CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 『すべてはひとつ』 | main | 2007年の次元上昇月 >>
すばらしい大人たちとの出会い
今年、初めての講演は、苫小牧からスタートすることになりました。ニ部に分けて、地球のことや魂のこと、また沖縄のことや、2007年から始まる次元上昇の意味もお伝えさせていただきました。

この日、札幌から苫小牧へ向かう高速道路の横に、100羽を越える鷹や鷲が、龍が天に昇る姿のような、ものすごいタテの上昇の舞いを、3箇所で見せてくれてました。

そのすばらしさに興奮していていると、今度は、大きな雲が虹雲になって輝き出して、今日の集る人たちの意識が、神や天の大きな守護をいただいていることを実感しました。

今回、この講演会を主催していただいた苫小牧の 響き∞ひびき の皆さんの草の根的な活動は、これから北海道の大人たちの意識を変えていくだろうと、私は感じています。

団塊の世代(昭和22年生まれ〜昭和24年生まれ)が中心となったすばらしい大人の方たちの姿は、若い人たちの未来の希望を見出すキッカケになっていくと感じているからです。

人数制限で開催したおかげで、10時間近くも、皆さんと深い話ができたことで、一人一人の熱意を、私も体中で感じさせていただきました。

ある男性がおっしゃた話に、「団塊の世代の退職後が、自分の人生設計だけを計画しているのか、世の中や人の為に何をお返しするのか考えているかが、とても重要だ。」とお話してくださいました。

地球上のこの日本という恵まれた国で、豊かな人生を送らせていただいたお返しを、みんなでしようじゃないかということです。これは、私もとても共感しました。

今、日本で一番人口が多いこの団塊の世代の皆さんのおかげで、発展した日本ですが、今の日本の現状を見ていると、いい面と、そうでない面があることをしっかり見据えて、今後のことを考えていかないと、将来、この日本は、とても大変な国になります。

この団塊の世代の子供達が、現在、家族を持ち、子供を生んでいます。そして、大きなこの年代の輪は、次の時代の大きな子供達の意識に影響を与えています。どの年代がいいとか、悪いとか言っているわけではありません。

この日本の「集合意識」に、あなたも影響を与えていることを知って欲しいのです。

インターネットが進んで、バーチャルな世界が、あたかも、実像の世界のように感じていることを私は、とても危惧しています。情報が早くたくさん流れるということは、このインターネットという情報源を使って、人の意識をコントロールしようという人たちがいることを知っておいてください。

あなた自身が一度も出逢ったことのない人の話に惑わされたり、その情報で不安にさせられたり、迷わせられたりできる世界が、このバーチャルなインターネットの世界なのです。

だから、私はこの便利な世界を使わせていただきながら、皆さん一人一人の自己責任で、この世界の情報をどう扱うかを考えてみて欲しいと思います。

あなたが不安になると、あなたの行動は、不安を回避しようという行動になります。

そして、あなたの口から、さらに不安な言葉が出ると、また、その言葉を信用した人は、不安の輪を広げることでしょう。

この現実世界で起きることは、何ひとつ、珍しいことは、ありません。

人間が数億年たっても、悩むことは、あまり変わっていないからです。

だからこそ、皆さんにお願いなのですが、あなただけでも、自分の目で見て、身体で感じたことを力として、新しい未来を自分の力で明るくするために、何をするべきか創造してみてください。

現状の不安や迷いに、振り回されて生きるのも人生ですが、誰かが、あなたを守ってくれる訳ではありませんよ。あなたを守れるのは、あなただけなのです。

だから、自分の考えを持って、それを周りの人と共有してみてください。

きっと、あなたの未来を創造するすばらしい意見に、賛同してくれる人と出会うはずです。

私も、また、新しい人に出会い、お互いを認め許しながら、何がこれからできるのかを一緒に考えていこうと思っています。

今年のエネルギー上昇タイミングは、2月が最初です。

だから、2月に何をするのか決めた方から、意識の上昇スピードが早まります。

未来は、あなたの責任で、あなたが創っていくものです。

どうぞ、自分の責任で行動できる大人になってくださいね。

今日の日の出です。ありがとうございます。
| 地域の人の繋がり | 00:41 | - | trackbacks(0) | |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック