CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
BOOK



LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • earthtscu.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 所有という不安 | main | 水の神様 >>
北海道1000km神事


”地球の未来を創造する役目”を持つ日本の建替え建て直しの神事が始まっています。
 
現在の神事のテーマは、新しい意識を創造する土地 北海道に住む人たちが自分の土地の意味や歴史を学び、人間が誕生する前からこの土地を守っている神々に人間の非礼をお詫びし、新しい統合調和の知恵を気づくために土地神と対話する神事を行っています。

 
2泊3日で1000kmの距離を共に移動した今回の神事にご参加して下さった皆様のご尽力とお力添えに心から感謝します。

北海道が過去、日本最大の金の産出地であったことを神に気づかせていただき、「金」の出る場所は全宇宙における「時」のつながりの地であることも今回の神事で教えて頂きました。
 
日本国内にも金の出る場所はたくさんありますが、その土地こそ宇宙空間や高次元意識をつないでいる「時」のつながりの場所なのです。

古代、もっとも知恵や精神性が高いと思われるエジプト文明やインカ帝国の歴史においてもこの金を巡る権力者たちの争いの理由もこれでうなずけます。
 
人間がなぜ「金」というひとつの鉱物に対してだけ特別な反応を示するのか不思議でしたが、それはまばゆい光とともに意識が高揚し新しい宇宙パワーや知恵につながることを知っていたからなのでしょう。


北海道の金が出る土地の意味を知ったことで、その宇宙につながる高次元意識やエネルギーを土地から奪った責任をどう取るのかと神は私たちに問います。
 
自然界や地球全体のエネルギーバランスを考えてみても、あるエネルギーだけを抜き取ったことでさまざまなバランスが変わっていることを本当に理解しているのかと問われています。

その事実を理解し受け止めて全てが私たち人間の責任であると自覚する人がいるからこそ、自らの手でこの地球を、自分が住む日本という土地で役目を果たす宣言祈りに参加してくださる皆様がいらっしゃいます。

 
どうぞ、あなたの土地で起きた過去のあらゆる責任を自らの責任と背負う覚悟を持って神と向き合って下さい。

水の生み出し、河の生み出し、山のつながり、方角、天と地、あらゆる自然界の意識のつながり、全宇宙にある共有意識のつながり・・・。この全ては私たち人間がどれだけ進化したとしても自由にできないものだからこそ、目に見えない大きな存在たちが見守っていることを理解して欲しいと思います。
 
そしてその全てのバランスを壊している人間の責任をあなた自身がとるという決意こそ、今、一番大切なのです。


来週の8月31日午前には、北海道の南端に近いアポイ岳に仲間たちと登ります。
 
そこで私たちは新しい調和を生み出すために神と対峙し、未来を創造する鍵を手に入れます。
 
祈りを合わせて下さいます皆様の御心が新しい段階に目覚めますことを願っています。




◎地球創生基金にご支援をお願いします 
http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金
| 北海道東北 自然神神事 | 11:11 | - | trackbacks(0) | |
この記事のトラックバックURL
http://blog.yoshiokamanabu.com/trackback/211
トラックバック