち人間だけの世界であり、また、その思いが「始まり」となり、全ての体験をしていることに気づかぬならば、「永遠の輪廻」と言えるほど辛い日々が続くか、はたまた、喜びの設定を自分がすればよいのだと、喜びの時間がどう動くのか、それはその人が考えた、思ったことの結果であり、その人が望んだことの外に向けたエネルギーと、自ら自身との思いとの天秤で測った分の違いを体験するようになっているのが、「創造力の仕組み」なのです。

 

分かりますか?

 

今、あなたが感謝と愛に溢れ、生きていること、今日、ご飯が食べられること、お仕事があること、自分の思いを聞いてくれる人がいること、また、誰かの思いを聞いてあげる人にあなたがなっているならば、それはもう「幸せ」でございましょう!!

 

行く末の世を考え、心を病む人もおれば、人の不安を利用し、大いなる思いのような形で言葉を発し、商いにしている人たちもたくさんいますが、明日、起きることを全て知る人など誰もおりません。

 

そのまま行けばどうなるかの予測はできまするが、この世は全て今のあなたたちの「思い方次第」で決まるのでございます。

 

行く末万感、共に過ごす人たちと、また、未来を創る人たちと、いつ誰に出会い、何を思い、何をしようとするか、ただそれだけでございます。

 

 

この世が「美しの世の証」なのか、または、「神々が遊ぶひとつのゲームの世」なのか、どんな捉え方をしてもあなたたちのフィールドや人間という種族が変わるわけではありません。

 

 

大きな目で物事を見るときに、孤独を感じる人と、愛を感じる人の違いがあります。

 

一人でも孤独、多くの中にいても孤独の人は、まだ、目覚めていないだけなのです。

 

本当のことを知れば、あなたたちは今、生きていることの意味がありがたくて仕方がないほど今できることに誠心誠意、心を向けて生きれるはずですが、まだ、その段階の人が少ないからこそ、「いつか」とか、「また今度」とか、「いずれ」とか、自分の今、思った思いさえ、時をずらし、大切な気づきの意味を理解しようとはしないのです。

 

その度に、神々や先祖が気づきを与えてくれているとも知らず、自分の今の価値観や損得や、やりたいかやりたくないかで決めるならば、1ミリもこの人生を喜びにすることなどできませぬ。

 

 

「喜び」は、自らが設定するものでございます。

 

その一人一人の「喜びの設定」が、皆が支える「」となり、大きな「目標」となるのです。

 

 

その「」が何かは、あなたとあなたの周りにいる人たちで創りあげる「思いの柱」だからこそ、今の自分がどうしたいかを本音で、本気で話さなければいけないのですよ。

 

 

経験をたくさん積めば、賢くなるわけではありません。

 

経験が少なくても、大切なことを気づける人はたくさんおりまする。

 

 

今、自分ができることの大切さに気づき、その意味をもって、この今の、今日という日の時間を大切にして下さいませ。

 

どうぞ、よろしくお願いいたしまする。ありがとうございます。

 

 

| 愛の祈り・土地と先祖 | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする