CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 父方の先祖祈り | main | 2008年 八重干瀬(やびじ)・宮古島祈り >>
東京へ降り立ったときのメッセージ(2008.4.10)
宮古島から北海道へ戻る際に飛行機の乗り換えで東京に降り立ったときにメッセージが降りました。この内容だけは皆様へお伝えしておきます。なお全国から八重干瀬祈りへ祈り合わせ下さった皆様と感動の時間を共にできたことを心から御礼申し上げます。



◇メッセージ



今より”この時”の始まりである



全てにおいて”この時”の意味を知るべし



”この時”とは、鐘の合図と共に全ての魂が共鳴し合うときのことをいう



”この時”を待っていたものたちへ



全ての物事の存在意味を知る時がきた。それは全ての摂理を学ぶこと。探究や追求という遊びの時間は終わり、すべての摂理を知りその実践のために肉体を持ったことを思い出すべし



命御霊(人間肉体のこと)はある限り、共にその役目を終えるが本来の御霊は”その時”の全ての共振とともにそのつながりをさかのぼり、本来の役目を自らが気付く



愛ある時や完全な日を探し求めるときは終えて、今日がその日であることを知るべし



命御霊の逆らい(生きサガ)は失うものと知るべし

本来の働きをせよ



東京のこの地、いずれ無くなることを知るべし

天災・天変地異を望まずとも起きるべきして人間が起こす啓示なり

その意味意図を探りたぐろうともその真意にはたどり着けず



その本来の意味はおのが魂の中にあると知るべし

(全員知っているはず)



全ての行いの意味を問うならそのすべての責任を問うがごとく生きるべし



命御霊・生きサガなるもの動物の一部なり



天性真意なるもの おのずから溢れるがごとく気づくものなり



地を知り 天を知り 唯我独尊の道を歩くものも

そのつながりのもとは同じ



その意を悟り その時が始まったことをここに告げる









本来ならばその意味を時間をかけて告げるべきなのだろうが時間がないことが一番の理由である



その真意を知り気づくものはその道でできることを行動に移すべし



移り世なるこの現実を何の意味と問うものがあるが、その答えはおのが気付く道と知るべし



その道を知る者たちはもう歩きだしている



前を見よ



すべての物事はこれからおのが行う全ての行動が証となる



有意義な時間人生をなすかなさないかは、おのがしだいであるが、その意味、未来の道なくば意味をなさず



魂のつながりの意味を知ること



すべてのつながり 「ひとつ」の意味を知ること



母役・父役・子役の意味を知ること



ただの役目にあらず



全てにおいて役目であることを知るべし



メッセージを守るべし



| 関東 希望の光神事 | 22:01 | - | trackbacks(0) | |
この記事のトラックバックURL
http://blog.yoshiokamanabu.com/trackback/184
トラックバック