青森県 岩木山頂上神事
2008.05.19 Monday 11:11
2008年5月19日、北海道の人間が本州神事を始める為に最初にご挨拶するべき山の神様は、青森県の岩木山だと感じましたので、地元の仲間と一緒に登山神事を行いました。









参加した有名なりんご農家の男性は津軽藩を代表する男性ですし、女性は南部藩を代表する素敵な女性です。

二人の参加の意味を考えると、ご先祖と土地カルマを新しい現実の始まりの祈りで統合再生する祈りにも思えました。


初めて会う三人なのに驚いたのは、弘前の男性と私は「共通の女性」を通して2002年から共に人生が大きく変化したことが同じだったので、驚きました。


私が本気で「地球を救う!」と決断したキッカケとなった2002年に弘前で出会った女性は、実は、本物の天使さんでした。

初めて逢った時に肉体から魂が離れようとしているのを感じましたが、実際に、自動ドアには反応しない上に、マンションの廊下を走っても音がしないくらいに身体の波動が高すぎて、その肉体のエネルギーが消えかかっていた女性でした。


この女性が神様からお願いされていたことは、「りんごを救ってください」というメッセージでした。

昔に比べて農薬散布が増えことで土地も水もリンゴも、あらゆる自然界のバランスが壊れているので、土地の神様が彼女にその役目を与えたようです。


天職を看護師だというほど、人や自然に施す事を喜びとしていた彼女には、自分には何もできないからと、一件一件の農家の方に頭をさげて、「どうか、少しでも農薬を減らして下さい」とお願いして回ったそうです。


そんな話を教えてくれた彼女は、私の仲間を十和田湖の神の場所や聖地へ案内してくれましたことがありました。

2泊3日の最終日、彼女と別れる前夜に私に彼女が質問した言葉は、「私の魂は、今世で終われますか?」でした。


その言葉を聞いて私はおもわず泣きそうになりました。


これほど純粋に、神に尽くす彼女の魂は、もう数千回もこの地球を守るために尽くしてきた魂だったからです。


子供頃から霊界の体験で苦しんできた自分よりも、天上界からこの荒れた地上界へ降りる天使の役目が、どれほど辛く苦しいものかを感じて涙が溢れてたまりませんでした。


こんなにも素晴らしい魂の方でさえ、地球を救うために、この時代に生まれてきているのなら、自分の全てを賭けて地球を救うと決断した瞬間だったことを思い出します。


このように全ての神導きは、自分の思いもしない出会いによって神道(かみみち)へと導かれていくものなのです。




2002年の神導きのお礼も含めた今回の祈りで出会った弘前出身の男性は、この天使の彼女から何の言われていないのに2003年、突然、サラリーマンを辞めてりんご農家を始めることになり、その農法も周りの誰もしていない自然農法と減農薬でりんごを作り始めたそうです。

現在ではそのりんごの美味しさに全国から注文が殺到しているようです。※りんご農園 まっかなほんと 産地直送



6年前の神導きと思えるこの男性と南部藩を愛する女性とのご神事は、新しい地球を守る宣言と共に自分の土地を守る宣言をされて、これから東北六県を守る神男・神女になることを自ら宣言して下さいました。

これは全ての土地神・山神からの守護を受けながら、人間としてできることを行動する責任も同時に発生してきます。



「日本を本気で守る」と宣言する意味は、地球全体の陸地すべてを守ることを意味し、その人の意識や行動は、新しい現実を産み出す地域の意識リーダーとなることです。

今後の全ての祈りにおいて、新しい意識と現実の統合が大きな時代のテーマになっていることがの神事の意味だからです。



今回の神事にあたり事前に「祈りメーリング」にご登録いただいた方には、祈りに入る瞬間の時間や神言葉をご登録いただいた携帯へ送らせていただきました。

全国から祈り合わせいただいた全ての方へ心から感謝御礼申し上げます。日本の最西端の地 与那国島で日本を守る神男の男性からも、今回の祈りのエネルギーの大きさは素晴らしいですとご連絡いただきました。



私たち人間に与えられた意識には「時間」という概念が無いからこそ、時刻を決めてひとつの意識に祈り合わせることで、本人の意識の目覚めと共に、大いなる集合意識へ共振を起こし、未来の時を動かすことができます。

どうぞ、地球を救いたい、自分の土地を守り継ぎたいと願う人たちは、地球創生メルマガ(無料)へご登録下さい。携帯アドレスを登録されると祈りのその瞬間、すべてがひとつになる祈りのエネルギーを全身で体感することができるでしょう。

世界で起きている全ての問題を自分の心の映しだと学び、それを自分が住む土地や生活の中で愛に変える行動を実践しない限り、私たちが日本に生まれた魂の役目を果たせません。

すべての責任を自らの責任に置き換えて、愛があふれ喜びにあふれる人生にできるよう大きな心を地域の仲間と育てて下さい。

地球創生に向けて共に祈りを捧げて下さる全ての方々の思いが叶いますことを私も祈っております。



<神御礼>

御力(おんちから)、使いまして祈り合わせ下さいました全ての人々の御心、すべての神が見守りいたします。

一重の心、重ね合わせの心、すべての想いひとつになりまして愛と感謝あふれます。

ひとつの言霊、ひとつの想い、すべて神 聞き届けておりますことを全ての人へお伝え下さいませ。

愛溢れるこれからの行動全てをお守りいたします。

岩木の山守る神





◎地球創生基金にご支援をお願いします 
http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金
| ◎吉岡学 プロフィール | 北海道東北 自然神 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
http://blog.yoshiokamanabu.com/trackback/188
Search
Profile
Latest Entry
Category
Archive
Recent Comment
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
BOOK



Links
  • earthtscu.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM