CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 2013年八重干瀬(やびじ)祈り フデ岩 | main | 2013年 宇天(うてぃん)メッセージ >>
2013 宮古島・伊良部の祈り 5 地球に人間が誕生した理由
2013年の八重干瀬(やびじ)祈りは、北海道に居る時から今回の祈りの最終目的が伝えられていましたが、宮古島に入った段階ですぐに具体的な指示が降りました。

 
◎4/8宮古島メッセージ・・・「一番古いのは誰だ?」
 
この言葉を聞いた瞬間に、宇宙の大元が地球の核の中に入れたエネルギー体のことを思い出しました。
 
実は・・・地球の核の中にいる存在は、「光の巫女」なのです!
 
この「光の巫女」を見た人がいるがどうかわかりませんが、「光の巫女」が核の中にいるからこそ、地球に生命が宿り、人間が誕生し、神が産まれたのです。
 
西暦2000年頃、全宇宙の創造主マスターから地球を作った時の目的や地球の成り立ち、そして、大宇宙の歴史に残る星同士の大戦争の映像を何度も見せられました。
 
その結果、この地球という星に人間がどういう意味と役目を持って産まれたかも教えて頂きました。
 
皆さんは宇宙にいた時代の記憶のほとんどを消されていますが、私は多くの記憶を思い出していますし、出会う方達の魂の繋がりと意味を日々、感じています。
 
地球上で人間だけに与えられた神と同じ力の「創造力」は、過去の魂記憶やカルマを超える為に肉体という三次元世界の繋がりを使って、「今」を愛と歓びに溢れさせることで、地球から宇宙全体のエネルギーを上昇させる為に人間は産まれています。
 
この地球に産まれた全ての人間の出会いや経験は、人間に産まれる前にも同様な経験をしているからこそ、過去の星の記憶を喜びに変えるために選ばれた人たちだけが今、地球に産まれていることも覚えておいて下さい。
 
これから地球の未来を導く力は、思想でも、権力でも、経済でもありません。
 
それらは全て、死後の世界には持っていけない現世だけのバランスだからこそ、現実を生きる為には必要ですが、生きる為に必要な食べ物くらいに思って上手に付き合って下さい。
 
地球の未来を導くもっとも重要な力は、なたの意思」なのです。
 
しかし、この「あなたの意思」が他人や守護神に繋がっていて、地球の生命エネルギーにも繋がっていることを理解できれば、地球という星さえも、宇宙全体を包括する大きな宇宙摂理の中で動いていることに気付くと思いますが、人間の神意識の祈りだけが未来を創造する豊かな心とエネルギーに地球を満ちあふれさせることができるのです。
 
人間の心がなぜ、突然、不安や怒りによって揺れ動くのか、理由を考えたことはありますか?
 
それは、地球の中にあるマグマのエネルギーと同様に、未来に対する不安と期待のエネルギーが常に動いているからです。
 
マグマのエネルギーが、私たち人間の魂記憶や思考に連動していることも覚えておいて下さい。
 
そう考えると、自分個人の勝手な思いが、地球内部から揺さぶられる地震や津波に連動していることに気付くと思います。
 
今まで許せた事が突然、許せなくなる時や、自分が決めた事でさえ急にやめたくなる感情は、あなたが過去に経験したカルマによる囚われが原因だからこそ、その思いだけを掴まずに、愛を信じて乗り越えることで、人間全体は「許し=神=愛」となり、さらなる進化の段階へ進むことができるのです。
 
話しを戻しますが、今回の宮古島ミッションは、地球の核に眠る「光の巫女のエネルギーを動かせ!」と指示が降りました。
 
思い返せば、2000年に核の中にいる「光の巫女」の存在を見せてもらったからこそ地球を守る決断をしたのですが、2007年の沖縄五島神事では、この「光の巫女」を守っている核の切れ目からエネルギーを吹き出させて新しい地球を守る十五神を産み出す結果になりました。
 
さらに、今回のミッションは驚きで、「光の巫女のエネルギーを動かせ!」という指示でしたので、とても悩みました。
 
具体的にどう動かすのかは龍宮底神の巫女と同時に、魂に取扱説明書がダウンロードされましたので、これから必要なことが起きた時には、どう「光の巫女」のエネルギーを使うのか知恵を授かるはずです。

 
4/13の淡路島地震と、4/17の三宅島、宮城県沖地震についてはご説明した通り、地底の神知らせだからこそ、「これからやるべきことに必要な場所を指示された」と思って下さい。

 
◎4/13朝、伊良部島の亀岩から龍宮底神と対話した全ての内容を公開します。
 
いつか時が来れば、来てくれるとは思っておりましたが、それがいつになるかは解らず、私達もそれを見守る、繋ぐ為にいる神として働いておりましたが、その時期がもうやって来たという合図なんですよ。
 
私は大神(島)の裏の巫女であり、それが繋がるフデ岩の神々達の場所に繋がる巫女でもあり、そしてそれが、地球の底神に繋がる龍宮巫女であり、そしてそれが淡路島より外れにある島(沼島)に繋がる巫女であり、そこから始まった神話が全て、あなた達が解いているものでしょう。
 
私が告げられる事は、この繋がりが復活したという事です。
 
それは、この国を創る時に、民を集める前にまず、なすべき事があったからこそ、その地の底の繋がりを繋ぐ神のサイン、そして、その印として沼島を創らせましたが、その繋がりを持つ民達が、うずくまっているという意味もあります。
 
そしてそれが繋がる場所がいろいろあるのですが、その守りとしてイザナギ・イザナミが始まりであるという言い方もありまするが、それはもっと古い神の名前のいわれがあるからこそでありまするが、それは命の始まりを束ねる神の元として、沼島を創っておりまする。
 
命の種の元として、命の種を産み出す母の子宮の恥骨のような役目が、淡路島の意味でありまする。
そして、今回のこの地震という形で出る結果においては、神が始まったという合図、そして、本来の繋がりが復活したというサインでありまする。
 
これから、山々の神に対して繋ぐ事もありまするが、それよりも先に、地底の神達から、それぞれの必要な場所に・・・須磨龍宮もそうですよ。
 
その場所も含め、たくさんの神のラインが下から復活させる為に、エネルギーが放出される事があるでしょうが、それは時に、小さな、わずかな噴火や揺れや、大きな天災といわれるきっかけにも見えるでしょうが、そのマイナスと思われるものとの違いは、そこには必ず神が立ちまする。その震源地には、神が立ちまする。
 
そして、その場所から繋がるものの働きによって、新しい国造りが始まりまする。
 
それが地底神、そして龍宮底神達の願いでもあり、それを守った民達が、沢山この島、日本、龍宮、それぞれの場所に生まれて、今も転生している皆さんがいるからこそ、その繋がりを繋ぐ時期が来たという事です。
 
そうです、龍宮底神の神を繋ぐ時期が来たという事です。
 
時がやって来ましたので、よろしくお願い致します。
 
いくばくの民がやって来た思いは色々ありまするが、その思いが何処から来たかよりも、この国、この土地で、何をしようとしているか、その事を一つ一つ解き明かし、その繋がりを繋ぎ直し、本来の地球を守る為に、そしてこの島、この場所において繋がる神の働きを働かす為に、その動きなるものを、自然界の流れに身を任せながらも、人間の意思、采配と合わせ、本来の動きに、生命循環ラインを復活し、全てのエネルギーを高める中で、おのずと人間の役目が上がる事を、我々も願っておりまする。どうぞ、よろしくお願い致します。

 
いくつもの神が発生する場所はありまするが、それが、ひとつは六甲山にありまする。
 
ひとつは、石鎚山にありまする。
 
ひとつは、北海道の阿蘇(羊蹄山の事)にありまする。
 
ひとつは、九州の阿蘇にありまする。
 
そして、中央におわします、富士の山の時代は、もう終わりかけておりまするが、その力をどこに繋ぐかを、皆、相談しておりまするが故に、神々と対話する者達は、その力のバランスを話し合う神会議も行って欲しいと思いまする。
 
「地龍」もおりまするが、それはこの地から、いろいろな場所に繋がる為に、飛び、また戻り、その動きをしておりまするが故に、その指示を出せば、働く者達でございまする。
 
その「地龍」を動かす為の弁天達が沢山おりましたし、その者達が、それぞれの場所で、その繋ぎをする為にいるからこそ、本来の地底龍、そして、龍宮底神、そしてこの現世を、龍宮の豊かな国にするように生まれた龍宮の場所、龍宮の国が日本だという事を、よく解って下さいませ。

 
 今の段階で決まったことは、日本に「龍球王国の十五神を降ろす」ことは決定しましたが、これも2007年当時は、絶対に、地上に降ろさない宇宙神として扱っていたからこそ、困惑しています。
 
しかし、地球そのものと連動している人間全体の意識の進化を目的にした相互覚醒・集合意識の書き換え・DNA遺伝子の書き換えについては、まだまだ必要な指示が出ると思いますが、期限が2018年までなので、今は目の前のやるべきことをしっかり取り組んでいくなかで自然に導かれると思っています。

 
「宇宙神」と呼ばれる神は、宇宙全体の多次元チャンネルの一定の周波数帯にいるエネルギー体たちですし、地球全ての自然界を動かす力を持っているほど大きな神ですが、「ウハルズの神」のように人間や生類の命を守る神もいらっしゃいますので、どうぞ、ご安心下さい。
 
人間が先祖に感謝する「人格神(先祖神)」や自然界を守る「自然神(龍)」、そして、地球と宇宙全体のバランスを整える「宇宙神」が、これからさらに動き出すと思いますので、自らの魂が決めてきた役目に目覚める人たちがもっと増えるはずですので、どうぞ、自分の魂の声を聞く練習を始めて下さい。
 
私に与えられた役目の期間はそれほど長くはないかもしれませんが、生きている限り、命がある限り、地球の未来を信じる仲間と心を合わせて下さる人たちがいる限り、精一杯、頑張りますので、どうぞ、これからもご支援・ご協力をお願いいたします。
 
※なお、4/14に宮古島空港で降りた大切な「宇天メッセージ」をまだお読みになっていない方は、どうぞ、こちらからお読み下さい。http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1417 これからについて大切な事を伝えてくれています。
 
皆様が過去の思いや感情に囚われずに、明るく楽しく美しく気持ちよく生きれるような世の中になることを心から願っております。いつも、ありがとうございます。
 
地球創生 吉岡学
| 宮古島・伊良部島 白龍の神導き | 11:11 | comments(1) | - | |
コメント
有難うございます。涙でいっぱい。頑張ります。
| ククリ | 2013/04/24 12:42 PM |
コメントする