CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 青森県 岩木山頂上神事 | main | 御仏と神に感謝 >>
啓示・神事の意味
1998年に「地球を救う!」と決めた時、それ以前から地球や日本再生の為に祈りや神事をしてきた方たちとお会いする神導きが何度もありました。

当時、啓示に従って神事をした方たちは、意味もわからず命がけの神業をしてきましたが、後から自分の行動を振り返ってみるとそれは自分の意志ではなかったといいます。

私が知る限り、20世紀に啓示を受けた方たちは本当に命がけの神事をする方がたくさんいたと思います。

それは当時の日本人の集合意識が現実主義・現物主義になりすぎた為に、日本人の精神性の未来が見えなくなり、実際、精神世界の書物の発刊増や新興宗教の増加も集合意識の迷いの顕著な表れと感じました。

20世紀末は、新しい21世紀に向けて集合意識の変革がそれほど重要な時期だったということです。

私もその時期に啓示を受けた一人ですが、同じような時期に全国でも同じ啓示を受けた人はたくさんいるはずです。

その時、天の啓示を受けた人数は21名いたと感じてました。

沖縄で神事をされている比嘉吉丸さんもその一人だと思っています。

でも全国にはもっと多くの方が意識リーダーのサポート役も含めて同じような啓示を受けているはずです。

その方たちの目覚めと共に行動を開始する為に、啓示や神事に対する考え方を改めてご説明したいと思います。

まず、21世紀になってから神事のエネルギーが大きく変わりました。それまでは神事をする方の個人意識の中にマイナス感情やマイナス想念がある場合、その全てを転換してからでなければ、そのマイナスがある分、神事が苦しい体験になるからです。

この個の感情という苦しみを避けるために、沖縄では3年間のユタ修行(霊的修行)があります。

その最後に神の許しの証として身体のどこかの骨が折れます。

私の場合は、足の甲の骨が折れました。

しかし21世紀になって地球全体の意識次元上昇のために宇宙から大きなエネルギーが何度何度も繰り返し送ってきたおかげで、個人個人のカルマの集合意識ともいうべき大きなマイナス想念の大部分は、現在も解消&転換され続けています。

※ただし霊界につながりがある方は、その強い霊力・エネルギーに見合う自分自身の霊性と現実世界との統合が求められるはずです。

鳳凰神界とも言うべき、天界から地球を救うためにやってきた天使性の魂たちは、動きや神事のサポートの仕方が違います。

神守護を受けながら自らの光を大きくし、その光を与え続けることが大きな役目になっているはずです。啓示においても多分同じような人数か、それ以上の人数の方が日本再生のために、日本人として生れているはずです。


これらの全ての魂にインプットされている役目は、その同じ役目を持つ人と出会うことでスイッチがONになります。

そういう人との出会いこそ神導きなのです。

しかしそれは望むだけでは現実化しません。

自分自身のするべきことをしている上で与えられるものが神導きです。


この世の中で言われている善悪も天国も地獄も、全て人間が創りだした想念が写した現実世界ですから、「新しい世界」を本当に皆さんが望むならば、それは必ず現実化するのです。

だからこそ、あなた自身が本当に望む未来を明確化しなければいけない時期に来ています。


一人では自信も勇気もないからこそ、同じ意志を持つ魂の仲間に出会うことが重要です。

そのために私は神事という個人意識を超えた場において、祈りに参加して下さる人たちにできる限りの魂からの情報を与えることを続けています。

それも、ひとつの役目だと感じているからです。

一人一人の本質の目覚めの結果は、もう個人のものではありません。

すべての神と同じく大いなる調和意識を持ちながら、反面、人間として現実世界を生き抜く強さも求められます。

その理由は、自分自身を一人で守れない人は、世の中の誰一人救うことができないからです。

だから個人が受け取るメッセージや啓示、また映像や体験で見えるビジョンの情報は、最終的に個人だけに属するものはないと考えておいて下さい。

その理由は、すべての意識はつながっているからです。

その情報の種類が、霊界からでも神界からでも宇宙からでも同じです。

そのすべてはつながっているからこそ、互いの気付きを共有し合い、互いの気付きを即し愛、その気付きを自分の土地へ戻って行動するために魂の仲間たちに出会うのです。


今できることが「祈り合わせ」でもいいですから、個人の祈りという概念を超えた祈りを実際に体験してみて下さい。


全ての存在に見守られているからこそ、私たち人間は生きているのです。

その存在の感謝をまずしなければ、すべての祈りは人間のためとなり、今までと同じ結果になります。

世界の平和を願うより、自分の存在の感謝として、親に、ご先祖に、生まれた土地に、先祖が住んだ土地に感謝を捧げることが何よりも大切な祈りの始まりです。

そしてその祈りは自分の住む土地神に喜ばれるよう生きるあなたの姿はきっと、あなたの子供にも伝わる大切な精神性になるはずです。

啓示を受ける人も役目です。

神事に命をかける人も役目です。

その人たちを守り、支える全ての人たちもひとつの役目です。

あなたができる役目を果たして下さい。

私は「地球を守りなさい」と啓示を受けた人たちと出会い、魂の目的を確認する時期に来ていると感じていますので、ご自分の魂の導きがあると感じる方は、7月18日の白山神事にご参加下さい。

1日10時間を歩く厳しい神事になるかもしれませんので、何があってもやりぬくという本気の覚悟ができる方だけご参加下さい。

私は自分の全てを賭けて祈ります。飛行機・宿泊の調整などもありますので、5月末を申込みの締切と致します。 

神の加護をあなたに。
| 啓示・神メッセージ | 08:58 | - | trackbacks(0) | |
この記事のトラックバックURL
http://blog.yoshiokamanabu.com/trackback/189
トラックバック