PROFILE

CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

LATEST STORY

CATEGORIES

recent comment

2014.09.17 Wednesday

祓戸四神の本当の意味

0

    奈良県で三輪山神事を終えた二日後の9月9日、愛知県の巫女四名と一緒に岐阜県にある位山へ向かう車中、私の身体はとんどん重くなり始めたのでパーキングで神々と対話することにしました。

    これから向かう位山の神々が先に伝えたい事があるのかと思って聞いてみるとそうではないらしく、もっと大きな存在達が頭の上に居るのだけはわかりました。

    そうなると、三輪山で始動させた生命エネルギーのことかと想い、「地上界全ての命を産み出すエネルギーに関係があることですか?」と問いかけをすると、一気に思考が鮮明になって神々の意思が身体の中に入ってきました。

    三輪山には愛知の巫女Aさんが宮簀媛を連れてきましたが、私の左脳は、「Aさんはハヤアキツヒメを連れてきた」と認識し、さらに、前日、愛知県の山に登った巫女Bさんの山には木花咲耶姫が祀られていた事を聞いていたのに私の左脳は、「Bさんはセオリツヒメを連れて来ている」と認識し、「セオリツヒメとハヤアキツヒメがなぜ位山神事に必要なのか?」と考え始め、祓戸四神をウイキペディアで調べ直しました。

    ※神々が私達の思考を通して「思わせる」という典型的なパターンです。


    (祓戸四神)


    瀬織津比売(せおりつひめ) -- もろもろの禍事・罪・穢れを川から海へ流す

    速開都比売(はやあきつひめ) -- 海の底で待ち構えていてもろもろの禍事・罪・穢れを飲み込む

    気吹戸主(いぶきどぬし) -- 速開津媛命がもろもろの禍事・罪・穢れを飲み込んだのを確認して根の国・底の国に息吹を放つ

    速佐須良比売(はやさすらひめ) -- 根の国・底の国に持ち込まれたもろもろの禍事・罪・穢れをさすらって失う



    祓戸四神の力は、人間が汚した様々な思いを山から川へ、そして、海の底の根の国に持って行って消す詔(みことのり)ですので、きっと、今回の位山神事で祓戸四神を使う必要があるから気付かせたのだと思い、四名の巫女にそれぞれの役目を与えてから輪になって祓戸四神の力を試しに動かしてみました。

    ???・・・不思議に、まったく何もエネルギーが動きません。

    あまりにもエネルギーが動かさなすぎるので、試しに、反対に動かしてみる事にしました。

    すると・・・・・

    とんでもないエネルギーが足元から身体を突き抜けて回転しながら天へ上昇していくではありませんか!!!

    これが、本当の祓戸四神の力なんだ!!!とわかりました。


    もともと命を産み出す身体を持っているのは女性ですので、命を産み出す最初の祈りは女性たちが祈っていたはずですから、根の国から命を産み出す重要な祈りは、この「祓戸四神」を使って女性達が祈っていたことがこれでわかりました。

    だからこそ、三輪山の力を奪った男達も神の名前を変える事ができず、意味を変えて、「払い神」として名前を残す事にしたこともわかりました。


    ◎もともと「根の国」という意味は、全ての生命や神々が生まれた「大元の場所」の意味で使われていますが、地球の生命エネルギーは核の中に地球全体の生命エネルギーであるマスターのパワーがあることは2007年の久米島神事でわかっていました。2007年の久米島神事の祈りのあとに「龍球王国の十五神」が生まれたことでもご理解頂けと思いますので改めてお読み下さい。

     

    http://earthtscu.jugem.jp/?eid=52


    (神メッセージ)

     

    ◎本来は、祓戸四神の本当の意味は、順番が逆。それにより、日本神話の意味が変わる。

     

    そして、ミロク神とミロク世の創りが始まる。


    では、「本来の祓戸四神の力」は、どう働いていたかというと・・・・

    ◎根の国である地球の核から生命エネルギーを受け取るのが速佐須良比売(はやさすらひめ)であり、その生命エネルギーを海の中一杯に満たして新しい生物を創り出すのが気吹戸主(いぶきどぬし)であり、海から生まれた生命が陸地に上がって生活するようになる為に必要な全ての命を産み出すのが速開都比売(はやあきつひめ)であり、地上界で生きる全ての生命に必要な川を産み出す山の神と天の神を繋いでいるのが瀬織津比売(せおりつひめ)だとわかりました。

    ※もし疑うのなら、ご自分でこの順番で意味を理解しながら祈りをしてみて下さい。女性なら誰でも自分の子宮を通してものすごいエネルギーが身体の中心をつき抜けてて天へ繋がるエネルギーを感じるはずです。


    祓戸四神の本当の力がわかったおかげで、三輪山で生命エネルギーシステムのスイッチを入れたからこそ、次に、命を産み出すシステムの操作方法を教えてくれたのだとわかりました。

    これからは、この「本来の祓戸四神の力」を女性達が使うことで、この世を「みろく世(ゆー)」にできることもわかりましたので、全国の地球を愛する女性達は、ぜひ、この新しい祓戸四神の力を使って新しい命の再生システムを全国各地で動かして愛のエネルギーに満ちあふれさせて下さいませ。



    国家神道を守って来た男性たちの「祓い神の力」も当然、ありますので、場所によって上手に使いわければ良いと思いますので、男女の役割を活かしながら力を合わせて祈りのパワーを使って下さいませ。

    2014年は、やはり、大きな物事が始まる年だと思っていましたが、これからが本番ですので宜しくお願いいたします!!!


    ◎地球を愛の星にするために祈って下さる全ての皆様にこのことをお伝えしたいので、どうぞ、たくさんの方達へこの情報をシェアして下さい。


     


    コメント
    コメントする