CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
BOOK



LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • earthtscu.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 内在する神 | main | 四国岡山神事 1 伊弉諾神宮・おのころ神社・天石門別八倉比売神社・石鎚山登山 >>
四国岡山神事へ旅立つ時のメッセージ
12/8 四国へ向かう飛行機の中で頂いたメッセージ



”宇宙神”数々あれど、その役目果たせずにいるもの多し。その意味・理由を知りなさい。人が悪いわけではありません。その人を動かしている意識のつながりのエネルギーがどこから来ているのか?目的は何なのかを知りなさい。



それぞれの星の役目を持つ者たちもそのことが終わらない限り、次のテーマに気づくことはないでしょう。だからこそ、すべての存在たちの思いを知ってあげなさい。それぞれの場所にいる神は、その本来の役目を果たそうとしますが、人間が表の看板を書き替えるように物事の意味を変えてしまえば、人々が神に向ける意識も変わり、神自身の働きもしづらくなります。



本来、信仰とは自らの望むものを欲求するのではなく、自らの欠けているところ、不足している部分を補うために気づく場です。”神信仰”から”人信仰”に変わると、さらにその意味が強く出してしまい、誰が何を言った言わないということになってしまいます。本来の信仰の対象となる神は、自らの心の中にあるものですので、何を見て何を聞いても問うのは自分の中なのです。



その対象となる存在に惑わされずに、自らの神に問い続けることができた人こそ、神の道、また人の道の悟りを得ます。しかし、悟りの道さえも一時的な通過点と思わなければ「おごり」に見合う思い込みが発生し、物事を見る視点が狭くなります。



常に物事には、無限面と言ってもいいほど、見方、考え方がありますので、ひとつの事象に囚われず、常に大きな心で物事を見て考えることを意識して下さい。



詩人、文人(ぶんじん)の方ならわかると思いますが、真実や大切なことはその言葉ではなく、その文章の行間や情景に写し出されて相手に伝わるものです。意図するものが無いということはないでしょうから、無限にその意図が個人の意識ではなく、大いなる意図・意識することの本質を見極めなさい。
| 四国岡山 神事 | 11:23 | - | trackbacks(0) | |
この記事のトラックバックURL
http://blog.yoshiokamanabu.com/trackback/246
トラックバック