CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式 | main | 沖縄本島村建て神事 「護佐丸・阿麻和利の乱の因縁解消」 >>
沖縄本島&奄美諸島神事 決定!(2/20-2/27)

2009年1月11日に苫小牧市で新しい「村づくり」の祈りをした日に、沖縄の神人に降りた神メッセージの電話から今回の神事は決定しました。

 

今回の沖縄本島神事の目的は、地球の軸、日本の軸を新たに繋ぐための神事になります。

沖縄の神人に降りた神メッセージは、「天主の大神」、「天之御中主(あめのみなかぬし)」、「造化三神を司る神」でした。

 

この内容を沖縄に住む出雲の神主さんに守護神から聞いてもらうと、「守る・宇宙基地・宇宙戦争・幸せの土地・コミュニティー・穴・幸地に北斗七星のひな型・山と嶽つなぎ」というメッセージが降りました。

この頂いたメッセージのおかげで宇宙の大元や神々の伝えたい事の大枠が分かりました。

 

神事を行う具体的な場所や方法は、現地に足を踏み入れて土地の神々と対話しながら、祈りの仲間たちで全ての望みを叶えるよう動くつもりです。

今回の神事に合わせて、わざわざ北海道・東京・九州から沖縄本島に仲間たちが集まります。

 

その行動は個人の「我意識」ではなく、自らの「神意識」に素直に行動する素晴らしい仲間たちです。

 

この沖縄本島神事を終えたあとは、沖縄本島神事の神エネルギーを九州へ繋ぐ為に与論島・沖永良部島・奄美本島と渡り、奄美諸島の祈りを行います。

 

最後は、トカラ列島の宝島まで足を踏み入れる予定です。

地球の軸、日本の軸について少し説明します。皆さんが日常、見えている三次元の立体の世界には、もうひとつ見えない天軸・中軸・地軸という三つの軸盤が繋がっているおかげで三次元のエネルギー場が安定しています。

 

このエネルギーの軸は眼には見えませんが、生まれた子供とお母さんの子宮を繋ぐ糸のように、地球の核と宇宙の大元までエネルギーの糸が繋がっています。

地球に生まれた全ての生き物には同じように、必ず自分が生まれた母の子宮と見えない繋がりの糸があるからこそ、精神の安定や現実の安定が生まれるのです。だから全てを生み出す女性の子宮のことを「宇宙」と呼ぶことさえあります。

このことは、仏教の世界で説明している胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら)や金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)と同じ意味で、仏という存在が見えない大切な繋がりを教える標(しるべ)となっています。

私は人と人の繋がりを視る前にまず、その人自身の見えない守護存在との繋がりがうまくできているかを注意してみます。

 

この繋がりの糸が切れたり、不安定になると、情緒不安定やソウウツの状態になりやすいからです。

こういう見えない守護存在との繋がりが感じられない人は、誰か他の人に安心を求めがちですが、決して本質が癒される事はありません。

 

本来、人間はその見えない存在との繋がりがあるからこそ、心や精神の安定が生まれるようになっているからです。

社会現象や経済混乱、また大きな見方では自然現象さえも、この地球の集合意識の一部の動きであり、その地球全体の意志は、人間の想像を超える大きな宇宙全体のバランスの中で動いていることを理解して下さい。

 

だから、今回の神事で行う天軸・中軸・地球の地軸の安定は、宇宙の大元とのつながりの安定につながり、人間の精神の安定にも繋がるのです。

今回の神事は、日本に生まれた全ての魂の繋がりの糸の大元を繋ぐ神事になります。

 

沖縄本島に集まる仲間は、全ての存在の繋がりを復活させるために集まって下さいます。

 

そして、沖縄本島で繋いだエネルギーを自分の住む土地へ繋ぐことによって、その土地に住むご先祖一縁の全ての存在たちが喜ぶ未来を創造する為に皆さんが動き出す事を願っています。

皆さんも普段の生活の中で守って下さっている存在たちへ「感謝」を捧げる祈りを日常にして下さい。

 

その対象が神でも、仏でも、自然神でも、宇宙神でも、ご先祖でも同じです。

 

地球に生まれた全ての存在は、理由があってこの現実世界に生まれていますので、「存在」に感謝する祈りの力は、あなたの願いを叶える力にもなる事を覚えておいて下さい。

神仏に向かう姿は「お願い」する姿を子供に見せるのではなく、生きている・存在している事に「感謝」する姿を子供たちへ見せる事が重要です。

 

それは誰かに「ありがとうございます」を教える事と同じだと気付いて下さい。

「〇○さんに、ありがとうと言いなさい」と教える親が、先祖や神仏を大事にしていなければ、大切な心を教える事はできません。

 

親が子供に教えるべき事はたくさんの「ルール」ではなく、どんな場面でも未来を信じられる「強い心」だと思います。

その為にも「見えない存在」に守られている感謝の心を育てる事で、誰かを信じる強い心が成長するのです。

 

どんなに裏切られた経験をしたとしても、見えない守護存在を信じられるからこそ、未来に希望を持つ心が育つものです。

だからもう宗教や精神安定剤に依存せず、自らの存在に感謝する日々を送って下さい。

 

親やご先祖たちに感謝し、未来へ子供たちを導く行動を起こす人が増える事を願って今回の神事に向かいます。


新しい地球(龍球王国)を支える愛と調和の祈りや神事、また人と人が触れ合い、愛と調和の意識が目覚める情報の発信や広報活動にご理解ご賛同いただける皆様からの募金をお願いいたします。皆様のご支援金は、大切に使わせていただきます。ありがとうございます。

 

○地球創生活動へご支援金をお願いいたします。

地球創生基金 記号19070 番号9613551
支店名九〇八 普通口座 0961355

| 南西諸島 沖縄神事 | 11:11 | - | trackbacks(0) | |
この記事のトラックバックURL
http://blog.yoshiokamanabu.com/trackback/272
トラックバック