CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 池間民族 みゃーくづつ(宮古節)10/27-29 | main | ユークイ2007とニライカナイ >>
霊的意識から宇宙意識へ
一般的に、先祖霊が集まる所を”霊界”と呼びますが、沖縄では、霊界のことを後生(ぐそー:あの世)と呼び、先祖霊たちと交信して先祖からのメッセージを伝える職業の方を”ユタ”、または、”後生番”と呼びます。仕事として霊界と正しく交信できるようになるには長く辛い修行が必要ですが、生まれつき自分の世界観のなかで霊界と交信する周波数を持っている人たちも少なくありません。

子供の頃から霊が見える、霊の声が聞こえる人たちにたくさんお逢いましたが、一般の人には見えない世界とのつながりを幼い頃から持っているために、ほとんどの方が心の奥底に、”人に理解されない”という苦しい経験を持ったまま成長します。人に否定されるという辛い心の持ち主が大きな愛の道へ進むためには、まず誰かに大きな愛ややさしさで受け止めてもらう経験をしなければ、なかなか過去の苦しみを解放することはできないものです。

また、生まれつき霊的な体験がない方でも、誰かに強く非難されたり、誰にも言えない辛い経験をすると、そのことを心の奥底に押し込むために、心の奥底に”ブラックホール”ができてしまいます。大人になってもこの幼い心のブラックホールを持つ方は、自分の苦しみを誰かに認めてみらいたい、受け止めてもらいたいという気持ちの裏返しから、自分自身を傷つけたり、誰かの大切なものを壊したり奪ったりして、自己存在を主張を場合があります。

反対に、自分の心が愛を欲しがっているからこそ、誰かにやさしくしたり愛を与えることを強く望む方も多くみかけます。これは、「愛もやさしさも、自らが与えることで与えられる」と知っている子供の頃からの本能行動ですが、実は、純粋な愛には代償がありませんから、自分がしたことの代償を求めると、結果は大きな苦しみになる場合があります。代償を求めない愛とは何でしょう?それは、感謝です。感謝という言葉を頭のなかで知っていても意味がありません。「ありがとうございます」をすべての人に言える自分になることです。※その前に、「ごめんなさい」が言える自分になることも重要です。

すべての出来事に感謝できる自分になると、あなたの過去からの呪縛は、すべて解き放たれます。人間は、生きているからこそ、傷つけあったり、学びあったり、苦しめあったりという経験ができますが、それは魂のレッスンであって、私たちはその全てを経験して学ぶために肉体を与えられています。ただこの肉体には、「意志」がありません。”本能が、肉体”だからこそ、私たちには、意志、つまり、”心”が与えられています。心は、あなたの考えていることや創造する未来の方向に向かって働いています。

一般の方がよく勘違いしますが、霊や神様とお話ができる人がすばらしいのではなく、霊界や神様のメッセージをわかりやすく伝えることができる人が素晴らしいのだと思います。一般の仕事でも同じように、物事を難しく説明する人ほど、実は本当のことをよくわかっていないと思ったほうがいいでしょう。本当のことや全体のことをよく知っている人に聞くと、簡単に問題の答えを見つけてしまうものです。

話を戻しますが、「人の心」を導く仕事をする人たちは、経済的にも人間的にも現実社会で生き抜いた経験がないと、人を導くときに、必ず頑固になりがちですのでご注意下さい。メッセージの内容や霊的能力が高いか低いかよりも、バランスのいい感覚で実生活を望む人たちが多いですから。

沖縄の神人(かみんちゅ)たちに代表される霊的能力の高い人たちは、音楽や芸術のアーティストのように、なかなかメジャーに理解されない時代には、経済的にも生活のバランスを崩しやすいのが特徴です。アーティストは、自分なりの宇宙観や概念・理念を持って、絵や音楽で表現しますが、私たちの住む「心の世界」は、さらにさまざまな周波数があるからこそ、共に共振し合い、進化することができます。私も過去の自分を比べてみると、何度も大きな気づきや変化がありましたが、特に、写真を撮ったときに、霊や神様が、同じオーブ(丸いエネルギー体)に写ることを知ったときから、すべての見えない存在を好き嫌いで判断することをやめました。すべてのものが、ある一定の周波数によって、その形や大きさ・色で自らを表現していることがわかったからです。

霊との対話やその付き合い方を正しく理解できるようになると、その上に、人間が神とあがめた存在の「人格神」がいますが、その上にも、火の神・水の神・風の神・大地の神などの「自然神」が存在し、さらにその上には、「龍神」「鳳凰」など無限に「宇宙・宇宙神」がエネルギー体として存在しています。この段階まで理解できて、人の心を導くことができる職業の方を沖縄では、「神人(かみんちゅう)」と呼びますが、その実力のほどを一般の方が理解するのはほとんど不可能でしょう。その理由は、それぞれの人の役目が違うように、神人によって聞こえる周波数の音や声に違いがあり、さらに、それぞれの人のメッセージの意味を深く理解する知識や判断する基準が、あなた自身になければわからないからです。

私も今までたくさんのユタや神人にお会いしましたが、相互に理解しあうことを拒む方もいて、なかなか人間同士のお付き合いが難しいときがあります。宗教に依存されている方もそうですが、自分の信じている神を否定される事は誰もが嫌いますので、そういうつもりがなくても、そう理解されてしまうと人間関係が難しくなってしまいます。

宇宙のことをお話するときに、”宇宙意識”という概念を理解しなければ、すべての意味を理解することは難しいでしょう。私を含めてすべての人間は、その記憶を消されて生まれてきていますので、宇宙の記憶=アカシックレコードへアクセスするときに出てる膨大な情報を、今後、どう導くかが大きな仕事になりそうです。その理由は、『人間が存在している本来の役目を果たさなければ、この地球から人間という種族が消滅する』というメッセージをずい分昔から受け取っていたからです。このメッセージを受け取っている人は、私だけではなく、たくさんいるはずです。だから、たくさんの方たちが魂の目覚めをサポートする仕事に就いているのです。

以前、前世療法という形で、人間の過去世のセッションをしていましたが、もう、人間だけの学びをいくらしても、この地球の現状を見ると、間に合わないと感じています。何度も何度も、人間に生まれてきてチャンスをもらっているのに・・・。人間が一生のうちに経験することで、地球上で初めてのことなどほとんどないと言っていいくらい、私たちは何度も同じ経験をしています。だからこそ、本当の魂の目覚めをした方たちが、新しい行動を起こす時期に来ているのです。

行動を変える第一は、あなたの”普段の言葉使いそのもの”を見直すことです。あなたが思っていても人には言わない心の中の言葉が、地球上の周りに渦巻いていることをイメージしてみてください。そう、あなたが思ったことや心の中にある想いが、地球の全体意識を動かしているのです。

あなたの心の中が、愛にあふれ、やさしさと許しにあふれ、希望の光に満ち溢れていれば、必ず、この地球の未来は明るく輝くことでしょう。反対に、過去の出来事に執着して、苦しみの呪縛から離れられな幼い心をお持ちの方は、永遠に、その苦しみの葛藤の輪廻から抜け出すことができません。

人はいつも自分の信じたいものを信じて、そして、それを人に理解してほしいと願う心があります。その信じたいものが人それぞれに違うことを認めなければ、いつまでたっても、宗教戦争や個人批判がなくなることはないでしょう。

人間関係で一番もめる点も、同じです。否定されたと感じた幼い心は、永遠に、その相手を恨んだり、憎んだりすこともあるようですが、自分の信じたいものは、神や真実でさえ、ただ人間界のことであって、地球全体や宇宙全体の意味から考えてみると、その相違さえほとんど同じとしか見みえません。

心の葛藤や苦しみを誰かのせいにしている間は、あなたは、絶対に、幸せにはなることはできません。すべての出来事、すべての心の苦しみ、現実的に嫌いな人などのすべてが、全部自分の視点からみた世界観ですから、あなた自身の心の視点が大きくなれば、必ず、その全てを受け入れることを学べるはずです。

人間同士の争いを神や先祖が喜ぶ訳はなく、今より一歩成長することを常に願っているからこそ、ご先祖や神は、あなたに力を貸してくれるのです。

<学びの言葉>

○世界を支配したい人は、すればいいでしょう。その人は、世界のすべての責任を背負わされることでしょう。

○誰かを自分の思いどおりにしたい人は、力づくでもそうしてみればいいでしょう。あなたは、必ず、人にしたことを自分の身を持って体験させられることでしょう

○苦しみや悩みが誰かのせいだと思っている人は、必ず、その恨み心や憎しみを誰かから向けられる立場になることでしょう。

○自分だけ特別に扱って欲しいという心を持っている人は、必ず、誰かにその幼い心を利用されることでしょう。

○自分のことを全て理解して受け入れてくれる人はいないと思っている人は、一生かけて自分が思い込んでいる辛い気持を経験させ続けられることでしょう。


許すことを学びなさい

感謝することを学びなさい

全ての思いを手放すことを学びなさい

あなたは、”今の自分”を肉体が離れるときまで、持っていくのです。

だから、今、過去を手放しなさい。



今、すべての人に謝り、すべてのことを許して、心をゼロにしなさい。

その瞬間、やっと、あなたが望む人生が手に入ります。

すべてのすべてが、神と宇宙から与えられていることを魂が学びます。

宇宙全体に存在しているすべての存在と、地球に存在しているすべての存在が共存しあい、助け合い、バランスよく宇宙の調和が守られますよう、どうぞ、「11/17の地球と宇宙をつなぐ祈り」にご参加宣言をお願いします。


◎地球創生基金にご支援をお願いします 
http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金
| 心と魂の学び | 11:11 | - | trackbacks(0) | |
この記事のトラックバックURL
http://blog.yoshiokamanabu.com/trackback/114
トラックバック