京都に関わる重要な因縁
2011.06.13 Monday 11:11
6/14(火)は、大阪市住吉区で「地球創生勉強会」を開きますが、関西神事で最も重要な「京都に関わる重要な因縁」を話し合う時間になると思います。

 
関西全域(京都・奈良・滋賀・大阪・兵庫・三重・和歌山)の土地に残る因縁は、無意識領域を含めると日本人の約八割にも影響しているほどそのカルマ根深く、全国でも多くの方たちが色々なメッセージを受け取って走り廻っている人たちがいます。
 
このカルマの根源解放の為に、関西勉強会に参加した人たちの守護存在と繋がりながら話し合いを進めたいと思います。
 
関西在住の方は、全員が土地生まれのカルマを持って生まれているという認識が必要ですし、転勤や結婚で関西に住んでいる方でさえ、守護存在の導きで関西の土地に呼ばれた意味を理解して欲しいと思います。

 
関西の土地には、ヤマト(大和・倭)の国日本をひとつの国にをまとめ上げる為に、多くの人の命も、神の扱いも犠牲になった歴史があり、その全ての思いが裏表になって土地なのです。
 
例えば、天皇家の血筋争いによる末裔の因縁。
 
これは、二千年あまり続く最も大きな日本民族の無意識カルマですが、隠された裏の事実をたどると、関西の土地を目指した渡来民族にたどり着きますし、さらには、その渡来民族の精神的ルーツを遡れば、宇宙時代の星のカルマにまで影響している事まではわかっています。
 
関西近郊で遷都を繰り返した最後の場所「京都」を守る為に張られた陰陽師の五亡星の結界やその裏で働いている六次元の結界の影響は、今でも残っています。
 
細かい事を言えば、まだ他に何重もの「意識の結界」も張られています。
 
半年間、関西の土地の因縁を外す為に関西の人たちと歴史を調べまくり、神事を続けてきましたが、過去全ての「神仏統合」に一歩一歩、近付いています。
 
あなたが自分の守護神に導かれてこの勉強会が参加するべきだと思った方は、どうぞ、ご参加下さい。
 
翌6月15日からは、沖縄に入ります。
 
これも大きな神事を行う為なのですが、神事の目的は全てが終わって大神の承認を得なければ公開できないほど、神世界の過去の囚われを外す神事を行います。
 
この神事によって、女性たちの神働きが大きくなるとだけ、お伝えしておきます。

 
今は、重要な宇宙カルマの紐解きが一斉に始まった時期だからこそ、「地球を守る!」と決めて生まれた人たちの為に必要なメッセージは公開しますので、出来る事からすぐに行動を始めて下さい。
 
6/21(火)は、東京の渋谷で勉強会を開きますが、新しい日本人の意識を立ち上げる為に、見えない世界の重要な話しをするつもりです。
 
地球を愛し、日本を愛し、関東の土地役目を果たしたいと思っている関東在住の方は、どうぞ、お集まり下さい。
 
この歪んだ地球を再生させる為には、日本人一人一人の神意識を紡ぎ合わせる必要がありますし、関東という土地は日本最大の「意識のアンテナ」がある土地役目があるからこそ、関東在住の方たちが意識を繋ぎ合わせて、大きな働きをしなければいけない時期なのです。
 
地球創生の為に心を開き、意識を合わせる人たちは、どうぞ、お集まり下さい。

 
肉体を持つ神としての人間の御働きが問われている時期だからこそ、魂の役目を果たす準備ができたあなたをお待ちしています。
天地無限の神々が、一斉に動き出そうとしています。
 
宇宙に隠れている色々な星の宇宙船も、人間に姿を見せて良いという承認も出しました。
 
それは、皆さんを脅かす為ではなく、大切なことに気づいて頂くためなのです。
 
星を失い肉体を失った宇宙の意識体たちが、地球へ人間の魂として転生しているからこそ、宇宙の壮大なカルマが日本に集まっていることに気づいた人たちは、もう、どの星がどういう役目だとかを主張している時期ではありません。

 
星の記憶を持つ人も、自分なりの守護神を信じる人も、全ての人たちが意識を繋ぎ合わせて、意図(糸)を紡ぐように「新しい世界」をこの地球で実現させなければいけない時期なのです。

 
もし、そうできなければ、多くの人が命を失います。
 
日本だけではなく、地球上の全ての命の清算が始まります。

 
時間に限りがある肉体を頂いている意味にまだ気づかず、我欲の世界でしか物事を判断できないのであれば、地球上の全ての生命は消滅してしまいます。

 
消滅は、一瞬の出来事ですが、次の星への転生など無いと思って下さい。
 
この地球へ何の為に肉体を持って生まれたきたのか、本当は気づいている方も多いはずです。

 
色々な事が起きて現実を問われるのも、今、考え付かないほど素晴らしい進化を私たち人間はこれから出来る可能性があるからなのです。
 
その為にも「自分という枠」を超えて、全てを与えあう心を持たなければ、大切な命のひとつも守れませんよ。
 
本当に守るべきものは、物ではなく、お金でもなく、命でもないのです。
 
永遠に、この星が生き続けなければ、私たちが次に転生する星は無いのです。
 
どうか、その事に気づいて下さい。

 
今、本当に現実が問われている意味を・・・・・。

| ◎吉岡学 プロフィール | 京都 全ての封印解除 | - | - | pookmark |
Search
Profile
Latest Entry
Category
Archive
Recent Comment
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
BOOK



Links
  • earthtscu.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM