CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 長野県 諏訪神事 3日目「聖母マリアとマグダラのマリアの統合」 | main | 淡路島・沼島(ぬしま)の島産み祈り >>
啓示 2012/7/24大地震の対応について
2012年4月26日に受け取った大地震の啓示は、次のとおりです。
 
地震発生時刻:2012年7月24日(火)午後3時過ぎ 
 
震度6以上の直下型大地震・ 大津波注意
 
震源地:富士山東部・富士山南西部・愛知県南部・白山西部の可能性大

 
この啓示が降りてからの三ヶ月間、関西・東海・関東・甲信越に住む人達と本気で神々に向きったおかげで様々な神メッセージと共に、大地震のエネルギーを転換する方法に気づくことができました。

 
5月26に関東・東海・関西の仲間達と富士山の裾野を守る神々に宣言したことは、自らが土地を守る龍の色役目を頂いたことで、互いの色の違いの力を合わせてひとつの意思として働くことを約束しました。

 
そして、6月24日に諏訪湖で7名の巫女が龍をどう動かすかを決めた内容は、7色ひとつひとつの龍の役目を一人一人が果たし、全ての色を合わせて「虹色の龍=レインボー龍」として全てを歓びに転換する祈りをしました。

 
6月2日に八丈島の神々から頂いた言葉の意味も、あとで正しくわかったので改めてお伝えします。
 
旧暦8月13日(新暦9月28日)に、この場所からエネルギーを吹き出しても良い」と神々が言った意味は、八丈島から噴火させても良いという意味ではなく、「伊豆諸島に吹き出しても良い」いう意味だと気づいたのです。※6/2の日記の詳細は、こちらを読み下さい。

 
現在までの神事で神々と話し合いで決まったことは、次のとおりです。
 
関西・愛知、静岡・富士山から黒龍につながるラインを全て繋ぎ合わせる祈りをしましたので、日本の地底を守っている地底神に、富士山の裾野に溜まっているエネルギーを逆流させて、伊豆諸島の海の中から溶岩を吹き出して新しい島を創る事に決めました。

 

 
残りの神事は、7月22日に関西の龍穴神社から「地底神」を守っている神に承認を得るために必要なことをするだけです。
 
大地震の啓示が降りてから、日本を本気で守りたい方達が心と神と力を合わせて行ったこの三ヶ月間の神事の結果がどうなるかは、7月24日の大地震の予告日当日と、伊豆諸島に噴火させても良いと言われた9月28日(旧暦8月13日)まで祈り続けて見守ることしますので、あなたにできる時間の中で心を合わせて祈って下さい

 
もし、震度4以上の地震が起きた場合は、その土地に地底神からのメッセージが伝えられていますので、その土地に住む人は、土地の底神が何を伝えたいのかすぐに聞き取って自分の出来る事を行動に移して下さい。

 
日本という土地を選んで産まれたあなたは、産まれた場所も、現在、住んでいる場所も、土地の神様に呼ばれて住む事になったのですが、住んだ理由は人のご縁だと思っていると思いますが、もっと大きな視点からみると、魂の役目を果たすために「大神の采配で動かされている」とお考えになって、住んだ土地の歴史を知り、先人の思いを理解する努力もお願いします。

 
日本を守る為に産まれたあなただからこそ、どうか,繋がる一人一人の役割の違いを尊重して心をひとつにして伊豆諸島に新しい島が出来る事を祈って下さい。

 
神事の中で美しい虹の彩雲を見せられたのも、虹は様々な色が重なり合うからこそ美しいように、人の心も同じように、7色の特徴のある人達が心をひとつに重ね合わせて祈ることによって、7色の未来が産まれることを教えてくれています。

 
これまで誰かに、「○色の龍がついている」と言われた人や、富士山神事で自分がどの色の龍に守護されているかを気づいた方は、人間と地球を守る為に働いている龍の役目に気づいて、自分自身が7色の龍のひとつの役目を果たす必要があることを気づかせてくれたのだと思って祈って下さい。

 
魂の祈りは、ただ世界平和を祈るのではなく、具体的に、誰が、何をすると世界が平和になるかを明らかにして祈ることが重要だからこそ、自分にできることを明確にして、心をひとつに合わせて祈りなさいと教えてくれているのです。

 
互いの違いを認めあえる尊い心の人たちだからこそ、その心をひとつに合わせて心の底から信じて祈りをすれば、地球の中のマグマを動かすことも出来ますし、その創造エネルギーで新しい陸地を海の中から作る事も私たち人間には可能なのです。

 
どうか信じて下さい、自分自身が、100%信じる力によって、現実も、未来も変えられるということを!
 
大神が伝えたいことは、ただ、それだけなのです。
 
私たち人間が、信じた方向へ全てが進むからこそ、どうか、一切の犠牲を出さずに、神も人も自然も、全ての物事が歓びになることを信じて祈って下さい。
 
祈りは、行動の始まりです。
 
次は、言葉を、そして、行動を変えましょう。
 
あなたが100%信じた言葉と行動をするだけで、未来は変わります。
 
そう、私たち人間は、自分が信じる未来を創るように産まれたのです

 
☆本州は明日、七夕ですから星に願いを叶えてもらってみてはいかがでしょうか?
 
 
 
☆地球創世活動を支援して下さる方は「地球創生基金」へ募金をお願いします☆
郵貯から郵貯は、記号19070 番号9613551
銀行から郵貯は、支店九〇八 普通0961355
| 地震納め・自然災害神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする