CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
全宇宙の始まりの真実を公開

解脱して創造主から直接、聞いた宇宙の始まりを初めて語る

「アカシックレコードワーク1の一部をご覧下さい!

「創造主・マスターが最初に創ったもの」

https://youtu.be/rIuVE7AFKw4

 

<天無神人アマミカムイ 全国イベント・神事情報>

○2月9日(日) 大阪 15:30〜18:00(開場15:00)

アカシックレコード 宇宙の全仕組みと13星団のカルマの解消1

宇宙の始まりから宇宙大戦争の全容を公開!

詳細はこちら

 

○2月10日(月)三重県 10:00-17:00

天無神人ガイドによる冬の御在所岳体感ワーク&温泉

三重県三重郡菰野町湯の山

詳細はこちら

 

○2月11日(火)東京

元松下政経塾長 上甲晃主催 第2回 国家百年の計の会に参加

参加希望者はこちらからお申し込み下さい。

 

○2月13日(木)東京 13:00〜、14:30〜、16:00〜

ヒカルランド主催/「魂の起源への旅」

天無神人アカシックレコードセッション 

ヒカルランドのお申込みサイトはこちら

 

○2月14日(金)東京 18:00〜21:00

ラジハピ  公開収録&交流会 限定6名
詳細はこちら!

 

○2月16日(日)東京 15:30-18:00

アカシックレコード 宇宙の全仕組みと13星団のカルマの解消2

十二支族のカルマ及び日本への影響を全てお話しします。

詳細はこちら!

 

○3月23日〜27日(4泊5日)

宮古島・伊良部島・ヤビジ祈り 

申込締切 1月31日(金)

1月23日で定員になりました、”キャンセル待ち”の方は、メールでお知らせください。

詳細は、こちらをご覧下さい。

 

○東京 4月4日

衝突する宇宙で おまえの魂をつなぎかえてやる!

超次元宇宙(ドクタードルフィン)と 超次元宇宙(アマミカムイ)の超激突! 

ヒカルランド主催 詳細と申込先は、こちらです。

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
旧正月(1/25)で裏門が閉まります!

新正月は、2020年の表玄関。旧正月は、2020年の裏玄関。

旧正月を迎えると、エネルギーが全く変わりますので、やり残しがないように旧暦の裏門が閉まる前に思いと物の整理して下さいね!

 

2020年も早や一ヶ月立ちますが、新暦のお正月と旧暦のお正月のちょうど間の期間なので、その意味を理解して上手に乗り切って下さい!

質問:「いつから日本は、新暦になったのですか?」

答え:「明治5年(1872年)12月2日までは旧暦(太陰太陽暦)で、翌日の12日3日から現行の太陽暦(新暦)になりました」ので、

まだ、140年くらいしか日本で新暦は使われていません。

沖縄は現在でも神ごと先祖ごとの全ての日取りを旧暦で行っていますが、本来、日本の四季や生命リズムを産み出す潮の干潮満潮に連動している旧暦こそ、農耕民族日本にとって重要な意味があります。

旧暦は、自然界の生命エネルギーに連動していますので、本能や感情、人間の生と死に大きく影響を与えますが、新暦は、地球以外の宇宙エネルギーに関係していますので、未来に向けた意識に大きく影響を与えています。

一般的に節分(2/3)を旧暦の元旦だと思っている方が多いようですが、実際には毎年、旧暦の元旦は変わっています。※六曜・月齢・旧暦カレンダー

 

2020年の旧暦の元旦は1月25日ですので、それまでに次の事を理解して心を整えて下さい。

新暦の元旦は、皆さんが未来へ向けた希望の時間なので、「表玄関の表門」と考えて下さい。

表玄関を「他人に見られたい自分」だとすると、「他人に見られたくない自分」は「裏玄関」の意味になりますので、あと10日ほどで「裏玄関の裏門」が閉まる時期を迎えます。

裏門が守っているものは、心の奥底にある一番弱い、人に見せたくない、知られたくない「自我の居場所」だからこそ、新正月が過ぎて、ここまでにあなたが感じた感情を振り返ってみて下さい。

心が安定していて、常に、愛が体に溢れていたでしょうか?

誰かにやさしくされたり、心が癒される時間が多かったでしょうか?

それとも、ブルーな想いを一人で抱えて悶々と過ごした時間が多かったでしょうか?

皆さんは、現実で起きていることのとらえ方を変えるだけで、未来を変えられることを知っている方達だと思いますが、もし、現実世界で起きることが自分の意識し続けた事を体験すると思っている方は無意識の事をもっと学んで下さい。

無意識にある世界をユングやフロイトは深層意識として説明していますが、過去世カルマや現世カルマが積み重なった世界が無意識の根底にあるからこそ、人間の心ができていることを理解できる方は、その無意識の世界の想いを変える為に人間が生まれてきたことまで気づいているはずですよね。

ということは、現実世界で感じることのほとんどは、自分でも気づいていない心の奥底にある「無意識の思い」が自分に感じさせているのですから、その感じた思いをそのままつかむのではなく、捉え方を変えることで次に体験する事を変えることができるのです。

新正月と旧正月に挟まれた時間は、表の意識と裏の意識のはざまだからこそ、意識と時間の影響から考えると、一番、ゆらぎが起こりやすい時期なので、今、感じていることが一年のテーマになると思って早く修正して下さい。

「そんなこと言われても急には変われないわ!」と言う人たち・・・いえ、いいんですよ、ずーーーとそのままの自我を持っていても・・・ただ、今年もまた昨年までと同じ辛い思いを繰り返すだけですから・・・(^^)

本当はそうしたくないの・・・、ただ私の事をわかってくれる人がいないだけなの・・・、だからもう人が信じられなくなって・・・・、自分でもどうしたらいいのかわからないの・・・・
こんな思いをもしあなたが抱えている人なら、あなたの自我の苦しみは家族や仲の良い人たちにも影響していますので問題を深刻化させていると思いますが、人間は色々な感情が出ても次のどちらかの方法を自然に選んでしまいます。

溢れてきた感情を見て見ぬふりをしてやり過ごすか、ひとつひとつの感情を真剣に向き合って苦しみながら学ぶかです。

溢れてきた感情をやりすごすタイプに多いのは、苦しくなると必ず誰かのせいにしたくなり、相手のせいにして感情的になる言葉を使いますが、誰かに感情をぶつけること事態が、自分の学びになっていない為に、結局、自分を正当化した分、何度も同じ事を繰り返して痛い想いを繰り返します。

ではどうすればいいかという結論ですが、「今までの自分の甘えの置き場所を変える」しか方法はないんです!

時間は常にどんどん前に進んでいますが、心が前に進まない理由は、自分の心の奥底に子供のような思いを正当化する「幼い心」があるからなんです。

その子供ような自分勝手な想いを手放せられれば、今年からあなたは大きく変われます!!

自分が今年、本気で変わる!と宣言したなら、相手を変えなくても、現実や環境を何も変えなくても、一瞬で、見えるものや感じるものが変わる体験をしている方が多いことも信じて下さい。

もし、そうならないのなら、意識した言葉よりも、無意識の思いが勝っているからです。

人生で経験することは自分の無意識に反応して誰かと何かを体験する時間だからこそ、見たい事を見て、信じたい言葉を信じて生きているなかで、自分の無意識が感じていることを自分が本当に知っているかどうかは、一人で落ち込んだ時に溢れ出てくる思いで気づくものです。

自分を正当化するのが悪いわけではありませんが、魂と心の成長から考えれば、落ち込む時間も、本当の無意識や自我に向き合う大切な時間だと思って心の奥底にある「幼い自分」と対話して下さい。

何度も同じ学びをしているはずなのに、まだ感情的な思いが出てくる人は、心のどこかに、「この人はわかってくれているはず!」という誰かへの甘えがあるはずです。親に対してや信頼している関係の中でもっとも問題を複雑化させている原因が、「甘え心」なんです。

この甘えを良い言葉で言えば「信頼」とも呼びますが、自分が信頼している相手への思いのなかに、「相手の100%自由行動」が入っているでしょうか?

そして、「相手の100%自由行動」を、あなたは、100%許せていますか?

もし許せない部分や変えて欲しい思いがまだあるのなら、その許せない部分こそ、自分の「甘え」だと気づいて、そんな自分に付き合ってくれている相手がいることに感謝して下さい。

お互いが、お互いの「100%自由」をもし許しあえている関係なら、それは、紛れもなく「愛そのもの」ですから、あなたは大丈夫ですので、どんどん先へ進んで下さい。

もう、幸せのレベルを無限に引き上げることができる時代に入りましたので、人間全体の為にも、どんどん次の進化ステージへ進んで下さい。

繰り返しますが、誰かに何か条件を出したい自分がいる限り、それがあなた自身の学びなんだと気づいたなら、なるべく早く相手に望む条件を減らすことが愛に近づく方法なんだと気づいて下さいね!

普段の生活では誰かの言葉や文字にした想いを信じて生きていると思いますが、人間という動物は実は葛藤した時の心の奥底に思っている思いが一番向き合うべきテーマだからこそ、両者の真我の思い違いを理解することがもっとも大切な作業なんです。

親子や恋愛相手や信頼している相手との感情トラブルの思いと言えば、わかりますか?

自分が信じていた事が相手に伝わっていると思っていたのに、実は、まったく理解してくれていなかったと気づいて、30年連れ添っ
た同士が別れることもありますが、よーーーーく考えてみると、そんな相手を信じた自分の愚かさを認めるのが先ですし、そんな愚かな自分を許して付き合ってくれている相手に感謝しないといけないんですよ、本当は!

じゃないと、この世の中であなたにとって、100%都合の良い人などいませんからね!

そうできない人はこれまでどおり、相手に合わせて表と裏の自分を使い分けて生きるしかありませんので、一生、あなたの人生が喜びにあふれることなどないでしょうね。

あなたにとって都合の良い星の王子さまは、決して現れないと早く気づいて下さいね!

昨年、ある会合の席で数名の男性たちに教えた言葉ですが、
「世界中の人が、もし自分だったらどう思う?」
と全員に質問した時、自分の心の奥底が思っている本当の思いに気づいてくれました。

良い時の自分だけを見ないで下さいね!最低の自分も含めて、世界中の人が自分ですよ!!よーく、考えてみて下さい。

もし、楽しくないなら、今の自分を変えるしか無いと気づくでしょ!

人と人は、常に、引き寄せの法則が働いていますが、実は強く思ったことで引き寄せているのではなくて、心の奥底で思っている無意識の思いが人を引き寄せている事に気づけば、落ち込んだ時ほど誰かに認められたくて、満足していない思いを誰かのせいにしている自分を反省するチャンスが与えられていると気づくべきなんです。

だからこそ、相手を変えようとするよりも、自分の心の奥底にある想いを変える気づきの時間が、あと10日ほどで終わるとお知らせしているのですよ!

この意味が理解出来ない方は、去年と同じように、都合の良い時は自分の思いを正しいと思い、都合が悪くなると誰かのせいにしたくなる自分がまた出ますので、早くその自分を手放します!と宣言することをオススメします。
そうじゃないと、今年もまた悩みながら相手を変えたり、環境を変えたり、仕事を変えたり、同じような事を繰り返す一年になりますよ!

新正月と旧正月の間の時間は、神様が与えてくれた意識の歪みタイムだからこそ、もう一度、ここで新しい年を迎える心になって、幼い心の自分を捨てて、新しくなりたい自分を明確にしてみて下さい。

自分に向き合う方法は、簡単です。一人で布団の中で想うのもいいですが、自己対話のやりとりをすべて文字に書き残す書式対話がオススメです。

一日も早く、心の奥底にある弱い、寂しい、わがままな声を聞いてあげて下さい。

「本当は、どうしたいの?」って聞く事が、まず大切です。

きっと、わがままをいっぱい言いますよ!

どんどん、誰かを責める思いが溢れるかもしれません。

でも否定したり、それは間違いだよって言ったらダメなんです。

ぜーーーんぶ、認めてあげて下さい。

だって、たくさん寂しい思いをしたんでしょ!

それを誰もわかってくれなかったんでしょ!!!

本当は、自分自身でさえ、なぜそうなったのかよくわかっていなかったからこそ、同じ事を繰り返しているんでしょ!

だからこそ、まず、愚かな自分自身を100%受け止めたあげて、素直に謝って下さい。

 

●あやまりの言葉(例)
「ごめんなさいね、私は本当に馬鹿だから、ついつい自分を犠牲にしたり、反対に、自分の我を相手にぶつけたりするので、大切にしたい人をいつも傷つけてしまうんです。自分の大切にしたい思いを伝えるのは下手なんだよね〜。でも、今年でもう、その自分とはお別れして素直になりますから、どうか宜しくね!今までぶっちぎってきた皆さん、本当にごめんなさいね!」

2013年2月1日公式ブログより転載
http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1387

 

<天無神人アマミカムイ 全国イベント・神事情報>

○2月9日(日) 大阪 15:30〜18:00(開場15:00)

アカシックレコード 宇宙の全仕組みと13星団のカルマの解消1

全ての魂の奥底に眠る記憶アカシックレコード初めて解析した天無神人アマミカムイが、創造主から教えて頂いた”宇宙の始まりの全ての仕組み”を全てお話しします。意識や魂が生まれた理由や星の誕生理由、そして、宇宙大戦争の鮮明な内容と13星団のカルマを正しく知ることで、あなたの魂のカルマが外れます。人類の新しい目覚めのためにお話しします。(会場)大阪市阿倍野区阪南町4-12-11 西村宅(西田辺駅から徒歩6分)(参加費) 一般 11,000円(税込)地球創生SNS会員5,500円(税込)

 

○2月10日(月)三重県 10:00-17:00

冬の御在所岳体感ワーク&温泉 

三重県三重郡菰野町湯の山温泉

自然界が見せてくれる冬の造形、水の結晶「雪」。この季節ならではの体感を楽しみましょう。条件が整えば樹氷も見ることができます。*御在所ロープウェイで行ける範囲。冷えた身体を暖める日帰り温泉入浴も予定しています。

(集合)名古屋駅10時出発で移動時間は約1時間。豊田出発組は現地集合(11時) 三重県三重郡菰野町湯の山温泉。ロープウェイ乗車時間 約15分(参加費)一般 33,000円(税込)地球創生SNS会員 11,000円(税込)*飲食代、入浴料は各自のご負担、車での移動等に関わる経費は人数割りとさせていただきますのでよろしくお願い致します。尚、懇親会は名古屋で行ないます。

 

○2月11日(火)東京

元松下政経塾長 上甲晃主催 第2回 国家百年の計の会に参加

参加希望者はこちらからお申し込み下さい。

 

○2月13日(木)東京 13:00〜、14:30〜、16:00〜

ヒカルランド主催/「魂の起源への旅」

天無神人アカシックレコードセッション 

ヒカルランドのお申込みサイトはこちらです。 

 

○2月14日(金)東京 18:00〜21:00

ラジハピ  公開収録 限定6名

ラジオdeハピネス主催の杉山明久実さんと天無神人アマミカムイの公開収録は、月に一度、未来に対してもっとも重要なヒントが聞ける特別な時間です。懇親会では、個人からの質問にも答えて下さいますのでぜひ、ご参加下さい。手作りの食事とプレミアムなお酒をご用意しています。ラジオdeハピネス公開収録 18:00-19:00 (開場15分前)ゲストと語らう食事交流会 19:00-21:00
(参加費) 11,000円(税込) (場所)「新宿オアシスハウス」東京都新宿区原町1-67 アーバングレイス 201(アクセス)都営大江戸線 牛込柳町駅 徒歩4分、地下鉄東西線 早稲田駅 徒歩10分

 

○2月16日(日)東京 15:30-18:00

アカシックレコード 宇宙の全仕組みと13星団のカルマの解消2

前回のお話しに続き、全ての魂のカルマになっている13星団が地球に転生してどのようなことをしてきたのかについて詳しく解説し、日本人に生まれた魂が持つ大きな役目に気づく、魂の目覚めの覚醒ワークです。過去の記憶を全て愛に変えて、未来に希望が持てる気づきを天無神人アマミカムイがサポートいたします。

(参加費と申し込み)

天無神人のイベントに初参加 22,000円(税込)

天無神人のイベントに参加したことがある人のリピート割 16,500円(税込)

地球創生SNS会員特別価格 11,000円(税込)

 

○東京 4月4日

衝突する宇宙で おまえの魂をつなぎかえてやる!

超次元宇宙(ドクタードルフィン)と 超次元宇宙(アマミカムイ)の超激突! 

ヒカルランド主催 詳細と申込先は、こちらです。

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
生きながらにして成仏

昨日(1月5日)の私の気づきを皆様にご紹介します。

<家の中で気づいた言葉>

気づき1、「親の精進(しょうじん)、子の精進(しょうじん)」

「精進」とは仏教用語ですが、以下の意味があります。

  1. 雑念を去り一心に仏道修行すること。

  2. 身をきよめ行いを慎むこと。

  3. 肉類を食べず菜食すること。

  4. その事に打ち込んで努力を続けること。

私がこの言葉を聞いてすぐに感じたことは二つの意味があると気づきました。

 

1)親が一生懸命に精進しても、子供は親の精進の気持ちを理解できない。

2)子供も自分なりに精進していることを親は理解していない。

つまり、親の心を子供がわからず、子供の心を親も理解していないという教えです。

どうぞ、ご自分の心に手を合わせて確認して気づいて下さいませ。

 

<家を出てすぐに気づいた言葉>

気づき2、「生きながらにして成仏」

「成仏」を調べてみると、煩悩(ぼんのう)を解脱(げだつ)して、無上の悟りをひらくこと。転じて、死んで仏になること。また単に、死ぬこととあります。

「生きながらにして成仏」を調べてみると、空海の教えに「即身成仏仏義」というものがあり、生きながらにして成仏できることが説明されています。

この意味は、私たち人間は、いつもいろんな思いに振り回されて生きていますが、本来、その思いはないものであり、掴んでいるのは自分だけの世界だからこそ、思いを手放して神仏と心をひとつになった生き方をしなさいという意味になると思います。

今あること、できること、今できないこと、無いもの、あるもの・・・全てが煩悩の自分が掴んでいる世界の中の出来事です。

○○○があれば・・・と思っていて、それを手にした人は、今度は無くなることを恐れます。

繰り返しているこの煩悩の世界をどう楽しく生きるかは、私は次の気づきで理解しました。

この世の中にあるもので、自分の体さえ、「自分のものなど一切、無い」ということです。

これはつまり、「ただ、ある」「ただ、いる」「ただ生きている」ということに感謝できる自分になると気づきます。

どうか、この世の中を苦しみに設定するのではなく、「全ては与えられていて、全てがある」という喜びに設定して生きて下さい。

神に気付かされた私は、また、新たな気持ちで、亡き父の命日に、この言葉を皆様にお届けできることが喜びです。

ありがとうございます。

 

天無神人アマミカムのお話を直接、聞いてみたい!という方は 以下のURLでイベントのスケジュールをチェック!

https://tsuku2.jp/events/eventsStore.php?scd=0000053498&oc=0003&pv=

毎月、東京・大阪・名古屋などで講演会やセミナーなどを行なっております。

 

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
全国の仲間たちに伝えた言葉

先ほど、全国の地球を愛する仲間たちが集う「地球創生SNS」の仲間たちへ以下のような内容を公開しました。

1人ではできないことをやるために2011年から続けてきた「地球創生SNS」も、進化の時期に来たようです。

共に、自分にできることを地域の仲間や全国の仲間たちと行動したい人たちは、「地球創生SNS」にご参加下さい。

2020年からは、いろんなことが大きく変わります。

自分が変わることに素直になった人たちと一緒に、地球を愛の星へ導きましょう!

●「地球創生SNSにご興味がある方は、以下のページから「メンバー登録」してご参加下さい。(有料サイト)

https://www.c-sqr.net/c/earthtscu/

 

<2019年12月22日の気づき>

今朝、朝食を食べていると、珍しく神様から昔の「映画 クレーマークレーマー」を観なさいと気づかされて、観ました。

映画のストーリーは、離婚した夫婦が、裁判で1人の子供を取り合う映画ですが、この映画に描写されているメッセージは、「人に対する素直な心の大切さ」を気づかせてくれた映画でした。

映画を観終わった私は、自分も映画のご主人と同じ、自分を正当化し続けて生きてきた”自分勝手な人間”だと気づきました。

そして、今までいろんな人の思いを自分勝手に判断し続けてきたことを振り返り、多くの人の心を傷つけてきたことに気づきました。

これからは、相手の気持ちに寄り添って話しを聞くようにしよう!」と決めて、パソコンを開くと、契約変更できないアメリカの会社からメールが届き、今回の変更理由を詳しく教えて下さいとメールが届き、驚きました。

一旦は、一切、ご返金には応じられませんと契約書を示した会社なのに、この急激な対応が起きた理由は、「自分が気づいていな大切な思いに気づいた証」として、神様がメールを届けさせのだとわかりました。(先ほど返金するとメールが届きました)

神々は、どんな手を使ってでも、私たちに気づきを与えて下さっています。

気づかないのは、自分勝手な判断をしてしまう愚かな自分だからなのだと思います。

私も今まで何度も大事な時期に、大きな気づきを頂いてきましたが、ついつい、「相手に寄り添う優しさ」を忘れていました。

今も、こうして地球創生SNSにいて下さる皆さんと、過去にいらした皆さん、そして、これまで個人的にも仕事上でも出会ったたくさんの皆さんに、心から申し訳ないと思い反省しました。

反省したらすぐに自分を変えるのが、私のやり方ですので、すぐに100%はできないかもしれませんが、改めて、以下のように心がけて生きようと思い、ここに宣言いたします。

1、自分にも、他人にも、正直に生きることを基本とします。

2、相手の気持ちを考えて、お互いにもっとも大事なことは何かを見誤らないよう心を添えて話し合います。

3、自分だけが”やらなきゃ!”と思うのではなく、もっといろんな人たちがやりたいことをできるようにサポートします。



「地球を救います!」と1998年に宣言してから多くの人たちといろんなことをしてきました。

地球を救うには、まず、「人間が変わらなきゃ!」、そのためにも自分ができることを一生懸命にやろうと決めて20年間、走り続けました。

でもいつも、一定の人数のところで止まり、同じ人たちだけが仲良くなり、大きな愛の輪になっていきませんでした。

その理由は、私自身だと気づきました。

自分だけが、地球や人のことを真剣に思い込んでいると勘違いしていたうえに、それ以外の人たちのことを、心の底から寄り添って考えていなかったことにも気づきました。

●「地球を救う」という言葉の「地球」を「人間」に置き換えて頑張ってきましたが、「自分」と置き換えるとたくさんの学びがでてきます。

私が地球を救うのではなく、皆さんが地球を本当に救いたいと思えるようになるためには、私がもっと、相手の気持ちを汲み取って接することが大切だと今日、気づいたのです。

「私が変われば地球が変わる!」

「自分が変われば地球が変わる!」


これからはこれくらいのトーンで行こうと思っています。


新しい気づきをさせて頂いた神様たち、ありがとうございます。

いつも素敵なアドバイスをし続けてくれた人たちの思いを無視してしまい、本当に、ごめんなさい。

また一歩づつ、自分のできることを進めていきますので、皆さんも私にできることで、一緒にやりたいことがあれば、どんどんご提案下さいませ。

地球創生SNSがご縁で、全国で知り合いになった人たちも、どんどん人の輪を広げて、自分が住む地域の人たちとやりたいことをして下さい。

知らない人同士がやりたいことを支えあい、協力し合うことで、1人ではできないことを地域の仲間や全国の仲間たちとできますので、自分がやりたいことを出会った仲間たちとどんどん話し合って行動して下さい。

私は、もう一度、自分をリセットして、「2020年からの新しい自分」を準備しています。

最後に、12月のスピリチュアルカレンダーのメッセージは・・・

眩しくとも目を閉じずに
光の奥を見据え、
本当の光を見つけなさい
希望の光を


やっと、冬至に、言葉の意味が理解できました。
それが、今日の気づきです。

皆さんとこの感動を分かち合えることに感謝いたします。
ありがとうございます。
 

●「地球創生SNSにご興味がある方は、以下のページから「メンバー登録」してご参加下さい。(有料サイト)

https://www.c-sqr.net/c/earthtscu/

 

 

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
ご注意!覚醒体験が始まっています!

ここ数ヶ月間で、私の周りの人たちに、「覚醒体験」が始まっている人が増えていますが、私の周りにいる人で、1人に起きたことは、日本中でも1万人以上、同じような人がいることを知っているからこそ、皆さんのためにお伝えします。

あなたが大丈夫でも、お友達やご家族に、もし同じような体験をしている人がいたら、天無神人のプログを読みなさいと教えてあげて下さい。

ご本人は、起きていることの意味が分からず混乱しているようなので、私の体験を踏まえてここで意味を詳しく解説しますので、どうぞ、素直に受け取ってスムーズな意識覚醒の階段をお進み下さい。

 

まず、以下の症状が続いている人は、ご注意下さい。

(症状)

1)何時に寝ても、夜中2時半前後に突然、目が覚めることが多い。

2)感情のアップダウンが激しく、自分でコントロールできず、周りの人に思いをぶつけてしまう時がある。

3)今の自分が正常なのか、これで良いのかを深く悩んでいる

 

今の時期(2019年10月くらいから)は次のステージへ進むためのエネルギー急上昇の時期だとラジハピでもご紹介していますが、今日お伝えしたい特徴的なことは、夜中の2時半前後に目が覚めるという点です。

昔から夜中2時から2時半の時間帯は、「丑三つ時(うしみつどき)と呼ばれ、霊界の扉が開く時間帯として有名ですが、神霊界を含めて無意識の世界に入ってしまい、人によって様々な体験をする時間帯なのです。

だからこそ、「子供は早く寝なさい」と教える必要があるのです。

現代の子供たちはスマホ遊びで遅くまで起きていますので、霊界に引っ張られやすく精神的に不安な状態になりやすい丑三つ時のことを親も正しく学んで、子供達の夜のスマホは取り上げて厳重管理して下さい。

 

(丑三つ時に起きる事例)

事例1)毎夜毎夜、苦しい夢や辛い夢を見る

事例2)いろんな映像のビジョンがいくつも見える(白黒とカラーがあります)

事例3)金縛りにあったり、幽体離脱することがある

 

霊界も神界も、色々な次元チャンネルがありまして、守護存在や先祖に導かれる人もいれば、浮遊霊の寂しい悲しい次元の人たちに同調してしまう人もいれば、もっと深く苦しいダークな次元まで連れていかれる人もいます。

中には、知っている神様や仏様の映像が見えて何かを言われたり、過去に付き合った人たちの顔が出てきて昔の思いを問われたり、あなたが信頼している人たちがビジョンで出てきて、いろんなことを言われる場合もあります。

 

専門的にそれぞれの意味を詳しく解読することはできますが、まず今、あなた向き合わなければいけないことだけをお伝えしますので、すぐに実践して下さい。

まず、気づかなければいけないことは、今、あなたに起きていることの理由です。

 

(ビジョンやメッセージで伝えられる理由)

「あなたの今までの自分の価値観で生きることをやめなさい」という意味がまずあります。

 

あなたの価値観が変わらない限り、守護存在たちが今よりも良いサポートをしたくてもできないし、あなたが今までの価値観を変えない限り、大切なメッセージを聞き入れないからです。

眠たくて辛いと思いますが、この時期に起こされている理由は、今のあなたよりもっと素晴らしいあなたになるために、全ての守護存在たちがサポートに入っているのだと認識して下さい。

 

守護存在たちは、あなたが夢の中で会話できなくても、思っただけですぐに伝わりますので、自分がなぜそう思うのかを、何度も深く考え直して、自分の好き嫌い、許せる許せない、という自分を正当化する価値観を変えて素直になって下さい。

もっとも素直な状態とは、幼稚園児や小学生低学年くらいの「素直さ」になれれば、100点満点です。

そうあなたがなるまで、守護存在たちは、あらゆる手を使って、あなたのために気づきを与え続けて下さいます。

 

夢の中でビジョンやメッセージを受け取る意味は、寝ている状態が「無意識」になるからこそ、あなたの強い意識や理性が休んでいるときにしか、サポートできない時間だからこそ、今、あなたに伝えてくれているのです。

 

人によっては、毎日、ゾンビを見たり、死ぬ、殺されるという苦しい映像を見る人もいると思いますが、それはあなたの心の奥底にある思いが霊界に同調している結果なので、過去に思った全ての思いにお詫びして、全てに感謝できるまで、「ごめんなさい」と「ありがとうございます」を唱え続けて下さい。

 

私は15歳の時にこの体験をしましたし、さらに、解脱する前の2000年にも同じ体験をしていますので、良くわかります。

睡眠時間は毎日、2・3時間しか寝れず、ボーとしながら生きることが辛くなっていたことを思い出します。

家族や周りの人に話しても理解してくれる人はいないからこそ、こうして私があなたに伝えているのです。

 

この夜中2時半前後に起こされる体験は、実は、覚醒の時期でもあるので、「必ず、全てを受け入れて素直になり、乗り越える!」と決めて、寝て下さい。

戦いや葛藤は、何の意味もありません。

 

あなたの意識さえ寝ている時間ですので、あなたは無意識な世界の中で自分の思い方を変える訓練をしているのだと気づいて下さい。

どんな人にも、「思い方」には、個人の特徴的な癖があります。

それは過去自分が体験してきたことの思ってきた結果であり、それがあなたの価値観となっているからなのです。

 

眠たくて辛いかもしれませんが、今が、頑張りどころです。

睡眠薬を飲んでも、全く効果はありません。

だって、睡眠薬は無意識には効きませんもの(^^)

 

無意識の世界にアクセルするチャンスを頂いていると思って、真摯に夢の中の存在に向き合ってみて下さい。

あなた戦わず、正当性を主張せず、素直になれた瞬間に、見る夢も、現実に起きることも一気に変わります。

 

それまでは、あなたの自我の戦いですので、勝てないことを先に教えておきますので、もっと素直になって下さい。

自分は素直だと思っていても、実は、誰かにとっては、とても頑固な人だと思われていることにも気づかず、その頑固さを変えようとしないあなたは、現実が今よりも苦しい時間になることも覚えておいて下さい。

 

今、覚醒の時間に入っている人たちは、学び終えたら魂の大きな成長がありますし、現実も考えつかないほど素敵な時間に感じられるようになることをお伝えしておきます。

 

どうぞ、寝られない時は、天無神人のYoutube を見るか、本を読むか、メッセージが降りた人やビジョンを見た人は、その記録を全てノートに記録して下さい。(あとで貴重なデータになります)

 

魂の覚醒の時間に入っている人たち、おめでとうございます。

2020年は、あなたにとって素晴らしい年になることをお約束してします(^^)

※どうしても私に相談したい人は、ライフコンサルティングを受けて下さい。

 

●天無神人YOUTUBEチャンネルにご登録下さい。

○新しい地球創生メルマガにご登録下さい(無料)

 

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
北海道胆振東部大地震(2018年9月6日)の鎮魂祈り

2018年9月6日に起きた北海道胆振東部大地震の鎮魂のため、9月5日は、北海道苫小牧市にある樽前山に登り、自然界を守る神々と対話しに行きました。

神々は、日輪でお迎えして下さり、あらゆる神の化身を雲や太陽の光で見せて下さり、奥宮では神言葉が降りましたので、後日、公開いたします。

樽前山 溶岩ドームの様子 https://youtu.be/xDX6ApJr6ts

2019.9.5 苫小牧樽前山奥宮祈り<神言葉>

 

( 口笛 )

眠りから覚めるようにこの山を守り続け、

この度、また新たな光の知らせがやって来ると聞いておったが、

そなたがその知らせを伝えに来たのか?

 

そうでなければ、さもなくば、
この世の終わりの噴火をするのか?

 

そうではないな。

そうではないのなら、これから、どのようにこの地を守り、
この地を繋ぎ、この繋がりと、このエネルギーを生み出す場所を
どう扱うのかを教えて欲しくお願いする。叶いまする。

 

( 宇宙語で神へ思いをお伝えいたしました。 ) 


<龍球王国を支える神の役目>
アマミキヨ 南を守る神 発祥の地を守る神
クニトコタチ 東北を守る神 宇天と地球を結ぶ神
スクナヒコノミコト 東を守る神 海と水を守る神
オキクルミカムイ 北を守る神 山と底を守る神
ウハルズの神  西を守る神 生類全てを守る神
ウエノキヨメの姫 天上界を清める役目
アガリキヨメの姫 全ての御霊を清め上げる役目
ミタマミガキの神 人間の御霊を磨き上げる役目
タチクルメの姫 すべての和合調和の役目
スサノオウ  全ての底を救い上げる神
ニレハレの神 太陽と月を守る神
コレカナメの神 創造主とのつながりを守る神
ウメノカナメの神 すべてに希望を与える役目
コノハナサクヤ姫 全てを喜びに変える役目
龍王神 龍王神界と王を守る神

いつもありがとうございます  真栄王

 

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
沖縄は世界の歴史の縮図

沖縄が大好きな全ての人たちにお伝えします。

15年間、毎年、何度も沖縄に通い続け、地元の神役目の人たちと神事をしてきた人間だからこそ、今、初めて本当のことをお伝えします。

これからお話しすることは、過去、全ての思いを守ってきた全ての神々の承認を取っておりますので、誰も、この事実を否定することはできないと思いますので、どうか、神の思いをそのまま素直にお受け取り下さい。

 

<沖縄の真実 1>

「日本列島が世界大陸の雛形」となっているからこそ、「日本人は世界を導く民族」と以前からお伝えしていますが、実は、沖縄の島々も「日本列島の縮図」であると同時に、「世界大陸の縮図」として、土地と神の思いにその記憶が残っている島なのです。

詳しく知りたい方は、6000年前にやってきた民族が残した記録を読み取った本「【宇宙の創造主:マスター】との対話1  大巫女と天皇家こそは地球継続の鍵」をお読み下さい。

https://tsuku2.jp/ec/viewDetail.php?itemCd=51004197055152

 

あなたが通いたくなる沖縄は、あなたの過去世の記憶を思い出す鍵となる島であり、当時の記憶を思い出す必要があるからこそ、沖縄が気になっている人たちは、すぐに行動して下さい。

(目覚めの時)

あなたは、過去世の思いを全て愛と感謝に転換するために生まれてきたうえに、今、沖縄に行きたくなっている人たち全てが、沖縄にある「あなたの過去の思い」を守っている存在たちからメッセージを受け取る必要があることにも気づいて下さい。

(ご注意)

沖縄の聖地に入る時は、「沖縄のルール」と「島ごとのルール」がありますので、必ず、地元の人に失礼が無いように誰か地元生まれの神役目の人に道案内をお願いして下さい。(※沖縄で鳥居を見たら、決して、くぐってはいけない場所の意味)

 

沖縄生まれの人がヤマトの人を連れて聖地に入る場合、誤った導きをすれば、必ず、現実ごととして家族や身の回りにトラブルが起きて「お知らせ」が入りますが、それが土地に生まれ、ご先祖の思いを守る役目の人たちだからです。

沖宮の神人(カミンチュ)制度も解散しましたが、決して、神迷いしている人たちの神言葉を信じないで下さい。

正しい神導きができる人の基準は、「自分以外の人の悪口を言わない人」ですので、ご判断して下さい。

これまで多くの人たちが、沖縄のルールを無視した祈りをして迷惑していることを私は地元の人たちからたくさん聞いていますので、どうか、心根正しい地元の人の出会いと導きがあることを祈ります。

 

<沖縄の真実2>

沖縄には6000年前に「神」の概念を伝えた大巫女たちがやってきた記憶は、「来間島(くりまじま)の来間御嶽」の神様が守っております。その大巫女たちから果物や穀物の種を受け取ったからこそ、命が繋がったことを神様は教えて下さいました。

沖縄本島にある「ニライカナイ伝説」と同じです。

●来間島 神事の記録(2012年10月神事)

http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1355

この神事のご報告の中にある「原初キリスト意識」は、現在のキリスト教ではなく、もっと古い時代に神の思いを伝えた人たちのことです。

沖縄本島の歴史書の「おもろそうし」にも書かれているように、戦いに負けた民族は歴史書を全て燃やされたとしても、後から来た人たちが事実を捻じ曲げたとしても、決して消えない思いが「歌と踊り」に残っています。

魂の響きに聞こえる沖縄の歌の思いをどうぞ、下地暁(しもじさとる)さんの声と唄からお聞き取り下さい。

●とうがにあやぐ(下地暁)

https://www.youtube.com/watch?v=depEC79niS4

●下地暁HP http://shimojisatoru.jp/

沖縄の歌と踊り以上に、古い人たちの思いが記憶されているのが、「祈り」の中でささやかれる神言葉です。

長い間、沖縄の神人(カミンチュ)やユタと祈りをしましたが、その女性たちを通して伝えてくる古い神役目の言葉は、古琉球時代の祈り言葉だったり、それ以上古い人たちの言語も聞こえてきます。

古い言葉には、過去に住んでいた人たちが大切にした思いが残っているからこそ、歴史書には書かれていない多くの真実を知る鍵となりました。

どうぞ、沖縄の魂の唄をゆっくりお聞きになり、あなたの大切な目覚めのスイッチを入れて下さい。

 

<沖縄の真実 3>

今回、初めて公開する事実は、4000年前に日本へやってきた人たちの思いです。

6000年前は、女性たちが全てを支配していたアマゾネスの時代であり、その女性たちが奴隷として扱っていた「男たち」が、女性と対等になった時代が4000年前なのです。

「女神信仰」と「男神信仰」が、同時にあった時代のことです。

4000年前の人たちの記録は歴史書にも残っていませんし、なぜ、そうなったのか誰も知りません。

※真実は、スピリチュアル大学校の授業でお話ししています。

2019年7月に、4000年前のお話しをお伝えしている理由は、これからの時代は女性たちの目覚めが世の中の鍵となるからこそ、お伝えしています。

同じ過ちを二度と繰り返さない為にも、地球に人類が存続し続けられる為にも、どうか、4000年前の記憶と、2000年間の「男支配」の時代が終わった意味を感じて下さい。

男性を奴隷として扱っていた時代の記憶がある女性たちや、男性と共に仲良く暮らした時代を思い出した人たち、そして、そのあとに男性に裏切られ女性を奴隷のように扱ったと思っている女性たちは、ぜひ、沖縄へ行って、自分の魂の記憶を思い出し、過去の経験を愛に転換して下さい。

あなたが気になる島が、あなたの魂が呼んでいる過去世の記憶の島ですので、どうか、自分の思いに素直に従って沖縄の地でお詫びと感謝の祈りをして下さい。

2019年7月1日から始まった新しいエネルギーは、明確に、新しい時代を導く素晴らしい愛のある女性たちの目覚めの扉が開きましたので、「自分が愛と感謝そのものになるために」沖縄の地へお詫びと感謝に行って下さい。

そして、海に、空に、沖縄生まれの島の人たちに、そのお礼とお詫びの心で接して下さい。

もし、沖縄本島でレンタカーを借りる人は、「沖縄 恩返しプロジェクト」でスタートしたレンタカーをご利用下さい。

正式には8月1日からですが、仮のHPをご覧になって、メールでお問い合わせ下さい。

●「沖縄の海と空にありがとうレンタカー」

https://umisora-rentacar.com/

ご利用いただいた料金の一部を沖縄の地域支援活動に寄付させて頂くためのレンタカーですので、どうぞ、ご利用下さい。

 

地球創生基金 記号19070 番号9613551
支店名九〇八 普通口座 0961355

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
究極の幸せや喜びは思考によってのみ得られるもの

https://grapee.jp/687764?fbclid=IwAR3rdJDYgX-zhqB2nJoUmV7PxhPw_Il0hBBmVBfptpiRzPaVF764qxSXBO8

ダライ・ラマ法王 は、2月11日に ダラムサラ の公邸で行われた講演にて、ドラッグ、アルコール、お金から幸せは得られない、また宗教への信仰心から得られるものでもない、究極の幸せや喜びは思考によってのみ得られるもので、頭脳を使い科学的に考えことが重要、神仏に祈る必要もないと説かれました。

ドラッグやアルコールやお金から幸せは得られません。究極の幸せや喜びは、思考によってのみ得られるのです。そして、宗教への信仰心から得られるものでもないのです。


信仰するのではなく、考えなければなりません。我々人間の頭脳を使い、科学的に考えなければなりません。神様や仏様に祈る必要はないのです。


その点において、釈尊は非常に賢明でした。「私は人々の苦しみを取り除くことはできません。私は人々の否定的な感情を洗い流すこともできません。私は私自身の心の平穏を人々に与えることもできません」。


釈尊は、ご自身の経験を元にした心の平穏を得る方法を、ただお示しになったのです。素晴らしいですね。


1人の人間としての釈尊であり、神様ではありません。


この言葉の真意は、宗教や祈ることが悪いとか、お金が悪いとかの意味ではなく、自分が幸せを感じるために考えて、色々やってみることが大事だという意味です。


釈迦は、自分で祈ることが幸せだと気づいただけのことで、それを教えとして唯物主義にしたかった訳ではありません。

私は昔、釈迦に直接、聞きましたが、釈迦は、死ぬギリギリまで悩んでいました。彼の悩みはこうでした。


私だけ、なぜ裕福な家に生まれたのだろう?


私は何も不満を感じていなかったが、民の苦しみを知った時、知らなかったこと、つまり、「無知」こそ、無慈悲だと自分は感じたのです。
それから自分に何ができるかインド中を探し回り、自分が感じたことを民に伝えていました。


どんどん民は求めることが大きくなり、その要求に答えることが苦悩になってきました。


私は、民の思いを知ることや、その思いを背負うことが私の運命なのかと、悩みました。


悩んで、悩んで、悩んだあげく・・・


疲れて、菩提樹の樹の下に横になり、そのまま天へ召されました。


その瞬間、わかったのです。


これが、幸せだと。

自分が感じる幸せ(平穏)を得た人は、その幸せを誰かと「共有」したくなるものだからこそ、その共有方法は、時代によって大きく変わっています。

宗教に宗教に所属していることが幸せなのか?
地球創生SNSに所属していることが幸せなのか?

違いますよね?

あなたが思った幸せを共有するための仲間が、地球創生SNSにいるだけです。

だからこそ、常に、「自分の幸せ」をよく考えることが大事だという意味です。

もし迷った時は・・・

1、自分の幸せは何か?を自分で確認して下さい。
2、自分の感じる「幸せを誰と共有したいか?」も考えてみて下さい。
3、自分の幸せをたくさんの人と感じたい人は、どんどん地球創生SNSで発信して下さい。

私は、皆さんと、幸せを共有することが幸せなのです。

 

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
新しい「令和のエネルギー」に乗れてますか?

2019年5月1日から始まった「令和の新しいエネルギー」に、あなたは乗れていますか?

新しい天皇に変わったことで、日本人の精神性や意識に大きな変化が起きていることを、実感できている人はどれくらいいるでしょうか?

 

私には、未来を予知する力がありますので、「2019年から新しい大きな意識エネルギーが動きだす」とわかっていたので、2018年の未来予知情報を「ラジオdeハピネス」を通して多くの皆さまへメッセージを伝えています。

 

まだ、ご覧になっていない人は、ぜひ、過去の動画をこちらからご覧下さい。

 

皆さんの現実世界で、わかりやすい事例としてチェックして欲しいことは、古くから付き合いがある人たちとの関係や、新しく出会った人たちとの関係を冷静に見れば、ハッキリその変化が出ているはずです。

 

「令和の新しいエネルギー」に乗り切れていない人たちの共通点がハッキリしましたので、ここでご紹介します。

 

1、今までとても仲良く関わっていた人と、急に会いたく無くなったり、誰かを責めたり、自分がしていることを自問自答し、過去に何度も繰り返している自分の「悪い思考パターン」にハマってしまっている人たち。

 

2、何か、新しいことにチャレンジしたり、世の中のためや、人の為に尽くしてきた自分が、急に、そのことに関わりたく無くなってしまい、身を引いてしまった人たち。

 

3、自分の居場所が無いと感じたり、今の会社や仲間たちとの関わりを辞めたいと思って、別れを言い出してしまった人たち。

 

 

●こういう「思考パターン」に陥っている人の共通点もご確認下さい。

 

1、他人から見ると、とても優しい人で、誰にでも優しく接してくれる「良い人」を演じている人たち

 

2、心の中に、過去、とても辛い経験をしたが、そのことを本当は誰もわかってくれていないと感じている人たち

 

3、自分が信じたことや人、好きなことをしている自分が、本当は、心の底からそう思っていないと感じている人たち

 

 

令和の新しいエネルギーは、これまで経験した明治・昭和・平成の時代とは全くレベルが違い、これから天皇のご活躍や発言も、皆さんがまだ経験したことが無い発言や行動をなさるからこそ、私たちは、その新しい変化に対応できる自分にならなければいけません。

 

しかし、人間の左脳(思考)は、突然、過去の経験から現実を判断しますので、急に、ブレーキを踏んだり、今、目の前にある現実を否定したくなる時がありますが、大切なことは、周りの人や出来事や会社を否定することでは無く、あなたが自分自身で過去の自分を越えるためのチャンスを頂いていると思って下さい。

 

ですから、焦って、短絡的な判断で、「人との信頼関係」を壊すようなことはしないで下さい。

 

 

あなたは今、大きく変わる為に、今まで自分の心の中に隠してきた思いを一掃するための時間が与えられているのです。

 

だからこそ、なるべく一人で自分自身に向き合い、過去の辛い体験や思い全てに、感謝の言葉「ありがとうございます」を唱え続けて下さい。

 

「ありがとうございます」を15000回唱えますと、ひとつのカルマが消えます。

そう、たったひとつのカルマが消えるだけで、心は軽くなるものなのです。

 

でも、あなたが思うことは、今世、この世に生まれてきた時間の中でしか思えませんが、実は、記憶は忘れていても、あなたの魂のは、何千回、何万回も生まれ変わった過去生の記憶の断片が残っています。

 

その「魂記憶の断片」は、大事な時ほど、自分を問い続け、新しい選択の邪魔をしようとしてしまいます。

それが、守護存在たちの思いによる場合もありますので、守護存在ともよく話し合って下さい。

 

 

今、令和の波に乗れている人たちは、過去に会ったことが無いほど、素敵な人たちに出会い、感動と気づきの毎日を過ごしています。

 

あなたも、そうなるための最後のクリーニング時間として、今の時間がありますので、急いで大事な選択をしないで下さい。

 

 

相手の問題では無く、会社の問題でも無く、そう、あなたがあなたの過去の越える為に、与えられている学びの時間だからです。

 

令和になるとこういうことが起きるとわかっていたからこそ、全ての人たちの魂に関係がある全宇宙の記憶サーバーから「アカシックレコード」を読み取り、皆さんへ真実の情報を書籍で公開したのです。

 

もし、自分が道に迷っていると感じた時は、アカシックレコードの本を読んでみて下さい。

 

他人のアカシックレコードのはずなのに、必ず、あなたの魂記憶にあるものと連動が始まり、そのおかげで、あなたの過去の何かが外れて生きることが楽になるはずです。

 

天無神人は、「日本人の目覚め」が魂役目ですので、20年間、蓄積してきた真実を全て2019年から公開しています。

 

「この時の為」にやってきたからこそ、やっと、公開して良い時期がきたことを私は心から喜んでおります。

 

令和のエネルギーに乗れた人や目覚められた人たちは、意図せず、全てが自然な思いと流れと出会いの波に乗って、現実世界のことも、日々、思うことさえも、全てうまく流れております。

 

6月1日からガクンと意識レベルが変わったことをわかった人たちも多いはずですが、あと少しの時間だけ、令和の新しいエネルギーに慣れるための時間がありますので、どうぞ、1日でも早く、自分の内側に仕舞い込んだ思いをクリーニングして下さい。

 

「令和の風」が、間も無く吹き始めますので・・・。

 

○地球創生活動へご支援金をお願いいたします。

地球創生基金 記号19070 番号9613551
支店名九〇八 普通口座 0961355

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
特攻隊からのメッセージ

2019年5月25日、札幌市内在住91歳の元特攻隊である山崎健作さんのお話を聞きに行きました。

場所は、東区にある「北海道神宮 頓宮」。北海道神宮の東守りのお宮です。

戦争を良い悪い、好き嫌いで判断している人たちは、まず、この体験談を読んでから判断して下さい。

私の親族も3名が大東亜戦争に出兵し、1名(叔父)は沖縄戦で命を落とし、祖父は右足を失いました。

北海道は沖縄の次に、戦争で亡くなった人の数が多い土地なのですが、「北海道 沖縄戦没者の会」も後継者不足で2018年で解散し、札幌護国神社に全てを託しました。

 

中学生の頃、「今しか生の体験談は聞けない!」と気づいた時、生き残った祖父と叔父に会いに行き、当時の様子を語ってもらいました。

子供ですから何でも疑問に思ったことを質問しましたが、言いたくなくて口を紡ぐ時ほど私は、その時の映像がリアルに見えていました。

あー、こんな辛い体験をしたのか・・・こんな思いをしてまで普通に生きていられるのかと思いました。

その後も戦争体験者から体験談を聞く機会はたくさんありましたが、山崎さんの言葉からは今までにない感動を頂きました。

 

当時の日本は、戦争が良い悪いではなく、人を大切にすることと、国家を大切に思うことは同じだったのです。

つまり、人と国家は同じだったのです。今は違うようですが・・・」

 

「敗戦後、GHQが私たち軍人に命令したことは、集会を行うこともよし、過去を惜しむのもよし、しかし、戦争に対する意見を述べることは禁止」されたそうです。

 

さらに、GHQが日本政府に命令したことは、「この戦争は日本の侵略戦争であり、愚かな戦いをしたのは日本人なのだ」と20年間、本当のことを国民に知らせることを禁じました。

その結果、国民全員が一致団結して戦ったはずなのに、自分たちの行いを反省したり、子供達にも戦いの意味を間違って教える大人が増えました。

当時、10代の人たちは今、80代になっていますが、その人たちでさえ、自分たちが間違っていたと語ります。

 

山崎さんは、さらに、こうお話されました。

「第二次世界大戦と呼ばれている戦争は、当時の日本国内では「大東亜戦争」と呼び、朝鮮半島や台湾などアジア諸国が、欧米諸国に植民地化されていたからこそ、アジア諸国の解放のための戦争だったのです。」

 

しかし、どんな大義があっても戦いに負ければ、買ったほうが戦いの意味を書き換えるのが、歴史の常識です。

 

山崎さんは、20代、30代、40代、50代の若者たち、そして、台湾からの留学生と、現役自衛隊員と退役した自衛隊員を前に話すことが喜びだと伝えた後、最後に、こう思いを伝えてくれました。

 

「今、憲法第の改正論争がありますが、今の自衛隊は、日本を攻めてくる国に対して、防御すらできない法律だからこそ、個人で判断して戦わなければいけない状況なのです。

自分の国を自分で守るための自衛隊を法制化しなければ、今のままでは大切な命さえ守ることはできません。

日本のように自国だけでは守れない国がアジアに多いからこそ、アジア諸国は連携して、アメリカと良い関係を保っていくべきなのです。」

 

アメリカは、東京大空襲や二度の原爆投下を行い、兵隊のいない一般人の大虐殺をしました。しかし、これからの未来を考えるとき、そのアメリカと手を結んでいかなければ生き残れないと語って下さいました。

 

戦時中、特攻隊の仲間たちを笑顔で見送りながら、自分が死ぬことさえ当然と思っていた当時、20歳前後の男子の発言を聞いた20代、30代、40代の人たちは、初めての特攻隊の真実の言葉を受け取り、自分がどう生きていくべきかを考え始めていました。

 

命を尊く思うのは、世界のどの国の人も同じでだからこそ、自国を国民が守れるように整えるための法律や軍隊を整備することこそ、戦後70年、令和を迎えた今、私たちが真剣に考えるべき時ではないでしょうか?

 

これからの日本を守る若者たちや子供達に、誰が国を守る教育をするべきでしょうか?

私は、母親だと思います。

命をもっとも尊ぶ女性たちだからこそ、命の教育、国を守るための思想教育、神仏を中心とした教育が、今、必要なのです。

 

山崎さんの言葉は、最後まで、愛に溢れていました。

私が聞いた多くの戦争体験者より、切実に、死を感じながら命の尊さと守り方を気づかせて下さいました。

今回、山崎さんの話を聞いた人たちが、どう行動するのか?、何を誰に伝えるのか?が大切だと思います。

 

私たちは、行動を変えなければいけません。

戦後70年間の封印を解いて、令和の時代から新しい希望ある日本の精神性を伝える人たちが必要です。

どうか、自分の祖父母、両親に戦争の話しを聞いて下さい。

 

そして、もっとも多くの人の命を失った土地 沖縄の人たちにとっても終戦記念日である「6月23日、沖縄慰霊の日」に心を合わせて祈って下さる事からお願いします。

 

公益財団法人 特攻隊戦没者慰霊顕彰会 会報

 

世界の誰一人、戦争をしたい人はいませんが、家族の命の危機を感じれば男たちは戦う覚悟の教育も必要です。そうしなければ、女性たちが戦うか、国は滅びます。これまでの大きな戦争で日本が仕掛けた戦争はありません。

中国が日本を攻めてきたので戦った日清戦争(日本の死亡者数1万3000人)、ロシアが日本を攻めてきたので戦った日露戦争(日本の死亡者数11万5600人)、ヨーロッパ情勢の影響を受け、自國の意思を示す意味で戦った第一次大戦(日本の死亡者300人=動員兵力 80 万人のうち人的損害の比率 0.2%)。

第二次大戦も、天皇は参戦に反対でしたが、油と鉄の輸入を全てアメリカに封じられた為、国民の命を守るためにやむおえず戦った日本兵の死亡者数300万人のうち、沖縄戦の死亡者数 第一位 沖縄県122,228人、第二位 北海道 10,850人、第3位 東京6,500人。

 

毎年6月23日は、沖縄戦が終わった日、沖縄慰霊の日に心を合わせましょう!


平和を手に入れるために散った多くの命の意味を正しく理解することが、まず、私たちには必要です。マスコミ情報ではなく、多くの当事者の先輩たちと語らい、後世に伝える心を育みましょう。

 

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
| 1/46PAGES | >>