CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 叱咤と、神様の愛 | main | 2012年八重干瀬(やびじ)神事のメッセージ >>
ニニギノミコトからの「警告と発動令」
地球創生の巫女が降ろした言葉をお伝えします。
神様が、「吉岡さんに伝えてほしい」と、伝えてきた言葉は、「関東に宇宙からのエネルギーを降ろすのは4月末!4月末である。それをせねば、関東は守れない。4月末に、関東に、宇宙からのエネルギーを降ろす事が必要である。関東に定着させ、すぐ5月に、富士と全国に繋ぐ必要がある」とお伝えました。

ここに集う全国の皆様に、どうしても 知っていただかなくてはならないメッセージがあるので、シェアさせてください


光を降ろす日にちを、シェアしなさい

関東の者すべてに、全国の者々全てにシェアしなさい。
 
そうせねば、間に合わぬ。
今のままでは、まったく降ろせぬ、降ろせぬのだ。

降ろせぬと日本がどうなるか、伝えた筈だ。

この時期に、急いで、今、降ろさねば、もう、日本が守れぬのだ。

よろしく頼む。




関東の者に、申す。
4月末に、降ろさねばならないのだ。

降ろす準備の出来ていない、万端に整ってない大地に、
1000年以上も降りることがなかった壮大なエネルギーを降ろすと、
何が起こるか・・・。

よく聞け!

このエネルギーを今のおまえたちに降ろすと、倒れるぞ。

男柱が倒れ、巫女も倒れ
(人も)、それだけならまだよい。

網の敷かれてない
(日本全土に、水を、1人1人がつないで動き、日本列島に、光の通る道、を、網のように巡らす) 、準備の整っていない大地にそれを降ろせば、大地がそのエネルギーに耐えられぬ。

日本が、割れる。

地が、真っ二つに、割れるのだ。

終わりである。
(2ヶ月前、三輪の大神様にも、同じ事を、伝えられました) 


関東の者よ、よく聞きなさい。

われ、 ニニギノミコトなり。

関東に、4月末に、関西からの宇宙からのエネルギーを降ろすため、今、動け!

4月末まで、動き続けよ!
 
そうせねば、日本は、もう、守れぬ。

その宇宙エネルギーも、もう降ろせぬ。


そなたたちは、 

「準備をせずに、 終わるのか?」

「準備がハンパで、すべてが倒れ、終わるのか?」

「 一心に、一心に動きて、最期の機会と動きて、間にあわせるか・・・」

 
1人1人が、よく考えてやれ!
 
おまえが、決めることだ。
 (これを読んでくださっている方)

 
最期の機会が、もう1ヶ月ないのだ。

関東に、全国に、
網を敷くのじゃ。
水繋ぎの網をくまなく敷かねば、おまえたちは倒れるぞ!

準備が完全に整った万端な状態で降ろさねば、
大地は真っ二つに割れるぞ!

今、最期の一刻一刻、1日 1日、
おまえが、そなたが、これを読んだ者が、
どのように振る舞うか、あらゆる神たちが、あらゆる存在たちが、
宇宙も、お前たちを、見ておるぞ!

これは、「警告」である。

 
しかと、頼んだぞ!


そなたは、今、この時、今、この時のために、
自身を賭けて動くと、成すと宣言し、
誓って、切望して、切望して、
この最期の機会に転生してきた魂であり、
それが、今ココが、最期の時である。


一刻一刻 1日1日、最期の機会を‘どうするのか’、
神が、見ておるぞ!

誓ったおまえが、誓いをたてて生まれて来たお前がどうするのか、
何をするのか、見ておるからな!

これは、関東の者、全国の者への神からの「発動令である!」。

頼んだ。






今、私たち人間に神様が与えてくださっている選択肢は、 上に書かれています。

それぞれ、仕事や家庭や、やらなければいけないことは全員にあるけれど、残された1ヶ月無い25日ほどを、2度とない最後のこの25日あまりを、1人1人が、必死のパッチで水を繋いで 動いて動いて、なんとか間に合わせ、未来永劫愛と平和の弥勒世に、宇宙連合にも仲間入りするか、地球を、人間を滅亡させてしまうか選択せねばなりません。

微力ですが、私もがんばりますので、どうぞ、これをお読みくださったお1人1人の皆さま、よろしくお願いいたします。

追伸、神様がおっしゃってます。
‘どこにつなぐか’ ‘それで合ってるのか’ 考える間があったら、「動けだそうです。
張りめぐらせる土地全土に、網のように、神水を繋ぎなさい!ありがとうございます。
| 関東 因縁修復神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする